2008年04月21日

「まちづくり市民交流フェスタ」のごあんない♪

 管理人です。

 最近は、お外は結構暖かくなってきましたね。
 まぁ、オフィス内は気温が一定に保たれている&
 サーバールームは寒いので、

 お外のことは、あまり私の日常と関係ありません。
 ま、まぁ、でも気持ちはいつも、あたたかくいきたいものです。


 気持ちをあたたかくするには、いろいろありそうですが、
 やっぱり趣味を大切にするとか、
 仕事以外の人間関係を大切にするとか、
 そういったことが重要かなと。

 そう考えると、市民活動をやってる人のほとんどは、
 気持ちをあたたかくできているのではないかと、思うんですね。

 そういったわけで、今回は

 「まちづくり市民交流フェスタ」の、
 全体的なあらすじのごしょうかいです♪



○市民活動を身近に感じてみませんか


 で、この「市民交流フェスタ」。
 要は、いろんな市民活動やってる人たちによる
 活動報告会です。


 当然、いろんな内容があります。

・発表
・体験
・展示
・講座、ワークショップ
・市民活動や余暇に関する相談会


 ここでは、簡単に、各分野ごとに紹介しましょう。

1.発表

 ・マンドリン、銭太鼓、ギターなどの演奏
 ・マジックの演奏、各国のダンス
 ・おはなしコンサートや神楽上演


2.体験

 ・工作、似顔絵、バルーンアート、アロマハンドマッサージ

 などなど


3.展示

 ・市民活動団体による写真パネルや作品の展示


4.講座・ワークショップ

 子育て支援やコミュニケーションに関する
 講演、ワークショップなど

※事前申込要


5.市民活動や余暇に関する相談会


 詳細は、こちらから……


○日時等は?


・日時:

 5月17日(土) 10:00〜17:00
 5月18日(日) 10:00〜15:00


・場所:広島市まちづくり市民交流プラザ 各会場

・参加費:内容によります


○最後に


 ほとんどの内容は、当日ちょっと楽しんでもらえるものですので、
 お気軽にご参加ください。

 ただ、講座・ワークショップは、
 事前申込が必要です。


 このへんは、各講座ごとに、
 しばらく個別に紹介していきます!

 もちろん、P-SONICもワークショップやりますので、
 乞うご期待♪

posted by ダイリーエンジョイ at 21:09| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

アムネスティ入門セミナーのごあんない♪

 管理人です。

 今、北京オリンピックの聖火リレーで、
 いろいろと問題になってますが、

 中国に関する話題は、多いですねぇ。

 チベット問題とか、
 毒ギョーザ事件とか、
 「Vii威力棒」とか…

 ……最後の「Vii威力棒」については、
 ここでは、あえて解説を控えさせていただきます。

 詳細は、こちらから……


 そうした、最近の中国に関する話題で考えさせられるのが、

 「死刑執行、最多は中国 五輪意識?大幅減」

 このニュースですかね。


 死刑制度については、いろいろと意見もありますが、
 死刑を廃止しようとする動きについては、
 意識を持つ必要があるかと思います。

 さて、今回はそうした願いもこめて、
 「アムネスティ入門セミナー」の参加案内をいたします。


○アムネスティってなに?


 「アムネスティ」は英語で”恩赦”の意味です。
 生きていく上で、最低限保障されるべき権利をうたった
 国連の「世界人権宣言」がすべて正しく守られ、
 実現される世界を目指して活動しています。

 ということで、アムネスティは、長い歴史を持って
 世界的に活動しているのです。
 詳しくは、こちらをごらん下さい。
 (アムネスティ・インターナショナル日本のホームページです)

 今回は、そうしたアムネスティの活動を
 多くの人に知ってもらうための
 「入門セミナー」が行われます。

 講師の方は、アムネスティ・インターナショナル日本の
 前理事であり、
 国際会議にも参加経験のある方なのだそうです。


○日時等は?


・日時:5月10日(土) 19:00〜21:00

・場所:広島市まちづくり市民交流プラザ 会議室A


・内容:

 ・アムネスティ紹介ビデオの上映
 ・アムネスティについてのスライドを使った紹介

・参加費:無料


○最後に


 冒頭で書いた「Vii威力棒」
 ついに日本上陸するらしいですね。

 個人的には、まず買わないですが、
 本家本元との比較データについての情報を、
 楽しみに待とうかと思います。


posted by ダイリーエンジョイ at 19:02| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

JICA海外ボランティアの体験談&説明会のごあんない♪

 管理人です。

 先日、ウチのカミさんと一緒に、
 タイ映画『ロケットマン』を見ました。

515LOaUosuL._AA240.jpg

 ……こ、これは、かなりすごい映画ですね。

 両親を殺した「牛飼い」に復讐すべく
 そのへんの罪なき牛飼いに無差別に襲い掛かる、
 主人公「ロケットマン」!

