2008年02月13日

国際交流・協力事業への補助金交付のごあんない

 管理人です。

 明日は、バレンタインデーとかいう、
 そんな一日ですね。

 なんだかんだで、チョコの需要が高まる日です。
 
 もう、お菓子メーカーはここが一番の稼ぎ時!
 ゴディバとかそんなところが有名ですが、
 日本だとロイズさんとかですかね。
 北海道のメーカーですね。

 まぁ、しかし、
 世の男性諸君が一番感動するのは、
 やっぱり手作りチョコらしい。
 一から作ってもらったチョコを、
 食べてみたいって寸法でさあ。

 女性側としても、そのほうが、
 愛情を込めた、って気になりますよね。

 ……しかし、管理人は、
 以前から思っていたのですが、

 本当に一から手作りでチョコを作りたいのなら、
 ガーナに行って、カカオの実から、
 チョコ作ったらいいじゃん。
 
 これこそが、究極の手作りチョコ!
 併せて、ガーナの現状とかを、学習したら、
 なおのこといいですよね。
 もう、バレンタインどころじゃなくなるかも。

 
 ……こんなふうに、身近なものからも、
 その元をたどると、世界とつながっているんだなぁ、
 なんて感じませんか?


 ちょっと強引すぎましたね。

 本題は、そんな想いをもって、
 国際交流・協力活動を行っている、
 広島の団体に捧げる、

 「国際交流・協力事業への補助金交付」のごあんないです♪


○どういった内容ですか?


 全部を事細かに紹介するのはしんどいので、
 こちらのホームページをご参照ください。
 申し込み書類なども、こちらからダウンロードできます。


 で、とりあえずポイントをいくつか。

1.主たる目的が文化・芸術・スポーツ交流事業だとダメ

 よくわかりませんが、そういうことです。

2.補助金交付限度額について

 ・活動実績が2年以上の団体

 A.国外事業 50万円
 B.市内事業 30万円
 C.姉妹・有効都市事業 50万円

 ・活動実績が2年未満の団体

 一律15万円

 ※詳細は、ホームページから

3.事務所が広島市内にあり、構成員の8割以上が、
  広島市民であること


 広島市の助成ですので……

4.申し込み〆切

 2月29日(金) まで ※必着

【お問い合わせ・お申し込み先】

 財団法人広島平和文化センター
 国際部国際交流・協力課(担当:西山)

 〒730-0811 広島市中区中島町1番5号
 広島国際会議場3階
 (平和公園内です)

 TEL:082-242-8879
 FAX:082-242-7452

 ※遅くとも、締切日の10日前までには、
  事前に連絡、相談くださいとのことです。



○最後に


 バレンタインの手作りチョコを、
 ガーナに行って作るという、

 管理人が以前から考えていた、
 この壮大な(?)プロジェクトが、
 以前なんかのテレビで実行されてましたね。

 番組では、しかもお菓子の本場フランスで、
 原材料のデコレーションまでやってましたからねぇ。

 そこまでやってしまえば、
 もはや究極の手作りチョコでしょうね。
 山岡さんもびっくりですな。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 22:55| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

「まちづくり市民交流フェスタ」参加団体募集!

 管理人です。

 きのうは、スーパーチュースデーですね。
 アメリカの大統領は、なんだかんだで
 世界に影響を与えるので、
 けっこう気にはなります。

 しかし、それにしても思うのは、
 大統領候補者は全員、スピーチがうまいですねぇ。
 日本の政治家も、もうすこしスピーチがうまいと、
 いいんですけどね。

 独自の、選挙レトリックというべきものが、
 確立されている感がありますね。

 時代のニーズをうまくつかみつつ、
 そのニーズとアメリカの歴史を、うまくリンクさせていく。
 選挙演説を見てみると、今回もそうしたレトリックが、
 使われていますね。

 で、選挙演説は、テレビ演説にせよ、
 演説大会にせよ、もはやショーというか、
 フェスティバルですな。
 
 饒舌なスピーチを通して、
 国民に夢を与えるフェスティバル。
 それが、アメリカの選挙戦なのでしょう。


 さて、本題は、
 フェスティバルがらみで、
 「まちづくり市民交流フェスタ」の
 参加団体募集のごあんないです♪


 主催は、やっぱりまちづくり市民交流プラザです♪


○どんなフェスタですか?


 要は、市民活動団体の、
 活動紹介や成果発表の場です。


 自分たちのグループの活動を、
 より多くの方に見ていただくことで、
 活動の輪を広げていくことが、
 そのねらいとなります。

 これをきっかけに、スタッフ募集とかも、
 うまくいけば、できるようになるかも?



○フェスタ当日の日程等は?


1.日程

・5/17(土) 10:30〜17:00
・5/18(日) 10:00〜15:00


2.内容

・活動紹介等の展示、発表
・体験
・ワークショップやシンポジウム
・上映会


……など


○募集に関する情報は?


1.募集団体数

・展示:10団体程度
・講座、体験、発表等:10団体程度

※応募多数の場合は、選考になります
※個人及び営利、宗教、政治目的の団体は、
 お申し込みできません

2.申し込み〆切

 2月15日(金)

3.申し込み方法

 下記ページから申込用紙をダウンロードし、
 〆切日までにまちづくりに
 郵送かFAXか持込で、申し込みください


 申込用紙は、まちづくりにもあります。

<ホームページ>

http://www.hitomachi.city.hiroshima.jp/m-plaza/news/0766fes.pdf

<住所>

〒730-0036 広島市中区袋町6-36
広島市まちづくり市民交流プラザ

<FAX> 082-545-3838

4.その他

 参加団体決定後、各団体の代表で実行委員会を組織し、
 本番までに3回程度、ミーティングを行うとのことです。

 (場所のわりふりとかの、話し合いになるんでしょう)

 第一回目は、2月28日(木)の19時から、
 まちづくりで行う予定です。


 (後日、団体決定後に、案内が送付されます)


○最後に


 P-SONICも、このフェスティバルに、
 打って出る予定です。
 
 もちろん、ワークショップです。
 
 現在、テーマとして「問題解決の手法」みたいな
 切り口でいこうかなと思ってます。

 「広島で7番目にやさしい
  問題解決の授業」
 (1〜6番目の授業は?)

 みたいなカンジで。
 
 管理人程度の小物が、
 「世界で一番」とか
 「広島で一番」と名乗るのも、
 なんだか気後れしますもんで。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:32| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

第6回・マイクロソフトNPO支援プログラム

 管理人です。

 先週日曜は、うちのカミさんの

 「せっかくだから、ウチのパソコンルームに、
  一面カーペットを敷いとくか」


 という、壮大なプロジェクトにより、
 せっかくのパソコンの配線を、
 一からはずしてつなげなおすことになりました。

 おかげで、なかなかどうして、しんどかったです。
 でも、部屋がきれいになったので、
 よかったんですけどね。

 まぁ、パソコンといえば、
 なんだかんだで、マイクロソフトでしょう。

 
 そんなわけで(?)
 今回は「第6回 マイクロソフトNPO支援プログラム」の
 ごあんないです。
 つまり、マイクロソフトの助成金のお話です。


 とはいえ、以前第5回の紹介をしたので、
 今回は、その内容をコピペしながら、
 再度振り返る程度にします。


○どういったプロジェクトが対象?


 結論からすれば「ITを最大限に活用している」
 プロジェクトならばOKです。

 募集要項では、助成対象プロジェクトは、こんなものです

・ITを活用して「社会的課題の解決を目指す」活動
・ITを活用して「人々の可能性を最大限に引き出す」活動


○助成対象団体は?


1.日本国内に拠点を持ち、日本国内で活動する非営利団体

2.応募時点で2年以上の活動実績を有する団体
(法人格の有無、種類は不問)

3.基本的なITの使用が可能であり、
  応募プロジェクトを実施可能なITスキルを持った
  スタッフを有する団体

※ちなみに、以下の団体は助成の対象にならないそうです。

・医院、病院、幼稚園から高校までの学校及び大学、
 政治団体、労働団体、宗教団体、各種同好会、地域自治会等
・過去に本プログラムの助成を受けた団体


○助成期間は?


 2008年7月1日から2009年6月30日まで


○助成金はいくらまでもらえるの?