 両親の仇を探すのに、もう少し方法があるんじゃ……

 無数のロケット花火をぶっ放し、
 あまつさえ、ロケット花火に乗って移動さえしてしまう、
 ロケットマン。

 一応、ウチのカミさんに、
 映画当時のタイ人は、ロケット花火に乗って移動してたかを
 聞いてみましたが、
 そんな事例は一つとしてないそうです。


 異文化を知るには、とりあえず映画から。
 現在レンタル中ですので、ぜひごらんください。


 で、本題は、何だったっけ……
 えっと、ロケット花火の作り方じゃなくて、

 JICA海外ボランティアの体験談&説明会のごあんないです!

 やっぱり、異文化には、直接接するのが、一番ですからね。


○JICAといえば、やっぱり……


 そうですね。「青年海外協力隊」と「シニア海外ボランティア」。
 この2つが、JICAの華なのではないでしょうか?

 確認ですが、青年海外協力隊は、
 満20歳〜満29歳まで。

 シニア海外ボランティアは、
 満40歳〜満69歳まで。


 どちらも、応募すれば即OKってことはなくて、
 2回にわたって選考があります。

 ・1次:書類選考(技術面、健康面)
 ・2次:面接、語学試験、健康診断(職種によっては実技)

 原則、派遣期間は2年間ですが、
 短期(1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年)もあります。

 詳細は、とりあえずこちらをご覧ください。


○でも、体験者の本音を聞いてから判断したい


 2年間も海外に行って、生きていられるのか?
 派遣員には、何が求められるの?

 まぁ、ちょっと関心がおありの方であれば、
 いろいろと疑問があるかと思います。

 そうした疑問を解決してから、応募してみたい!
 って方のために、JICA海外ボランティアの
 体験談&説明会があります。


 日時等は、以下のとおり。

1.青年海外協力隊

1-1.日時と場所

・4/16(水) 18:30〜20:30
 まちづくり市民交流プラザ

・4/19(土) 16:30〜18:30
 イコールふくやま(福山ロッソB2F)

・4/20(日) 16:30〜18:30
 広島国際学院大学 立町キャンパス

・4/22(火) 18:00〜20:00
 広島大学 大学会館


1-2.参加費 無料

※事前の予約は不要です


2.シニア海外ボランティア

2-1.日時と場所

・4/15(火) 18:30〜20:30
 まちづくり市民交流プラザ

・4/19(土) 13:30〜15:30
 イコールふくやま(福山ロッソB2F)

・4/20(日) 13:30〜15:30
 広島国際学院大学 立町キャンパス


2-2.参加費 無料

※事前の予約は不要です


 なお、問い合わせ先は、以下のとおり

・TEL:082-421-6310
・E-mail:jicaic-jocy@jica.go.jp
・URL http://www.jica.go.jp


○最後に


 「世界では、3秒に1人、
  子どもたちの命が失われている」


 と、JICAのホームページにあります。

 さて、皆さんは、これを見て、どう思われますか?


 統計的に見れば、おそらくはそうなのでしょう。
 (ここでは、統計の方法については問いません)

 で、問題はここからで、
 皆さんは、「そうか! それは何とかしないといけない!」

 ……などと、本当に思えますか?


 「でも、統計で見れば、同じくらいの割合で、
  子どもたちが生まれてるんでしょ?」

 「でも、そんなの関係ねぇ」


 まぁ、確かに、そうなんですよね。
 こうしたロジックに対して、反論することも、無論できます。
 でも、結局は、実感の世界でしか、人は動かないでしょうね。

 そうした意味で、実際に子どもたちの命が失われている現場に、
 立ち会うのが、一番なんでしょうけどね。
 そうすれば、多少は実感できるでしょうから。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:52| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

「マイ・絵コ・バッグズ・カフェ」で、自分だけのこだわりエコバッグをつくろう!

 管理人です。

 ふだんのおかいものは、だいたい近くの「イズミ」でやってます。

 イズミの「ゆめカード」では、
 100円購入ごとに1ポイントがたまって、
 500ポイントになると、500円の割引券がもらえる
 サービスがあります。

 管理人は、1円でも多くポイントをためるために、
 まとまった買い物は、ポイントが2倍、5倍になる日にしてます。

 あと、普段から気をつけているのが「買い物袋持参」。
 イズミでは、買い物袋を持参すると、
 それだけでポイントが3ポイント加算されます。

 管理人の仕事カバンには、
 急に買い物したくなったときのために、
 細かく折った買い物袋が入ってます。


 ……エコバッグ買えばいいじゃん。

 なんて思うんですけど、
 案外エコバッグは高いし、
 お気に入りのデザインのものが、ないんですよねぇ。

 なんか、野菜の絵とか入ってたりして、
 「エコな買い物袋」ってイメージのが、多い気がします。

 有名ブランドもののエコバッグは、ちょっと高いですし。
 
 なんか、お手軽なお値段で、

 大きく筆書きで「諸行無常」と書いてあるエコバッグとか、
 曼荼羅が描かれているエコバッグとか、
 そんなんないですかねぇ?

 個人的には、そんな、
 なんか買い物とは一見無関係なエコバッグがほしいかも。
 しかも、相当細かく折りたためるという前提つきで。


 さて、今回の本題は、
 そんな管理人の無茶な要求をかなえる(かもしれない)、

 「マイ・絵コ・バッグズ・カフェ」のごあんないです♪


○「マイ・絵コ・バッグズ・カフェ」って?


 まぁ、要は無地のエコバッグの上に、
 自分で好きな絵とか描いたらいいじゃん、ってことです。


 主催の「ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEART」で、
 無地のエコバッグや、布用絵の具とかスタンプとかが
 用意されるので、
 そこに自分で好きな絵とかを描いてみよう、ってわけです。

 もし、完成品を使ってて、
 後からなにか書きたしたくなったときでも、
 200円払えば、書き足すことも可能だそうです。
 

 ちなみに「HEART to HEART」では、ふだんから、
 フェアトレード製のコーヒー、紅茶とかをカンパ
(めやす100〜200円程度)で、味わうことができます。


 今回も、エコバッグつくりながら、そういったものを、
 味わってみては?

 そうそう、フェアトレードってのは、
 日本語でいえば「公正貿易」。
 
発展途上国で作られた作物や製品を、
 適正な価格で継続的に取引することによって、
 生産者の持続的な生活向上を支える仕組み
です。

 詳細は、こちらから…


○日時等は?


・日時:毎週日曜、13:00〜19:00

 この時間であれば、
 いつでもエコバッグ作りに来ることができます。
 ただし、たまにそのスペースを他の市民団体とかに
 貸しきることがあるので、そのときは使用不可。

・場所:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART

 MAP:http://blog.canpan.info/heart-to-heart/category_1/

・材料費:500円


○最後に


 それにしても、自分で絵を書き足せるから
 「マイ絵コバッグ」

 なかなかどうして、面白いネーミングです。


 ……で、僭越ながら、管理人も、
 それに対抗して(?)、新しいエコバッグのネーミングを、
 編み出してみたのですよ。

 名づけて「萌エコバッグ」


 ……いや、「HEART to HEART」の事務所って、
 メイド喫茶「めいぷりてぃ」とか、
 アニメイトのすぐ近くだから、
 
 地政学的な観点で行けば、
 それもありかな…… なんて。


 ちなみに、ちょっとググってみた感じでは、
 「萌エコバッグ」という用語自体は、
 まだ使われてなさそう。

 管理人個人としては、
 「HEART to HEART」と「アニメイト」と
 「めいぷりてぃ」のコラボで、
 ぜひ、「萌エコバッグ」作成企画を、やってほしいなぁ。


 もしそんな無謀な企画が打ち立てられてしまったら、
 HIROMAの皆さまと一緒に、手伝ってみたいかも。



タグ:エコバッグ
posted by ダイリーエンジョイ at 19:37| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

国際理解教育を進めるファシリテーター養成講座!

 管理人です。

 最近は、ずっと助成金情報ネタばかりでしたので、
 ちょっとカタくなってしまってましたね。

 私生活でも、最近はあんまり娯楽のない状況だったのですが、
 そんな状況を打破すべく、とある映画をビデオで見ました。

 その名も「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」
 日本映画のくせに、日本人役者が、
 みんな英語で台詞を語るという、
 なかなかムチャな映画です。


 これ、うちのカミさんと一緒に見たんですが、
 「何言ってるか、全然分からない」とのこと。
 たしかに、ちょっと分かりにくい英語だったかも。

 まぁ、何言ってるか分かったとしても、
 平家物語のこととか、源氏と平家のこととかが、
 ある程度わかってないと、ちょっと理解が難しい。

 無駄に、タランティーノもチョイ役で出てたりと、
 なんかすごい映画でしたけど、
 たぶん賛否が分かれるでしょうな。


 ……それでも、管理人は、
 必死に英語を話しながら、何とか頑張っていた
 役者の皆さまに拍手を送りたい!

 そうした努力の一つ一つが、
 国際理解につながるのではないかと、思うんですね。

 というわけで、今回は
 国際理解教育を進めるファシリテーターの養成講座の
 ごあんないです♪



○どんな団体が主催なの?


 主催は、ひろしま国際センター(HIC)。
 普段は、日本語教室などのいろいろなイベントをやっており、
 ウチのカミさんも、よくお世話になってます。

 そんなHICが、
「ひろしま国際貢献『We』プロジェクト」の一環として、


 社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと協力して行う、
 そんなイベントのようです。


○講座の内容は?


 とりあえず、全2回講座のようです。

 ちなみに、講座のメインになる国際理解教材は、
 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの十八番である
 「Speaking Out」ってのを使いながらやるようです。



・第一回:3/15(土) 10:00〜17:00

 Speaking Outの体験、ファシリテーションについて

・第二回:3/22(土) 10:00〜17:00

 Speaking Outの教材を使ったプログラム作成、
 ミニワークショップ



○会場、申し込み方法等は?