 1件あたりの助成金額は上限300万円、総額2,000万円

 あと、助成金の用途には規制があります。

・プロジェクト実施経費(これには規制はないです)
・人件費(助成金の30%以内)
・機材購入費(助成金の30%以内)
・外部委託費(助成金の50%以内)
・運営/管理費(助成金の10%以内)


○助成が決まったら、特典とか義務はあるの?


 まず特典ですが、助成が決定した団体には、
 次の2点の特典があります。

・一定の条件のもとにマイクロソフトのソフトウェア製品を寄贈
・社員のボランティアによるIT相談会の機会提供

 あと義務ですが、以下の義務(?)があります。

・2008年6月末に東京都内で助成先団体への授与式を
 予定しているとのことで、
 そこで団体の活動及び助成対象プロジェクトについて
 簡単に発表していただくそうです。

・助成開始半年後(2009年1月末日)に中間報告書を提出
・助成後2ヶ月以内(2009年8月末日)に完了報告書を提出

 あと、助成金は2009年6月末日までに支払われます。


○気になる応募期間や申請方法は?


・応募期間

 2008年1月1日(火)〜2月12日(火) 24:00必着



・応募までの手順

1.下記のサイトから応募用紙をダウンロード

http://www.microsoft.com/japan/npo

2.応募用紙記入の手引きを参考に、応募用紙に所定の事項を記入


3.応募用紙を電子メールにて添付し、下記まで送信

jpnpo5@microsoft.com
タグ:助成金情報
posted by ダイリーエンジョイ at 20:32| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

しっかりした活動を継続している団体向け! マツダ財団からの助成金情報♪

 管理人です。

 12月から、ガソリン代がまた値上がりしましたね。
 
 こう考えると、やっぱり
 「私と世界って、つながっている」って感じます。


 今の職場には、自転車で通勤してますんで、
 実は、ふだん車にはほとんど乗りません。

 まぁ、せいぜい、カミさんとどっかに行く時くらいですか。
 管理人の車は、ダイハツのオプティという軽自動車で、
 カミさんからは、いつも「small car」とかいわれて、
 馬鹿にされてます。

 以前の職場の方からは、

 「あの車は、石炭で走ってるんですか?」

 とののしられ、


 他の知人からは

 「おもちゃみたいな車ですね」

 とさげすまれる。


 ……そんなに悲惨な車ですか!?


 でもいいんです。
 ちゃんと走ってくれるから。
 たとえ、傷だらけになってても。

 
 まぁ、でも以前、知人で
 普段はマツダで働いておられる方の
 車に乗ったのですが、
 (当然マツダ車です)

 やっぱり乗り心地とか、
 かっこよさは違うかも。

 まぁ、管理人は、車にはほとんど興味がないので、
 何て車だったかは、もう忘れましたけど。

 なんか、青い車でしたよ。
 うん、青かった。


 やっぱり、広島といえば、マツダですかねぇ。

 そんなわけで(?)、今回は、
 「マツダ財団」の助成金情報です!


○どんな活動に対して助成してくれるの?


 ベースは「青少年を育む市民活動」です。

 具体的に対象となる活動は、以下の通り。

 ・自然とのふれあい
 ・ボランティア育成
 ・地域連帯
 ・環境美化
 ・国際理解
 ・科学体験



○もう少し詳細が知りたいなぁ


・支援期間:2008年4月から1年間

・支援金額:

 1件当たり10万〜50万
 支援総額:800万円

・応募〆切:2008年1月16日(水)

・応募方法:

 以下ホームページに、募集要項、応募用紙があります。

http://mzaidan.mazda.co.jp/


○注意点


 募集要項とか見ると分かりますが、
 この助成金を申請するためには、

 「推薦機関の推薦」が必要です。

 P-SONICとしては、
 皆さんを推薦したいところですが、
 P-SONICがどんなに皆さんを推薦しても、
 何ら意味がありません。

 なぜなら、推薦機関は、決まっているからです。

<推薦機関>

 知事(窓口: 広島県県民生活部総務管理局青少年・地域安全室)   
 広島県教育委員会 各市町村長
 広島県警察本部 各市町村教育長
 各市町村長 各青少年育成市町村民会議会長
 各市町村教育長 各教育事務所長
 各青少年育成市町村民会議会長 各福祉事務所長
 各教育事務所長 県警察本部長
 各福祉事務所長 各市町村社会福祉協議会会長
 各市町村社会福祉協議会会長

 市長(窓口: 広島市教育委員会青少年育成部)
 教育長    
 (財)広島市ひと・まちネットワーク理事長(公民館館長等)  
 広島市社会福祉協議会会長(各区社会福祉協議会会長)    
 特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター


 まずは、これらの機関の推薦をゲットしないと、
 そもそも助成を申請することも、できないわけです。

 推薦依頼の方法については、
 マツダ財団事務局に、お問合せください。
posted by ダイリーエンジョイ at 21:11| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

広報の作り方講座 inまちづくり!

 管理人です。
 すきより11月回も、もうすぐです!
 今週土曜日ですんで、お楽しみに!
 まだまだ受け付けてます♪

 さて、11月は、なんか広報とか、PRの講座が、
 すきよりに限らず、けっこう多いですね。

 やっぱり、秋は芸術の秋だから、
 ちょっと広報やってみよっか、
 といったノリなんでしょうかね?

 というわけで、
 今回は、まちづくり主催の広報講座の
 ごしょうかいです♪



○どういった内容ですか?


 以前やった、マネジメント編とか資金繰り編の
 続編(?)になります。

第1回:「広報・PRのいろは

 〜広報のパワーアップに必要なこと〜」

・日時:11月30日(金) 19:00〜21:00

第2、3回(2回連続):

 「ココロをつかむ広報紙を作ってみよう!」

・日時:12月7日、14日(金) 19:00〜21:00



 場所は、もちろんまちづくりです♪


○申込方法は?

 11月20日(火)までに、

 こちらのビラを、


 郵送、FAX、持参してください。
 (連絡先は、ビラにのってます)


○最後に


 さて、そろそろ紅葉が広島でも
 本格化する時期ですね。

 手頃な機会に、宮島あたりに
 紅葉狩りに行きたいところですねぇ。
 行けるかなぁ。

 もし行けるようなら、
 写真でも公開するかもしれません。
posted by ダイリーエンジョイ at 00:45| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

青少年育成に関するNPO助成のごあんない♪

 管理人です。

 本日は、かねてより読みたかった本の
 発売日と聞いていたのですが、
 本屋を数店まわっても入手できず、
 非常に残念な気分です。

 なにぶん、1年か1年半に1回の割合でしか、
 新しい巻が更新されないので、
 非常に忍耐が問われますね。

 
 ……人は、良質な書籍に
 いかに触れることができるのかが、
 やはり重要
なのかと思います。

 とくに、青少年たちの健全育成を考えたときに、
 良質な図書に出会えるかどうかは、
 非常に大きな要素です。

 図書にかかわらず、
 青少年たちの健全育成を考えるときに、
 私たちに何ができるか?


 今回は、そうした青少年育成に貢献するNPOに対する
 助成金のごあんないです♪



○主催の団体は?


 JT(日本たばこ産業)です。

 趣旨は、こんな感じです。

 -----------------------------------------------------
 ・地域コミュニティーの再生と活性化を推進し、
  より良い社会を築いていくためには、人材育成、
  とりわけ次世代の社会を担う「青少年の育成」が
  重要と考えています。

  また、JTでは、CSRの観点から、
  市民参加型の清掃活動「ひろえば街が好きになる運動」や
 「植林/森林保全活動」を通じて、
  環境美化や環境保全を推進しています。

 ・NPO助成にあたっては、青少年を対象とし、
  その健全な育成のため、地域と一体となって取り組む事業を
  支援します。

  なお、活動分野は問いませんが、
  環境美化や環境保全に関する活動を推奨します。
 -----------------------------------------------------

 ※CSR:企業の社会的責任のこと


○募集内容・申込方法


 かなり長いので、ホームページを参照ください。
 
 ポイントを説明します。

 @申込用紙自体は、ホームページから入手可能ですが、
  以下の添付書類が必要です。

 i)  法人の認定日を記載した資料(写)
 ii) 定款
 iii) 役員名簿
 iv) 前年度の事業報告書及び決算報告書
 v) 当年度の事業計画書及び予算書
 vi) 法人の活動を紹介する資料
(パンフレット、会報、新聞・雑誌の記事等)

A申し込み受付期間

  2007年10月1日〜2007年11月20日(当日消印有効)

 B郵送のみ受付

 C活動1年以上のNPOのみ



○最後に


 日本での、NPOの役割は、どのようになっていくのか? そんなことを、時々考えます。

 いずれにせよ、資金繰り問題を解決できないと、
 長期的な活動はできない
のですが。


 
タグ:助成金
posted by ダイリーエンジョイ at 00:49| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

資金調達と会計のノウハウがここに! 市民活動団体マネジメント講座のごあんない!

 管理人です。
 
 突然ですが、
 実は、以前から、管理人は
  ある重い病に
 侵されている
のです……


 自分自身の汚点を、
 人様の前にさらすのは、
 非常にためらわれたのですが、

 多くの皆さまにも、この病について、
 考えていただきたいと思い、
 あえてここに公開します……


 ……その病気の名は…
 ………
 ……
 …


 金欠病です。


 あ〜、そこ、物を投げないでください。

 いや、でもなんかシャレにならないくらい、
 深刻な感じなんですわ。

 もう、貯蓄なんて、夢のまた夢なんじゃないかって、
 そんな風に思える、今日この頃です。

 このままいくと、しまいには、

 「不銭王」の称号を
 賜る日も近いのではないか
と、思えてきます。
 (誰から賜るんだろ?)

 
 でも、NPOとか市民活動団体の多くも、
 やっぱり資金繰りで苦しんでいるのも、また事実


 「死に至る病とは、金欠病のことである」

 なんて、誰か言ったような言わなかったような、
 そんな気がします。

 
 そんなわけで、素晴らしい活動をされている
 多くのNPOとか市民活動団体の皆さまが、
 死に至らないためにも、

 「市民活動団体マネジメント講座 資金調達・会計編」
 のごあんないです!



○マネジメント講座!? どこかで聞いたような…


 少し前に、募集しましたからね。
 詳細は、こちらです。

 今回は、その続編というわけです。
 前と同じ、3回講座だったりします。

 会場は、前回と同じまちづくりです。


・第一回:2007年11月2日(金)19:00〜21:00

 「上手な資金の調達と活用」

・第二回:2007年11月9日(金)19:00〜21:00

 「NPO会計の基礎」

・第三回:2007年11月16日(金)19:00〜21:00

 「助成金獲得に必要なこと」


 申し込みに関しては、
 こちらのビラを印刷の上、


 10月25日(木)までに、
 まちづくり市民交流プラザに
 郵送、FAX、または持ち込み
してください。

 定員は30名ですが、
 まずダイジョブです。
posted by ダイリーエンジョイ at 23:12| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

市民活動団体マネジメント講座のごあんない!


 管理人です。

 今日はおしごとで失敗をやらかしてしまい、
 テンションがあがらないので、
 まじめに本題にはいります。

 今回の本題は、
「市民活動団体マネジメント講座」の
 ご案内です♪



○マネジメントってなんだろう?


 まぁ、しかし世の中、いろんな言葉が一人歩きしてますな。
 いわゆる「流行語」ってのもその一つでしょう。

 管理人が思うに、ことばってのは、
 一定以上ひとりあるきしてしまうと、

 もう、そのことばを使い出した人からすると、
 だいぶ違うモノになってしまうんじゃないかな、と
 そんなことを思うのです。

 最近だと「品格」とかですか。

 だから、いわゆる哲学者って呼ばれるヒトたちは、
 わざとこむずかしいことばを使ったりするんです。
 なるべく、自分の言いたいことが曲解されないように、って。

 さて、今回話題の「マネジメント」も、
 そんな言葉の一つではないかと。

 マネジメント、って言葉のいみは「管理」なんですが、
 じゃ、何を管理するのか?

 そこから、またひとりあるきがはじまるわけです。

 ただ、一ついえることは、
 今回の講座の講師たちが語る「マネジメント」が、
 たとえ、このことばが使用された時からすると
 ひとりあるきしてたとしても、

 それでも、講師の皆さま方はこの「マネジメント」で
 一定の成果を収めてこられているわけです。

 そうした意味で、参加される際には、
 講師の皆さま方の語られる内容に、
 謙虚に耳を傾ける必要があるのかもしれません。

 たとえ、自分の考える「マネジメント」とは、
 イメージが違っていたとしても。


○講座の詳細は?


 ちなみに、場所は全部
 広島市まちづくり市民交流プラザ 研修室A です

@10/12(金) 19:00〜21:00
 「市民活動団体に必要なマネジメントとは」

A10/19(金) 19:00〜21:00
 「人材を育て、活かすためには」

B10/26(金) 19:00〜21:00
 「組織を活かす事業展開とは」


 定員は、先着30名ですが、
 まずダイジョブでしょう。

 参加費は、無料ですよ♪

 申込は、下記PDFを、郵送かFAXか持ち込みしてください
 郵送先は、PDFに書いてます。


posted by ダイリーエンジョイ at 23:39| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

「ファシリテーター養成講座」募集のお知らせ!

 管理人です。
 今回は、ちょっとしたニュースから。

 P-SONICのHPのアクセス数が、
 何とか500件を突破しました。


 「ふ〜ん。少ねぇんじゃね〜の〜」

 まぁ、それが率直な感想でしょうねぇ。
 しかも、HP開設から、半年近く経とうとしてますし。

 それでも、少しでも多くの方にとって、
 何らかのお役に立てば、これ幸いです。

 今後は、運営サポートコーナーなどのレイアウトの調整とか、
 細々したところも調整していこうかと。

 将来的には、サポートコーナーとVISIONコーナーの案内人、
 博士と助手のやり取りを、サウンドノベル風にしようかと、
 壮大(?)な妄想、もとい野望を抱いていたりします。

 技術的には、無理すれば何とかなりそうなんですが、
 私どもに決定的に不足しているのが、イラストの作成能力。

 あ〜、誰か博士と助手のイラスト描いてくれんかな〜

 ……ま、それはさておき、
 先日、サポートコーナーで取り上げていた、
 「ミーティング編」が、とりあえず終了しました。

 この「ミーティング編」では、
 市民活動グループなどの運営に不可欠な「ミーティング」を、
 いかにまとめていくかを取り上げてます。

 で、このまとめ人として欠かせないのが「ファシリテーター」。

 さて、ようやく本題ですが、
 本題は、そんな「ファシリテーター」の養成講座です!


○ファシリテーターって?


 P-SONICのHPを見てください、って言いたいところですが、
 簡単に紹介します。

 ファシリテーターってのは、
 要はミーティングでの司会、進行です。
 おわり。

 ……って、それじゃさびしいですね。
 もう少し補足。
 ファシリテーターの役目は、

 ミーティング参加者が、自分の思いや意見を
 気軽に発言できる場をつくり、

 参加者の意見を引き出し、

 参加者の意見をまとめて合意形成したりすることにあります


 とはいえ、こういったことはちょっとしたスキルが必要なもの。
 それを学習しようってわけです。

 こういったスキルは、HP等で、字面を追っただけでは、
 なかなか深く学ぶのは難しいもの。

 ぜひ、講師の雰囲気から、ファシリテーターについて、
 学んでください。
 たぶん、それが一番でしょう。


○主催はどこ? 日時等は?


 主催は、まちづくり市民交流プラザです。
 場所は、その「6F マルチメディアスタジオ」です。


 対象は、地域活動とか市民活動をやってる人で、
 全プログラムに参加できる人。

 ちなみに、プログラムは、
 10/3(水)から、毎週水曜日19:00〜21:00に開催。
 最終回だけ土曜日ですが。

 10/3、10/10、10/17、10/24、10/31、11/7、11/14、12/8 以上8回です。

 で、申込〆切は、9/22(土)!
 連絡が遅れて、大変申し訳ございません。

 定員は30名ですが、たぶん間に合いますよ。

 肝心の申し込みですが、以下のPDFファイルをコピーし、
 そこにある申込書を、
 プラザに郵送、FAX、もしくは持参してください。
 
 ここからどうぞ  

 
○おまけ


 講座といえば、P-SONICの「すきより」も、
 9/22(土)の19:00〜21:00に、
 広島市東区牛田公民館で
行われます。

 今回の内容は「メンバーと自分のやる気を高める講座」!
 参加費は無料ですよ。

 詳細は、こちらから……

posted by ダイリーエンジョイ at 22:19| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

「海の日コーチング講座」開催!