・参加資格:大学生以上

 ファシリテーション経験は問いません

・募集人数:14人(参加費無料)

 ※先着順です

・会場:広島市青少年センター
(広島市民球場横)


・申し込み方法

 以下の項目を、こちらのメールに送付してください

hic02@hiroshima-ic.or.jp

@参加日

 両方の日で参加可能か、どちらかのみか

A住所

B氏名(ふりがな)

C職業

D電話番号(自宅または携帯)



○最後に


 国際理解教育の第一歩は「その国に関心を持たせる」こと

 ここでのファシリテーターは、
そんな能力を磨いていくのではないかと、
 考えたりします。

posted by ダイリーエンジョイ at 18:53| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

手帳の使い方が変わる? 「目標達成のためのタイムマネージメント講座」ごあんない


 管理人です。

 2月も、もう20日。
 やっぱり、あっという間に月日は流れていきます。

 「月日は百代の過客にして
  行きかふ年もまた旅人なり」

 なんて言葉もありますが、
 ホントに、そう感じますね。

 どんどん流れているように感じる時間。
 でも一方で、瞬間瞬間で刻まれている時間。
 同じように見えても、決して同じではない時間。

 ……時間ってのは、ホントに、不可思議なものですね。

 時間をどうとらえられるか、
 時間とどう向き合っていけるか。

 時間とのつきあい方次第で、
 人生は、いかようにも変わる気がしますね。


 今回の本題は、時間とのつきあい方を
 「手帳」という形でマネジメントしていく

 「目標達成のためのタイムマネージメント講座」の
 ごあんないです♪



○きっかけは、mixiから


 管理人は、ひょんなきっかけから、
 mixiでもこの日記をアップすることにしたんですが、
 mixiからは、たまに、
 非常におもしろい情報が入ってきますね。

 今回の記事も、そうしたmixiの情報から、
 入手したものなんです。

 とりあえず、その内容を紹介しますね。

-----(ここから)-----

 たった2時間であなたの手帳の使い方が変わり、
 毎日がワクワクし、夢の実現に向けて進み始めることができます!

 さて、あなたは「手帳」と言うと、
 どんなイメージや感情が浮かびますか?

 もしかしたら、、、、
 見るだけで凹み、使うのが辛く、
 続けることが忍耐・・・そんなことはありませんか?

 それが・・・・

 見るだけで元気になり、
 使うのが楽しく、
 続ければ幸せに夢が叶う

 そんな手帳になったらいかがですか?

 どのくらい毎日が楽しくなるでしょう。
 どれだけ行動力ややる気が溢れてくるでしょう。
 まったくアイデアの質と量が変わってしまうことでしょう。

 そのポイントをお伝えし、
 2時間で手帳の使い方の楽しみが倍増するのが、
 今回のセミナーです

★開催日 2008年2月23日(土曜)
★場所  広島グリーンアリーナ小会議室

★講師  船崎賀秀
★時間  13時30分から15時30分(13時15分受付開始)
      ※15時30分から17時まで懇親会を同会場で行います。
       ぜひご参加下さい。


★受講費 1500円 
(紹介者欄にしもちゃんと書いた場合、1,000円になります)


申し込みはインターネットで・・
http://www.formpro.jp/form.php?fid=27501

-----(ここまで)-----


○最後に


 そういえば、2月23日って、
 すきより2月回
「事例別アイスブレイク講座」の日でしたね。

 でも、時間帯がかぶらないから、まぁいいか。

 ふと思ったんですけど、
 アイスブレイクと、プリズンブレイクって、
 なんか語呂が似てますね。

 ……すごく、どうでもいいですね。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 22:58| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

国際理解セミナーのごあんない♪ 〜青年海外協力隊の活動報告会〜

 管理人です。
 
 今回は、国際理解セミナーの
 ごあんないです♪



○実質、青年海外協力隊員の活動報告です


 「国際理解セミナー」といっても、
 はっきりいってピンからキリまでですが、

 今回のセミナーは、
 実質、派遣期間を終えた、
 青年海外協力隊員3名の、
 現地での活動報告および体験記
です。

 実際に触れて感じた、
 派遣国の現状や文化、
 現地での苦労話や笑い話、
 現地で開催した原爆展の様子などを、
 講演していくようです。

 後半は、よくある
 パネルディスカッションのようです。

 3名の派遣国は、
 ザンビア、ブラジル、モンゴルのようです。
 
 将来海外で活動したい人とかは、
 行ってみる価値はあると思います。



○日時等は?


・日時:2月3日(日) 13:00〜15:30

・場所:広島市留学生会館

・入場料:無料

・申し込み方法:

 電話またはファックスで、以下へ申し込みください

 広島平和文化センター 国際交流・協力課
 TEL:082-242-8879
 FAX:082-242-7452



○最後に


 たまには、あっさりとご紹介ってのも
 いいかもしれませんね。

 でも、いつもこれだと、
 なんか、ただの情報伝達になってしまい、
 ちょっとさびしいかもと思う、今日この頃です。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:34| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

「ひろしままちづくり井戸端トーク」のごあんない♪

 管理人です。

 1/17は、阪神淡路大震災から、ちょうど13年目を
 迎える日でしたね。

 このときを境に、日本のボランティア人口は、
 急速に伸びていったといわれています。

 ただ、まちの復興には、最終的には、
 そうしたボランティアも必要なんですが、
 結局は地元住民の様々な活動が、
 大きく実を結んだといえます。

 思えば、このヒロシマの復興も、
 多くの方の支援もありましたが、
 最終的には地元住民の努力が大きかったと、
 いえるでしょう。


 結局、あたりまえのことかもしれないですが、
 まちの復興とか、発展のカギを握っているのは、
 地元の住民であり、
 また、その住民主体の活動なんでしょう。

 そんなわけで、今回は
 そうした地元住民主体の活動報告会
 「ひろしままちづくり井戸端トーク」のごあんないです♪


 申し込み〆切が、1/19までですので、
 申し込みはお早めに!



○まちづくり井戸端トークって?


 まずは、ビラに書いてある内容を紹介します。

 「様々な地域のそれぞれのまちづくり活動を、
  『自分達でやるしかない……』と
  汗を流し駆け回っている方々に、
  その活動をご紹介して頂き、

  苦労話や自慢話に花を咲かせ、
  うま話やにが話を酌み交わす、
  新春の宴なのです」



 「じゃあ、『まちづくり新春の宴』にすりゃいいじゃん」
といった反論は却下。


 要は、活動報告会です。


 3回目となる今回も「すごい」らしいです。
 何が「すごい」のかは、さっぱりわかりませんが、

 参加してみての、おたのしみなんでしょう。


○どういった活動報告なの?


 プログラムがございますので、ご紹介します。
 それぞれの項目ごとに、活動に取り組んだ団体が、
 発表していく、ってわけです。


1.コイン通り 最近の取り組み

2.やっと完成! 可部駅西口広場

3.ともに創り育てる“ぽんぽん”

4.廿日市市原地区のまちづくり活動

5.公園施設管理へのNPOの挑戦

6.コミュニティ賃貸牛田旭プロジェクト


・補足1:

 「コイン通り」とは、広島市佐伯区五日市にある、
 そういう名前の場所です。

 別にコインがたくさん落ちてたりはしません。

・補足2:

 “ぽんぽん”とは……

 おそらく、この項目を発表するのは、
 「NPO法人コミュニティリーダー ひゅーるぽん」ですので、
 その会員、メンバーの呼称と思われます。
 (違ったらごめんなさい)

 なお、「ひゅーるぽん」と「クラムボン」とは、
 語感は似てますが、あまり関係ないと思います。


○日時等は?


・日時:2008年1月26日(土) 13:30〜17:00

・場所:

 広島市まちづくり市民交流プラザ
 6F マルチメディアスタジオ

・対象:まちづくりに関心があればどなたでも

・参加費:無料

・定員:100名

・申し込み方法:下記項目を、以下のメールにお送りください

 ・氏名
 ・ふりがな
 ・電話番号

 ・申し込み先E-Mail:BCB13788@nifty.com

・申し込み〆切:1月19日(土)


posted by ダイリーエンジョイ at 01:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

「品のいい人になるためのテクニック」イベントのごあんない♪

 管理人です。

 最近、P-SONICのホームページで、新企画を
 企てております。
 というより、人気企画(?)「博士と助手」の
 リニューアルなんですけどね。

 といっても、話の内容を変えているのではなく、
 話の「見せ方」を変えようとしてるだけなんですが。

 で、評価版(β版)では、
 サポートコーナーの第1回記事を使っていますので、
 第1回をふりかえる機会にも恵まれました。

 その中で出てたのは「メラビアンの法則」。
 詳細は、第1回記事を読んでください。
 まぁ、ポイントは

 「第一印象は見た目で決まるよ」ってことなんですけど。

 そうした「第一印象」とか「見た目」をよくして、
 より多くの人の好感度をあげることは、案外大切かもしれません。
 
 
 今回は、そうした第一印象をあげて、
 「品のいい人」になるためのテクニックを学ぶ
 講座のごあんないです♪



○どんな内容ですか?


 とりあえず、自分の「第一印象」を認識し、
 (おそらく「自己評価」ならぬ「他己評価」を
  するんでしょう)

 その上で講演会。

 講師は、「C's PORT」という団体の代表等をされている
 「森田 由美子」さんという方のようです。
 若者に大人気! の講師らしいです。

 内容は、コミュニケーションマナー、会話術になりそうです。

 で、講演の内容をもとに、自分たちも実践。
 第一印象をあげる努力をしてみよう!
 ってなワークショップ。

 最後に、コミュニケーションによってもたらされる
 「であい」について考えるそうです。
 これは、ビラの情報だけではよくわかりません。


○主催について

 主催は「Team まなー’ず」。

 以前の記事で紹介したんですが、

 これも『企画・運営講座』の一環です。

 詳細ビラは、こちらです!


○日時等は?