 う〜み〜はひろい〜な〜 おおき〜い〜な〜♪

 管理人です。
 やっぱり海はいいですね。

 7月の第三月曜日は「海の日」
 その前身は、「海の記念日」なんですよ。

 なんでも、海運、造船、港湾などの海事産業や
 船員等これらに従事する人々について
 国民の皆様に理解を深めていただくための
 記念日なんだそうです。

 こうした「海に生きる人々」は、
 昔から、海と心を通い合わせていたもの。

 でも、現在は海以前に、
 人と心を通い合わせるのも、難しい世の中ですよね。

 そうしたわけで、今回は

 「海の日コーチング講座」のご案内です♪


○何をやるんでしょうか?


 とりあえず「コーチング」については、
 コチラを参考にして下さいね。

 で、今回の「海の日コーチング講座」は、2部構成です。

 第一部は「『人間関係力』を伸ばすコミュニケーション」!

 内容としては、夫婦・親子・家族といった、身近な人とのコミュニケーションを
 見直す内容になるらしいですよ。

 まぁ、コミュニケーショントレーニングらしいので、
 ワークショップ形式で、実践を交える思います。

 第二部は「パラダイム」!

 パラダイスではありません。
 
 パラダイムとは、ぶっちゃけ「その人のものの見方、考え方」 
 実は、この「ものの見方、考え方」ってのは、非常に重要です。

 なぜなら、この

「ものの見方、考え方」が、

その人の行動を決めるから。



 で、重要なのは、この「ものの見方、考え方」ってのは、
 普段は意識してないってこと。
 
 意識してないから、自然に一人ひとりの行動が、
 「ものの見方、考え方」に誘導されてしまう。

 まぁ、逆に言えば、それを意識できれば、
 その気になれば変更が可能になるわけです。
 それを「パラダイム・シフト」っていいます。

 おそらく、一人ひとりの「パラダイム」に気づかせ、
 それをシフトする足がかりを作る講座になるんじゃなかろうか。


○詳細を教えて下さいな


・日程:7月16日(月)

・時間:13:30受付開始

【第一部】14:00〜18:00
【第二部】19:00〜21:40

・参加費:両方参加で6,500円(学生は4,000円)

 第一部だけだと4,000円(学生2,000円)
 第二部だけだと3,150円(学生割引なし)

・会場:広島グランドインテリジェントホテル


 広島駅南口より地下道を通って、
 福屋の裏に出てから、
 駅前大橋をわたるとすぐ!

 ※ちょっと近くに
 「広島インテリジェントホテル」ってのがあります。
  まぎらわしいので、気をつけて下さい

・定員:220名

 ※託児サービスも無料でやってます
  事前申込必須です

・講師:岸 英光  先生

 詳細は、コチラから

・申込方法 ホームページよりどうぞ

 ※締め切りは、7月9日(月)です!

 パソコン http://hiroshima.communication.ne.jp
 携帯電話 http://3w.to/cth


○最後に


 私たちは、身近なものには案外意識がいきにくいもの。

 
 家族しかり
 海もまたしかり

 そんなわけで、
 日々人知れず中国地方の海を守っている

 「中国地方整備局 港湾空港部」のホームページを紹介して、
 今回はお別れです♪




posted by ダイリーエンジョイ at 01:45| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

子どもを守るNPO限定! ドコモが助成金募集してます!

 「母と子の、愛の絆を守る男、管理人!」


 ちょっとかっこよく(?)名乗り向上をやってみました。
 いかがだったでしょうか?

 えっと、何のことか分からないと思うので、
 まあ、何も言わずコチラの動画を見てやって下さい。
 (全部で約9分ですが)

※注:
 
  6/28時点で、サイト管理者が
  リンク削除しているのを確認しました


 最近は、ケータイでも動画を見ることはできますが、
 さすがにこれは無理かな。

 でも、最近の携帯はテレビも見ることができ、
 動画も見ることができ、
 買い物までできてしまう。

 すごい世の中になったもんです。

 さて、今回の本題は、そんなケータイの大御所
 「ドコモ」による、助成募集の案内です!


○助成対象は「子どもを守るNPO」!


 NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド
 (ドコモMCF)では、
 「子どもを守る」という視点から、
 次のような活動をしているNPOに、
 助成事業を行ってます。

1.不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対しての
 精神的、物理的な支援、復学、社会的自立支援活動
 (フリースクール・カウンセリングなど)

2.児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、
 性暴力などの被害児童・生徒を保護、支援する活動

3.非行、地域犯罪等から子どもを守るための支援活動

4.子どもの居場所づくり
(働く親支援のための安全な保育、
 子どもの不安や悩みに耳を傾ける相談活動など)

5.アスペルガー症候群、LD、ADHDなどの
 「軽度発達障害」を持つ児童の支援活動


アスペルガー症候群

 言語による会話能力があるにもかかわらず、
 自閉症同様の「かかわり」「コミュニケーション」
 「こだわり」の障害という三つの特徴を併せ持った、発達障害。

※LD(学習障害)

 基本的には、全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、様々な障害を指すものである。

ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)

 年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすもの。

6.上記1〜5以外で「子どもを守る」という視点に立った
 活動テーマに相応しい支援活動



○詳細を教えて下さい


・申請期間:2007年4月25日〜6月30日必着

・助成金額:1件あたり50万〜200万


※採用基準に満たない活動計画であっても、
 団体の将来性・可能性などに特に期待が持てる
 申請については、

 「活動奨励金」を採用する場合があります

・助成期間:2007年10月1日〜2008年9月30日

・助成対象団体

1.NPOであること

2.NPOになる前も含め、活動実績が2年以上


 詳細は、コチラをごらん下さい。


○最後に


 それにしても、子どもにとってのあこがれの存在、
 つまりはヒーローが、
 スポーツ選手以外にいない現状は、
 なんとなく寂しいとおもう、今日この頃です。

 冒頭の動画は、知る人ぞ知る
 
 「東映版・スパイダーマン」ですが、

 こういったヒーローというか、
 あこがれの存在が、
 いつの世にも必要だと、思うのです。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 21:12| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

あなたの文化活動を最高20万円まで応援します! 〜文化活動助成事業の募集〜

 管理人です。
 6月に入り、そろそろ雨も多くなりそうな予感。
 そんなときは、室内で映画などはいかがでしょうか?

 最近ちまたで話題の映画は、
 とりあえず「300(スリーハンドレッド)」
 「さんびゃく」ではありません。

070522_300.jpg

 間違っても、映画館で
 「さんびゃく、ください」と言ってはいけません。
 嫌な顔をされてしまいます。

 ちなみに、映画「300」とは、
 あの有名な(?)「テルモピュライの戦い」を題材に描かれた
 グラフィック・ノベルが元になっています。

 そしてタイトルの300は、
 スパルタ王レオニダスの率いる重装歩兵の数です。
 この物語はたった300の寡兵で、
 100万というペルシャ軍に立ち向かって行った
 男達の物語です。

 しかも、300人しかいないんだから、
 もうすこし重装備で臨んだらよさそうなものを、
 でかい盾と槍以外は、マントとパンツ1丁で戦ってくれます。

 おそらく「勝負パンツ」という言葉は、
 この戦いが元になったと言っても、
 過言ではないでしょう!

 そんな映画「300」の中でも、管理人オススメの場面は……

 スパルタ軍の予想外の善戦に対し、
 敵軍ペルシャのクセルクセス王は、

 「文化的に、話し合いをしようじゃないか」  なんて言ってきます。

 全身に宝石とピアスをつけて、
 かつやっぱりパンツ1丁の王様に言われても、
 どうかと思いますが。

fb02ba89.jpg

 そんな中で、スパルタ王レオニダスは、こう返します。

 「文化活動なら、朝からずっとやっているから」
 さて、ここでの「文化活動」とは、どんな意味でしょうか?
 まぁ、あまり考えなくて良いです。
 

 せっかく文化活動つながりなので(?)、今回は、

 財団法人広島市文化財団による、
 文化活動助成事業のご案内
です!


○ここでの文化活動って、どんな活動?


 コンサートや演劇、展覧会などです。
 決して「300」的な「文化活動」ではありません。

 (財)広島市文化財団では、市民の皆さま方の
 自主的な文化活動の促進を図るため、

 コンサートや演劇、展覧会などの日頃の活動の成果を発表する、
 文化団体または個人に、最高20万円までの助成金を交付し、
 その文化活動を応援します。


○詳細を教えて下さいな


・募集期間:6月1日(金)〜6月30日(土)

・対象

 広島市内で活動している文化団体または個人が、
 平成19年(2007年)10月1日(月)から
 平成20年(2008年)3月31日(月)の間
に、

 広島市内で行う文化活動の発表事業
 (出版物の発行を除く)

・対象経費:

 印刷費、会場使用費、舞台(会場)設営費

・助成金額:対象経費の2分の1以内(最高20万円)

※今回の助成金の場合、事業実施後、助成金額が確定し、
 交付されるしくみになっております

・募集方法

 ホームページから申請書をダウンロードして下さい


○最後に


 どんな文化活動にせよ、
 「万民が感動する文化活動」というものは、
 よほどのことでもない限り、ありえないのかもしれません。

 今回紹介した映画「300」でも、映画を見ての感想は賛否両論。

 おそらく、文化活動を行われている皆さま方も、
 様々な意見や批評を受けられていることと思います。

 しかし、その活動に1人でも賛同者がいたならば、
 いや、誰も賛同者がいなかったとしても、
 文化活動は、それ自体で非常に尊いものだと、
 管理人は思うのです。

 管理人としては、あまりにも反社会的な文化活動は、
 どうかと思いますが……
posted by ダイリーエンジョイ at 22:33| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

全労済・地域貢献助成事業募集!

 〜しきしまのやまと心を人とはば
  朝日ににほふ山ざくらばな〜


 なかなか趣のある短歌だと思いませんか?
 この短歌は、
 管理人が小学校の頃に詠んだ短歌です……
 
 なんてウソ。
 こんな短歌を詠む小学生がいたら、ちょっと嫌ですね。

 4月最初のブログですが、外は桜の花が咲くいい時期ですね。
 管理人は、桜の花が大好きです。

 さて、今回は桜の花びらにのせて、
 助成金情報をお知らせします。

 ちなみに、今回の助成金の応募期間は
 3/27〜4/10までです!
 桜の花が咲いている期間くらいに短いですので、
 助成を検討する団体は、急いで応募を!
 

○全労済助成事業について


 全労済は、今年で創立50周年を迎えます!
 いやー、めでたいですね〜♪
 
 「やっぱり50周年を迎えたからには、何かやらねば!」
 と思い立ったのでしょう。

 「次の50年を支える子どもたちのため、
  そして50年後の子どもたちに豊かな自然を残すために」

 このテーマのもと、

 @地域の人々が助け合って環境を守る活動
 A子どもの健やかな育ちを支える活動


 を支援します!

 次の子どもたちのために、次の次の子どもたちのために。
 そのような活動を行っている団体の方、応募のチャンスです!


○助成対象活動について


 (1)環境分野

  @地域の自然環境を守る活動

   継続的に取り組む森作り、里山や竹林の整備・保全の活動など

  A循環型地域社会を作るための活動

   ゴミの軽減やリサイクル、省エネルギー、水質浄化活動など

  B地域の自然や環境の大切さを学ぶための活動

   地域の子どもや住民を対象とした自然観察会など

 (2)子ども分野

  @子育てを支援する場の活動

   親子の居場所作り、学習会活動、子育て相談活動など

  A子どもの健やかな育ちを支える場の活動

   子どもの居場所作り(プレイパーク、フリースペースなど)


○助成金の内容、助成該当対象期間

 助成に関しては「一般助成」「特別助成」の2つがあります。
 応募は、1団体あたり1案件のみです。

・一般助成:助成上限10万円
・特別助成:助成上限100万円

 人件費(謝礼金含む)も対象です。
 ただし、人件費の申請上限額は、

 一般助成は10万円
 特別助成は50万円

 ちなみに、助成対象期間は、

 2007年8月1日 〜 2008年7月31日

 までです(この期間に行われる活動が対象)。

 あと、選考結果は2007年7月上旬頃に
 全応募団体に文書にて通知されます。


○応募書類の入手方法と応募方法


 全労済のホームページからダウンロードしてください。

 応募書類は、以下の住所にお送り下さい
(電子メール、FAXでは受け付けてません)

〒151-8571 東京都渋谷区代々木2-12-10
全労済 経営企画部内 地域貢献助成事業事務局宛


 ちなみに、以下の書類が必要になります。

@定款、会則等の規定
A役員名簿
B決算書(直近の1年分)
C団体の活動内容が分かるパンフレット、事業報告書、計画書等


 で、最初にも書きましたが、応募期間は
 3/27〜4/10までです!


○最後に


 冒頭の短歌は、本居宣長が詠んだ短歌です。
 皆様も、ぜひ桜の情緒を味わってくださいね♪

posted by ダイリーエンジョイ at 03:25| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

今まで撮った動画をうまく表現! 自主映画のつくりかた講座!

 「いや〜、映画って、本当に素晴らしいものですね」
 というわけで(?)管理人です。

 いきなり淀川さんのまねをするのもどうかと思いますが、
 本当に、映画とか、映像とかで伝えられるものは大きいですよね。

 管理人が、下手にだらだたと字を書くよりも、
 おそらく映像のほうがもっと多くのものを伝えられると思います。

 皆さんの中には、自分の活動などをビデオに収めている人もいるのではないでしょうか?

 そういったデータを加工して、より感動を高めることができれば、なんて思いませんか?

 そういった皆さんのために、今回はプロの映画作家による、家庭でできるお手軽「自主映画のつくりかた」講座を紹介します!


○講師はどなたですか?

 広島市を中心として活躍する、プロの映画作家の「吉松幸四郎」さんという方です。
 様々な自主映画を作成、上映しておられます。現在、YouTuneなどのWeb配信にて、多くの作品をフリーで配信しておられます。

 くわしくは、こちらから。

 とはいえ、今回の講座は一般家庭に普及しているデジタルビデオカメラとパソコンを使用しての講座になるそうですので、プロ専用仕様の機材を使うわけではありません。

 で、実際に製作した短編映画「ふたりの沙羅」という作品のシナリオから撮影、編集までの過程を再現しながら、講座を進めるそうです。

 「ふたりの沙羅」どんな作品なのでしょうか。ビラを見るに、女子高生っぽい2人が映っていますね。
 
 管理人が、タイトルだけで大胆に内容予測するに、こんな映画かと思われる。

@沙羅という名前の2人のヒロインが、「幻のもみじ饅頭」をめぐって、激しい争奪戦を繰り広げるアクション(たぶん、争奪戦のさなかに、皿を投げあう。「さら」だけに!)

A沙羅という名前の、性格の全く違う2人のヒロインが、協力し合って秘密結社との闘いに挑むアクション(たぶん、戦闘のさなかに、皿を投げあう。「さら」だけに!)


 この2つのうちのどちらかだったら、吉松さんを尊敬するね!
 まぁ、実際はもっと深い話だと思うので、皆さん安心してくださいね。


○日時とかは?


・日時:3/17(土)と3/18(日)の2日間
 両日とも15:00〜17:00まで

・場所:広島市東区民文化センター

 17日は「音楽室」、18日は「ギャラリー」で開催

・受講料:各500円(2日参加だと1,000円)

 アクション(?)「ふたりの沙羅」の本編上映も行うそうですよ。
 R-15作品だったらヤだなぁ。
(R-15とは15歳未満鑑賞禁止という意味。これが付いているということは、たいていグロい作品であることを示します)

 ちなみに、PG-12は「12歳未満はなるべく保護者同伴」で、
 R-18は「18歳未満鑑賞禁止」です。


○最後に


 P-SONICも、何か自主映画でも作ってみたいですね。

 タイトルは「白き孔雀 〜地果て海尽きるまで〜」
 なんでどうでしょうか?