・日時:2008年1月26日(土)13:30〜16:00

・場所:広島市まちづくり市民交流プラザ
    北棟5F研修室

・対象:おおむね30歳までの社会人30人(先着順)

・参加費:200円(茶菓子代)

・申込先:まちづくり市民交流プラザへ(TEL:082-545-3911)

・〆切:1/20日(日)



○最後に


 メラビアンの法則は、結構いろいろ言われています。
 ネット上でも、ちょこっと「炎上」してる話題です。

 まぁ、ある言葉がひとり歩きするときは、
 たいてい、結構曲解されてるもんですけどね。

 ホームページをいろいろ巡ってみて、
 どういった炎上をしてるかを物見湯山するもの
 一興かもしれませんが、
 個人的には、書いてる人の「うらみ」が
 伝わってくるので、おすすめはしません。

 別に、人の持つ内容は問題視されないってことでもないし、
 「メラビアンの法則」なるものが厳密に実在するかも、
 個人的にはあまり関心がありません。

 まぁ、シンプルに
 「人は、第一印象で人を判断しやすい生き物である」
 ってことを知っておいたら、いいんじゃないでしょうか?
 たとえ、アナタはそうでないとしてもね。
posted by ダイリーエンジョイ at 00:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

「ボランティアコーディネーター養成講座 〜応用編〜」募集!

 管理人です。

 以前、
 「ボランティアコーディネーター養成講座 〜基礎編〜」 の募集をいたしました。


 しかし、まぁ「基礎編」とくれば、
 続編が出るとしたら、タイトルはどうつけるかな…

 管理人なら、こんなカンジでつけるかも。

 「超・基礎編」とか。
 (いや、それだったら最初から、
  そっちをやるべきですよね)

 「基礎編2」とか「もっと基礎編」とか
 あるいは「基礎編・セカンドシーズン」とか。
 
(これは、案外あり?)

 「V基礎編」「基礎編W」「基礎編Seed」とか。 (なんか、某アニメに便乗してるだけで、
  まったく意味がないですね)


 ……すみません

 まぁ、普通に考えれば、
 やっぱり「応用編」ですよね。

 そんなわけで、今回は、
 「ボランティアコーディネーター養成講座 〜応用編〜」
 のごあんないです。



○別に基礎編に出てなくても大丈夫


 もちろん、基礎編に出ていたほうが、
 いいには決まってますが、

 基礎編に出てなくても、
 コーディネーター実務経験3年以上なら、
 大丈夫なようです。


 
 ……でも、
 「コーディネーター実務経験」って
 いったい何なんでしょうか?

 厳密に「コーディネーター」という肩書きで
 経験をつんだということだけであるなら、
 対象者はボランティアセンターとかの
 そういった人たちだけになるんでしょう。

 ただ、そういうことじゃなくて、
 ここでの「コーディネーター」とは、

 「リーダー」「サブリーダー」等で、
 何らかの形でメンバーやほかの人に対して、
 意見の調停とか、まとめとかをした経験、
 ってことだといえます。


 そうした意味では、
 市民活動グループで、
 リーダーとかやってた人が
 対象ってことですね。



○具体的な内容は?


@1日目:1月19日(土)13:00〜17:00

 ・参加者をリーダーに、人の集まりをグループ、
  そしてチームに変える共感のコーディネーション  
  〜人を活性化し団体のパワーを
   増幅させるためのノウハウ(1)


 ……タイトル長いですね
 コーチングとか、ファシリテーションとかの
 スキルに絡んだワークショップになりそうですね。


A2日目:1月20日(日)10:00〜17:00

 ・ボランティア活動におけるリスクマネジメント 
  −リスクに対する感性を磨く−

 
 タイトルどおり、リスクマネジメントのお話です。
 各グループごとに、リスクは違うと思います。

 とくに、野外キャンプとかスポーツとかの
 「動く」系のグループでは、
 厳密なリスクマネジメントが必要です。

 あと、最近では情報漏えいとかがさわがしいので、
 そのあたりも重要でしょう。
 
 最低でも、ノートン先生とかの
 ウィルス対策ソフトは必須です。

 このへんは、細かく話すと
 異常に長くなるので、このくらいで。


 ・参加者をリーダーに、人の集まりをグループ、
  そしてチームに変える共感のコーディネーション  
  〜人を活性化し団体のパワーを
   増幅させるためのノウハウ(2)

 
  前日の続きですね。


 ・交流会 −ネットワークを広げよう−

  これは、ありがちですよね。


 …だいたい、こんな感じの流れになります。


○申込の方法などは?