 まぁ、とりあえず、管理人の激動の半生を描いた大河ロマンってことで。
posted by ダイリーエンジョイ at 02:35| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

基本をおさえるホームページ作成講座の案内

 は〜いごきげんよう、管理人です。
 ところでみなさん「P-SONIC」のホームページは、ごらんになってますか?

 ビラの作り方などのサポート情報や、
 グループのあり方を考えるには欠かせない「運営ビジョン」についての情報など、
 いろんな情報が満載!
 現在はまだ情報は(アクセス数も)少ないですが、今後、どんどん増えていく予定です!
 
 まぁ、いずれは、毎日のあまりのアクセスの多さに、
 サーバーがダウンするようにもなるだろうさ!
 アクセスカウンタも、その日のために10桁まで対応しているYO!

 (最近は、6桁でもよかったかな……と思い始めてます)

 さて、情報といえば、「情報」というものを分類する目安として
 「ストック」「フロー」の2種類に分けることができるかと思います。
 
 いきなり何を言い出すのかとお思いの方もいらっしゃると思いますが、
 まぁ、たまにはマジメな話もしたいものです。

 「ストック」とは、いつまでも価値の変わらない情報
 例えば「ビラの作り方」なんかは、ビラを作る機会は多いので、
 いつ閲覧しても、役に立つ情報ではないかと思います。

 それに対して「フロー」は、一定の時期が経つと価値がなくなる情報

 たとえば、イベント情報は、イベントが終わると意味がなくなりますよね。

 実は、私ども「P-SONIC」では、基本的に

 「ストック」の情報をホームページに、
 「フロー」の情報をブログ「visage」に

 掲載しています。

 ブログでは、「ストック」の情報を掲載するには、ちょっと不便かなぁ、と思ったので。

 そうした意味で、皆さまのグループでホームページを作成するか、
 それともブログだけでよいかは、
 皆さまが発信したい情報の中で「ストック」の要素があるか否かではないかなと思います。
 (FLASHを作って配信したい! なんてのは、明らかに「ストック」ですよね) 

 もし、「ストック」の要素がある情報を発信したいけれども、
 ホームページをどう作ったらいいかわからない方は、以下の講座をご参考ください。
 
 ちなみに、ホームページの作り方が全く分からない方向けの講座ですので、
 
 「FLASHを自作してぇ!」
 「CGIとかJAVAについて勉強してぇ!」
 「CSSについて知りたいよー」

 といった、マニアな内容は、一切行っていないはずです。


○まずは主催について


 主催は「広島市青少年センター」です。
 ちなみに、広島市の定義する「青少年」とは

 15歳〜30歳

 です。

 「俺は心はいつも若いぜぇ!」
 「私は『永遠の17歳』なのよぉ〜」

 といった屁理屈は通用しないので、あしからず。

 で、対象も15歳〜30歳です。

 くどいようですが、精神的に若いと言い張っても、
 対象年齢でなければ、参加は認められません。

 場所は、広島市民球場のすぐ近くです。


○日程と内容について


@2/21(水) 19:00〜
 ホームページ作成の企画・概要・項目入力

A2/28(水) 19:00〜
 ページの作成・編集・画像及び表の挿入、リンク

B3/7(水) 19:00〜
 ロゴ・アイコン・ボタン・背景など素材作成、転送登録

C3/14(水) 19:00〜
 総仕上げとネットワークを広げる情報提供術



○参加費は?


 1,700円です。

 テキスト代とパソコンリース代、茶菓子代込み


○申込方法は?


@来館して申込
A電話かFAXで申込
BE-mailで申込

 ただ、申込後5日以内に、参加費を直接来館して渡す必要があります。

 火曜日と祝日の翌日は休刊日なので、注意が必要です。

<問合せ先> 広島市青少年センター

TEL 082-228-0447
FAX 082-228-7074
E-mail y-center@hitomachi.city.hiroshima.jp
URL http://www.hitomachi.city.hiroshima.jp/y-center/


○最後に


 「ストック」と「フロー」の話をしましたが、

 日々移り変わる世の中で、どれだけ「ストック」な情報があるのか!?

 なんてことを、ふと考えたりします。

「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」

「祇園精舎の金の声 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理を表す

 驕れる者は久しからず 絶えず春の世の夢の如し
 たけき者はついに滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ」


(管理人の小学校時代は、よくこの『平家物語』の序文が頭をよぎってました。
 今考えると、ヤな小学生だなぁと思います)

 なんて考え方からすると「ストック」な情報など、ないのかもしれませんね。

 それでも、人は変わらないものを信じたい。
 それが、人間という生き物の性なのかもしれません。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 02:07| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

頷け! 「ふむふむ」助成金情報!

 みなさまお元気でしょか。管理人です。

 さて、先日マイクロソフトの助成金情報を流しましたが、
 今回は、広島ではおなじみ「ふむふむ」助成金情報です!

 結構、この時期には助成金募集とかが重なるもので、
 NPOとかの関係者には、ありがたい時期ではありますが、
 同時に、いろいろと書類を作らないといけない季節だったりします。

 なんというか、ある意味「地獄の季節」なのかもしれません。
 でも、それを超えて得るものも大きいとは、思うのです。

 まぁ、よく言うじゃないですか。

 「何かを得るためには、それと同等の代価を必要とする」って。
 (このセリフ、前もどこかで言った気がしますね)

 では、さっそく、「ふむふむ」の募集要項を紹介します。

○助成対象となる団体及び活動

 以下にあげる条件を全て満たす必要があります。

@団体構成員の過半数が広島市民である。又は、団体の所在地が広島市にある。

「広島県」ではないので、注意が必要です。

A営利目的ではないこと。思想、政治活動を主にした活動ではないこと。

 対象活動の範囲は、非常に広いです。

 ちなみに、他の財団から助成を受けていたとしても、
 応募は可能
です。

○助成対象期間

 2007年4月〜2008年3月までの1年間に実施される活動。

○助成分野

1.まちづくり活動助成分野

 @団体育成助成部門

・活動を始めて間もない団体(設立後3年以内)が対象
・助成額:1件当たり5万円以内
・選考方法:書類審査

 Aまちづくり活動発展助成部門
・まちづくり活動をより積極的に展開しようとしている
 団体が対象
(つまり、ある程度活動が軌道にのっていることが前提)

・助成額:1件当たり50万円以内
・選考方法:公開審査

 ※ただし、応募件数が15件を超える場合は、書類審査により
  15件以内に選考した後、公開審査会で審査します。

 B重点分野助成部門

・重点分野とは「街の美化」または「子どもを守る活動」です
・助成額:1件あたり100万円以内
・選考方法:公開審査

 ※ただし、応募件数にかかわらず、まず書類審査し、
  その後で該当団体のみ公開審査

2.まちづくり施設整備助成部門

 広島市の良好なまちづくりにとって必要な施設等の新設、
 または改修、保全等を対象に審査

・助成額:1件当たり300万円以内で、事業経費の2分の1を
     限度に助成
・選考方法:公開審査

 ※ただし、応募件数にかかわらず、まず書類審査し、
  その後で該当団体のみ公開審査

○各種説明会等について

<応募説明会>

・日時:2月14日(水) 18:30〜19:30
・場所:まちづくり市民交流プラザ 研修室C


map.gif

<公開審査会>

・日時:5月12日(土) 13:00〜17:30(予定)
・場所:まちづくり市民交流プラザ 北館4Fギャラリー


※あと、助成を受けた団体は、以下の発表会で
活動報告を行う必要があります。

・中間活動発表会:2007年11月下旬
・最終活動発表会:2008年5月中旬

○書類の入手先

<直接手で入手する場合>

 以下の場所においています。

・広島銀行
・広島市まちづくり市民交流プラザ
・市役所の市民ロビー
・区役所、公民館

<ダウンロードしたい場合>

 以下のホームページからダウンロード可能です。

・(財)広島市ひと・まちネットワーク

http://www.hitomachi.city.hiroshima.jp/

・轄L島銀行

http://www.hirogin.co.jp/

○申込書類の提出方法と期限

 2007年3月15日(木)(※当日消印有効)までに、
 以下の場所に郵送してください

〒730-0036 広島市中区袋町6番36号

財団法人広島市ひと・まちネットワーク 事務局事業課


 ※申込書類ではないですが、助成を受けた団体は、
 2008年4月15日までに、所定の「活動報告書」及び
 「助成金使途報告書」を提出する必要があります。

○最後に

 活動を始めて間もないグループの皆さまは、
「団体育成助成部門」がオススメです♪

 「ふむふむ」も、今回で第5回。
 ぜひ積極的に応募して「ふむふむ」を盛り上げようではありませんか。

 

posted by ダイリーエンジョイ at 01:55| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

第5回 マイクロソフトNPO支援プログラム 募集中!