・会場:

 まちづくり市民交流プラザ
 北棟5階 研修室

・対象者:

 基礎編をすべて受講した人
 コーディネーター経験3年以上の方
 
・受講料: 2日間で3,000円(当日支払い)


・申込方法:

 下記チラシを、

 FAX、郵送、E-mailでお送りください。

・〆切:1月15日(火)
posted by ダイリーエンジョイ at 21:45| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

アジアの「懸命に生きる子どもたち」に学ぶ講演のごあんない♪

 管理人です。

 最近は寒くてかなわないですが、
 それでも、通勤中にみる子どもたちは、
 元気に過ごしてますね。

 やはり、子どもは元気なのが一番だと、
 思う今日この頃です。

 それにしても、最近は「イマドキの子ども」とかで、
 いろいろと言われてますね。

 その中でも多い意見として、
 「子どもたちに元気がない」というのが、
 多い気がします。

 …でも、大人が元気がないから、
 そりゃ当たり前なんですけどね。


 「元気がない」というのは、
 いろいろな観点があるんでしょう。

 食生活もまたしかりかもしれません。
 一生懸命になれるものが見つからないのかもしれません。

 いろいろあるんでしょう。


 そんなことを考えるうえで、

 「日本以外の国ではどうなんだろ?」
 という興味を持つのは、大切だと思います。

 そんなわけで、今回は
 アジアの貧しい国々に生きる子どもたちの
 現状を学ぶ講演会のお知らせです。



○どなたが講演をされるのですか?


 講師は、池間哲郎さんという方です。

 「NPO法人・アジアチャイルドサポート」
 代表理事であられます。


 池間さんがこのような活動をされたきっかけとしては、
 フィリピンのある女の子の、

 「自分の夢は大人まで生きること」

 という言葉だったそうです。

 
 講演の内容としては、

 貧しくとも「懸命に生きる子どもたち」の
 姿を通して、日本人が見失っているものを
 今一度考えてもらう。


 大体、こうした文脈で語られるはずです。

 特に、日本の子どもたちに
 こうしたアジアの貧しい子どもたちの
 一生懸命さを見てもらうことを通して、

 「感謝」「懸命に生きる力」を引き出すのが
 狙いのようです。


 ちなみに、主催は、
 「NPO法人・アジアチャイルドサポート」ではなく

 「中川希望塾」の広島校ですね。
 中川希望塾についてはこちら
 

 中川希望塾は、端的に言えばリーダー養成塾ですね。

 「指導者とは、希望を扱う人のことである」
 と、ナポレオンも言ってた気がします。


○日時等は?


・日時:2008年1月14日(月)※祝日です!

 開場 13:30〜  開演 14:00〜


・場所:広島県民文化センター 多目的ホール
 (紙屋町のデオデオ本店からすぐ近くです)


・入場料:

 大人:999円 小中高生:500円


 ※余剰金は「NPO法人・アジアチャイルドサポート」に
 寄贈するとのことです。


○最後に


 それにしても、なぜ入場料が、
 大人999円なんでしょうか?


 何か意味があるんでしょうけど…

 主催者側は、大量に1円玉を用意しないと
 いけないですよねぇ。

 参加者の中で、999円をジャストで用意する
 つわものがいたら、すごいんですけど。

 理想的(?)には、参加者の中に
 1円玉999枚を持ってくる人がいたら、
 すごすぎるんですけどね。

 いや、いやがらせとかじゃなくて

 「毎日貯めた1円玉を、この日のために使います」
 って人がいたらすごいなぁ、って話ですが。

 そうした事態も想定して、
 主催者側は、ちゃんと硬貨計算機を
 用意しているに違いない。


 でも、自動の硬貨計算って、
 かなり精密機械でないと、正確には測定できません。
 しかも、けっこう詰まりやすいんです。

 最近は、スーパーのレジでも自動釣銭機を
 導入しているところが少なくないですが、
 管理人などは、買い物するたびに、
 
 「自分の番で硬貨や紙幣が詰まってしまうのではないか?」

 という恐怖にかられます。


 ……まぁ、どうでもいいんですが。
 この謎を解きたい方は、ぜひご参加を。
posted by ダイリーエンジョイ at 23:49| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

クロマグロの悲劇 〜身近なものから資源・エネルギーを考える講座募集〜

 管理人です。

 昨日は、七草粥の日でしたね。
 食べてないですけど。

 でも、昨年末から今頃にかけて、
 忘年会やら新年会やらで、
 いろいろと料理を食べますよね。

 そうしたことを考えると、
 かゆを食べるのも、けっこういいものです。


 ところで、忘年会とかで出る料理といえば、
 いろいろあるんですが、
 やっぱり、ここぞとばかりに「刺身」を食べることが
 多いですよね。

 管理人の家では、
 カミさんが生魚も生卵もダメなので、
 刺身を食べる機会はあまりありません。
 

 あぁ、まぐろが食べたい。
 なんて思いながら過ごしていると、
 あるビラが目に留まりました。

 「クロマグロの悲劇」
 「食卓から魚が消える! ホント?」


 なかなかどうして、びっくりなタイトルです。

 今回は、このビラについて
 紹介しますよ。

 まぁ、結論を先に言えば、
 国際理解教育、開発教育の講座のごあんないですが。


○いったい、どんな内容なのですか?