 皆さんこんばんわ。管理人です。

 さて、今日はアレの発売日ですよ、皆さん!
 えっ、アレですよ、アレ!

 そう「Windows VISTA」の!
 皆様は、VISTAは購入されますか?

 VISTAって、画面もクールに仕上がっていますが、
 最大の特徴は「仮想検索」を使用して、これまで以上にファイルの検索がやりやすくなっているってところですかね♪
 他にも、VISTAの機能は盛りだくさん♪ マイクロソフト万歳♪

 さて、別に管理人はマイクロソフトからゼニをもらってるわけじゃないですが、
 今回のお話は、マイクロソフトからゼニをもらえるかもしれない話です。

 本題は「第5回 マイクロソフトNPO支援プログラム 募集中!」です。
 つまり、マイクロソフトの助成金のお話です。

○どういったプロジェクトが対象?

 結論からすれば「ITを最大限に活用している」プロジェクトならばOKです。

 募集要項では、助成対象プロジェクトは、こんなものです

・ITを活用して「社会的課題の解決を目指す」活動
・ITを活用して「人々の可能性を最大限に引き出す」活動


○助成対象団体は?

1.日本国内に拠点を持ち、日本国内で活動する非営利団体
2.応募時点で2年以上の活動実績を有する団体
(法人格の有無、種類は不問)
3.基本的なITの使用が可能であり、応募プロジェクトを実施可能なITスキルを持ったスタッフを有する団体

※ちなみに、以下の団体は助成の対象にならないそうです。

・医院、病院、幼稚園から高校までの学校及び大学、政治団体、労働団体、宗教団体、各種同好会、地域自治会等
・過去に本プログラムの助成を受けた団体

 う〜ん、この「各種同好会」に、大学生のボランティアサークルが入るかどうかは微妙です。ただ、後で見る「選定の条件」から見るに、厳しいかもしれません。

○助成期間は?

 2007年7月1日から2008年6月30日まで

○助成金はいくらまでもらえるの?

 1件あたりの助成金額は上限300万円、総額2,000万円

 あと、助成金の用途には規制があります。

・プロジェクト実施経費(これには規制はないです)
・人件費(助成金の30%以内)
・機材購入費(助成金の30%以内)
・外部委託費(助成金の50%以内)
・運営/管理費(助成金の10%以内)

○助成が決まったら、特典とか義務はあるの?

 まず特典ですが、助成が決定した団体には、次の2点の特典があります。

・一定の条件のもとにマイクロソフトのソフトウェア製品を寄贈
・社員のボランティアによるIT相談会の機会提供


 あと義務ですが、以下の義務(?)があります。

・2007年6月末に東京都内で助成先団体への授与式を予定しているとのことで、
 そこで団体の活動及び助成対象プロジェクトについて簡単に発表していただくそうです。
・助成開始半年後(2008年1月末日)に中間報告書を提出
・助成後2ヶ月以内(2008年8月末日)に完了報告書を提出


 あと、助成金は2007年6月末日までに支払われます

 他にも、助成先団体には、プロジェクトにおけるITの活用方法について、より専門的なアドバイスをマイクロソフト側から行う場合があるようです。

 たとえば、こんなアドバイスでは?

・会員の規模から考えて、管理ソフトは「Excel」ではなく「Access」とか、あるいは「MySQL」にしたほうがいいですよ〜

・定期的なHP更新を容易にするために「DotNetNuke」を導入してみてはどうですか〜

・グループウェアなら、ノーツじゃなくてExchengeの方がいいですよ〜


 上から順にマニアックになってますが、こんなアドバイスでは?
 (まあ、よほどでもないかぎり、NPO法人規模でグループウェアを導入する必要もないと思うのですが)

 そうそう、グループウェアって、簡単に言えばグループ内での意思疎通を容易にするために、メンバー間で予定表やメールなどを共有できるシステムのことです。

○選定者はどういった視点から選定するの?

【応募プロジェクトに関する選定基準】

1.社会的な意義

 極論を言えば、強力なコンピューターウィルスを作るのは「反社会的」です。
 そうではなく、プロジェクトがどれだけ社会を良くできるのか、といった観点です。

2.独創性、先駆性

 「そういうやり方もあったのか!」
 「それは、まだ誰もやってない!」

 といったプロジェクトが望まれます。

3.ITの活用度合い

 1、2の要件をどんなに満たしていても、ITを活用しなければ、
 ここでは応募対象になりません。
 だって、マイクロソフトですから。

4.計画の実現性

 たとえば「ITを使って、争いのない社会を創る!」といっても、
 どう実現するのかのプランがないと、それはただの夢物語。
 プロジェクトが実現可能であることを、筋道立てて立証する必要があります。

5.応募プロジェクトが団体への今後の発展につながるか

 この項目は、プロジェクトが「一発花火」で終わらないかをチェックするための項目だと思われます。
 プロジェクトを通して、さらに団体の活動が発展していけるかを見ているのだと思われます。
 プロジェクトをやって、燃え尽きてしまう例は結構多いです。

【応募団体に対する選定基準】

1.申請団体が「助成対象団体」の要件を満たしているか

 これは当然ですね。

2.これまでの活動実績

 ここも注目されるところです。

3.団体の財政が健全か

 健全な財政の例としては「助成金」「会費」「支援金」「事業費」があります。
 収支予算表を提示して、この流れがスムーズかを提示する必要もあります。

 健全でない財政としては「ギャンブル」とかでしょうか。

 まあ、収支予算表の収入・支出の部で

「パチスロ 北斗の拳」○○円

とか書かれていたら、助成は受理されないでしょうねぇ……
(ネタとしては面白いですが)

4.応募プロジェクトを実施する人材、IT環境/技術を有するか

 みんなパソコンはしろうと、では厳しいですね。

5.助成終了後も応募プロジェクトを継続、発展させることができるか

 これを気にするくらい「一発花火」で終わるプロジェクトが多いってことです。
 そういう意味では、大学生のサークルだと厳しいかも……
 何十年も続いている団体なら別かもしれませんが。

○気になる応募期間や申請方法は?

・応募期間

 2007年1月1日(月)〜2月20日(火) 24:00必着

・応募までの手順

1.下記のサイトから応募用紙をダウンロード

http://www.microsoft.com/japan/npo

2.応募用紙記入の手引きを参考に、応募用紙に所定の事項を記入

※このあとの3を見れば分かりますが、プリントしてボールペンで記入してもあまり意味ありません

 最も、ボールペンで記入したものをスキャナで取り込んでjpeg形式で送るとか、
 さらにそこからPDFに変換して送るという荒技もありますが、

 たぶんそんなことをしても選定されません

3.応募用紙を電子メールにて添付し、下記まで送信

jpnpo5@microsoft.com

posted by ダイリーエンジョイ at 02:20| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

インプロの次は創作劇!? あなたのプロット大募集!

 さぁ、世界劇場の始まりだぁ!
 決して「世界名作劇場」じゃないよ。

 みなさん、お元気ですか。
 無駄にハイテンションな管理人です。

 「世界は劇場。人生は舞台。人間は役者。」

 なんて言ったのは、かの有名な(?)シェイクスピア。
 なかなか、ゾクゾクってくる言葉じゃあないですか!?
 シェイクスピア、なかなかのやり手です。

 冒頭での「世界劇場」とは、この世この生を一幕の舞台劇とみたてる世界観。 
この世界観がもたらす、驚くべき真相とは……

 気になる方は、Dr・古東の本をご覧になるといいでしょう。
 ある種の人にはゾクッとすることが描いてますが、
 そうでないとあまりおもしろい話ではないかも。
 『ハイデガー・存在神秘の哲学』などがある種オススメかも……。

 間違って『Drコトー診療所』を買わないようにね♪
 (それはそれでいいかもしれないが

 さて、本題に入りましょう。
 本題は「創作劇のプロット(物語のあらすじ)募集」です!

○目指せ! 現在のシェイクスピア!

 そうそう、シェイクスピアって、そういった劇作の分野では、なかなかどうして有名だった人なんです。
 その実力は、かの三谷幸喜に匹敵すると言われています。

 ウソです。すみません。
 知名度では、三谷幸喜の方が圧倒的に下です。
 なんせ、歴史が違いますから。
 
(三谷さんファンには申し訳ないですが、さすがのハッタリ野郎の管理人でも「三谷幸喜はシェイクスピアより上!」とは言えません…)

 まあ、「演劇引力廣島」というプロジェクトで、平成20年度に300人〜500人程度収容の会場で上映予定の、創作劇のプロット(あらすじ)を募集してるわけです。

 本格的に演劇を通して多くの人に感動を与えたい! なんて人(またはグループ)にオススメです。
 後で詳しく描きますが、優秀賞などには賞金があります!

 以下が、募集規定です。

----------------------------------------------------------------
1.作品テーマ

 現代社会で起きている事件や事象などを取り上げ、現代に生きる人々の生き様や考え方を鋭く照射したもの(例:2007年の問題、ニート、教育、家族のあり方 などなど)で、次の要件を満たしたものとします。

 【要件】
 
 ・現在の日本を舞台にして下さい
 ・登場人物は10人前後を想定して下さい
 ・上映時間は2時間前後を想定して下さい
 ・一幕または二幕構成として下さい

2.資格 問いません

3.作品条件

 (1)日本語によるプロットとします
 (2)未発表のものに限ります
 (3)応募作品原稿の体裁は、以下のとおりとします。

   @原則としてワープロ原稿とします
   (※管理人注:つまり、ワードや一太郎で作った原稿)
   A用紙のサイズはA4で横書きとします
   B文字の大きさは10.5ポイントから12ポイント、
    文字数は一枚あたり約1200文字としてください。
   C手書きの場合は、上記に準じてご提出下さい

 (4)プロットの内容は、以下のとおりとします

 @<プロット表紙(1枚目)>

 仮タイトルをつけてください。ただし、正式なタイトルはプロットから戯曲が完成した後、主催者側が決定します。

 A<作品の概要(2〜3枚目)> 次の内容を明記して下さい

 ・選考したテーマとそのテーマを選んだ根拠、理由
 ・幕ごとのあらすじ
 ・登場人物とその性格、場所、時代

 B<本文(4〜6枚目)> 枚数は3枚以内にしてください

 (原稿の体裁は1枚目が「プロット表紙」、2〜3枚目が「作品の概要」、4〜6枚目が「本文」となります)

4.その他 応募作品の数に制限はありません

----------------------------------------------------------------

 長い募集規定です。
 続いて、応募方法。これも、ちょっと面倒です。

----------------------------------------------------------------
1.作品原稿に申込書をつけます
(特定の申込書ではなく、A4用紙に以下の項目を書きます)

・仮タイトル
・本文の枚数
・氏名
・ペンネーム
・住所
・電話番号
・FAX番号
・携帯電話番号
・メールアドレス
・年齢
・職業
・応募動機
・活動歴(演劇、執筆活動等)

 申込書からページ番号をふり、ホチキスで左上を綴じたものを2部
 綴じていないものを1部
 計3部をご提出下さい。

 (提出時の体裁は申込書、プロット(表紙、作品の概要、本文)の順になります)

2.作品は、郵送または持参でご提出下さい。応募作品は一切返却しませんので、ご了承下さい。

----------------------------------------------------------------

「なぜ、特定の申込書を作らないのか?」
「メールで申込受付はしないのか?」


といった愚な質問は不可。

 これは、劇作家に必要な「忍耐心」を試すためのテストなのです(多分)。

 あと、募集期間や賞といった、気になる項目は、以下のとおり

・募集期間 平成19年1月15日〜2月16日(16日消印有効)

・賞

 大賞  1作品  (賞金20万円と賞状)
 優秀賞 3作品以内(賞金3万円と賞状)


・発表

 審査会終了後(平成19年3月末予定)、応募者全員に通知します。
 原則として、電話等でのお問い合わせには応じません。

 ちなみに、選ばれた作品は、今年の6月から10月くらいに行われる戯曲講座で戯曲化し、平成20年度(実際は21年の2月くらい)に上演されるそうです。
 その過程で、ストーリーが若干変更されるかもしれませんが、文句を言ってはいけません。

 
 最後に、主催と応募・問い合わせ先を掲載します。
 あー疲れた

・主催 (財)広島市文化財団 アステールプラザ

・応募、問い合わせ先

(財)広島市文化財団 アステールプラザ

〒730-0812 広島市中区加古町4-17
TEL:082-244-8000
FAX:082-246-5808
E-mail:naka-cs@cf.city.hiroshima.jp
 

 
posted by ダイリーエンジョイ at 03:40| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ひろしまの未来づくりを支援する助成金の案内です!

 皆さん、お待ちかね、「Hu(ふむふむ)」の募集が始まったよ♪

応募〆切は、「平成18年3月15日(水)」だって。
 
これは急いで応募せねば!!

 なになに、「Hu(ふむふむ)」を知らないって?
 おっと、まいったなー。それでは、これから「Hu(ふむふむ)」について紹介していくから、「ふむふむ」とうなずきながら、読んでいってね♪

 「Hu(ふむふむ)」の正式名称は、「ひと・まち広島未来づくりファンドHu(ふむふむ)」っていうんだよ。ちなみに、もっと堅苦しい呼び名は「公益信託広島市まちづくり活動支援基金」っていいます。

 この名称からしても分かるように、要は

 「まちづくりとかの、広島市でボランティアしている団体に、『助成金』って名目でおカネを支援する」

 のが「Hu(ふむふむ)」なんだ。ありがたいよね!

 さて、今回で4回目を迎える「Hu(ふむふむ)」。その募集内容は……

○団体育成助成部門(1件当たり5万円以内)
 
 これは、団体が発足してからまだ3年も経っていないボランティア団体に対し、その育成を支援するためのもの。

○まちづくり活動発展助成部門(1件当たり50万円以内)

 これは、まちづくりのための本格的な活動を支援するためのもの。当然、活動計画もかなり明確に決まっていないと、申請しても通らない。

○「まちづくり施設整備助成分野」(1件あたり200万円を限度)

 これは、今回から行われる分野。まちづくりに資する施設等の新設、改修、保全等といった、ハード面整備の支援を行うもので、普段からかなり専門的な活動を行っている団体向けのもの。

 できてそんなに間もないボランティアグループは、「団体育成助成部門」に応募するのがオススメ♪

 さて、肝心の応募方法は……

@こちらのホームページから、応募用紙をGet!
http://www.hitomachi.city.hiroshima.jp/m-plaza/(トップ画面のふむふむをクリック)

※助成事業応募の手引および申請書は、広島銀行本店営業部及び広島市内の支店、まちづくり市民交流プラザ、市役所市民ロビー、区役所、公民館等でも配布

A応募用紙に記入が済んだら、こちらに送付!

 〒730−0031 広島市中区紙屋町一丁目3番8号

 株式会社広島銀行
  法人営業部金融サービス室内
  公益信託広島市まちづくり活動支援基金(きちんと「御中」をつけて)

※あと、応募説明会が、以下の日程で行われるので、申し込もうと思っているグループは、なるべく参加しよう!

○応募説明会:2月17日(金)午後6時半〜
       まちづくり市民交流プラザ6階
       マルチメディアスタジオで開催


ちなみに、もう一度書くけど、

応募〆切は、「平成18年3月15日(水)」(当日消印有効)なので、それまでに必要書類をそろえて下さいね。
posted by ダイリーエンジョイ at 12:05| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。