 え〜と。これは地球の資源とエネルギーについて、
 身近なものから考えてみようという、
 ワークショップですね。

 何でも、

 「マグロ漁業のシミュレーションを通して、
  共有物の枯渇と資源の有限性を参加者自身が体験」


 できるらしいです。

 
 これで、開催場所が日本海とかだったら、
 すごいんですけどね。

 あっ、ちなみに開催場所は
 平和公園内の国際会議場の3F「研修室3」です。

 さて、普通の研修室で、
 どのようなシミュレーションが行われるのか?
 楽しみですね。

 意外と、Wiiとかだったりして。
 でも、Wiiとかで、釣りのゲームなんてありましたでしょうか?
 
 管理人は、あまりゲームは詳しくないので、
 釣りのゲームといえば「海腹川背」くらいしか存じません。


 まぁ、ほかにもいくつかの体験学習とビデオ上映が
 あるようです。

 全体的に、環境問題に関心のある方向けですね。


○日時等は?


・日時:2008年2月2日(土) 13:30〜17:00

・場所:平和公園内の国際会議場の3F「研修室3」

・定員:20名(先着順)

 ※6名以下だと、中止になります

・参加費:500円



・主催:プロジェクト・シチズン

・申し込み方法:

 以下のE-mailに、お名前と連絡先を記載してください。

 info.lovelove@gmail.com


○最後に


 今年は、洞爺湖サミットもある中で、
 環境問題への関心も高まってますね。

 さて、私たちは、未来の環境に対して、
 どれだけ希望を残していけるんでしょうかね?
posted by ダイリーエンジョイ at 23:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

「新春マナーかるた取り大会」イベントのごあんない♪

 管理人です。

 前回の記事で、日本の文化について
 いろいろ書いてましたが、

 正月の日本文化として、
 カルタとか百人一首とかも、
 やっぱり忘れてはいけませんね。

 まぁ、こうした遊戯は、ともすると

 「カードを取ろうとする手を狙って攻撃して、
  敵がカードを奪うのを阻止する」戦術とか、

 「カードの集まりに向かってボディプレスをかまして、
  敵がカードを奪うのを阻止する」戦術とかが

 採用されることが多く、

 最終的には血で血を洗う争いになるケースがほとんどなため、
 皆さま、くれぐれも、こうした遊戯をされる場合は、

 ・救急医療セットを用意しておく
 ・緊急時の医療機関への連絡先、最寄の病院の場所を把握しておく
 ・絶対的な力を持つ審判(大人とか)を設置する

 ことをお勧めします。
 
 
 一番いいのは、事前にルールを
 明確にしておくことでしょうけど。

 まぁ、こうしたルールとかマナーとかは、
 やっぱり大切なもの。

 子どものうちから、こうしたルールやマナーを
 身に付けておくことは、非常に大切です。


 今回は、マナーとかるたを両方楽しめる
 「マナーかるた取り講座」のごあんないです♪



○どんな内容ですか?


 シンプルに言えば、子どもたちと一緒に、
 マナーについて書かれたかるたを作って、
 子どもたちに、楽しみながらマナーを知ってもらおう!


 って感じです。

 まぁ、

 「年長者と一緒に食事の場についたら、
  年長者が食べだすまでは、箸を付けてはいけない」

 「三歩下がって師の影を踏まない」

 「食事の場における上座と下座」


 とか、そういったことが学べるかるたになるんでしょう。


○主催について


 主催は「Group 遊〜友〜悠」。

 前回の記事で紹介したんですが、

 これも『企画・運営講座』の一環です。

 詳細ビラは、こちらです!


○日時等は?


・日時:2008年1月20日(日)13:00〜16:00

・場所:広島市まちづくり市民交流プラザ
    北棟6Fマルチメディアスタジオ

・対象:子ども(小学生)と保護者の20組(先着順)

・参加費:無料

・申込先:まちづくり市民交流プラザへ(TEL:082-545-3911)



○最後に


 百人一首といえば、

 「ジョジョの奇妙な百人一首」が
 現在予約受付中!


http://www.carddas.com/jojo100nin/

 ちょっと、これは欲しいかも。
 でも、けっこう値段が高いんですよねぇ。

 「お前は、今までに食べたパンの数を覚えているのか」


 といった、知る人ぞ知る名セリフがよみがえるわけですよ!

 予約特典の初回限定版には、
 競技用の上の句のみ朗読CDもついてます。

 もし、広島で公式(非公式でも可)大会があったら、
 ちょっと出てみたい気もします。

 ひょっとしたら、今後は「Group 遊〜友〜悠」の皆さまが
 大会を企画して下さるかも!?
 (それはないよねぇ)
posted by ダイリーエンジョイ at 00:23| 広島 | Comment(0) | TrackBack(1) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

「広島のコンテンツ産業で働くということ」イベントのごあんない♪

 管理人です。

 最近は寒くてあきませんね。
 とうとう、こたつも蔵出しです。
 で、こたつの上には、やっぱり、みかんですな。

 「こたつにみかん」

 これこそ、守らなければならない、
 日本文化の一つでありましょう。

 で、寒いと体も冷えるので、
 ホットなゆず茶なんかも飲んでみたり。

 う〜ん。やっぱり、柚子といえば、
 高知県・馬路村産に限りますなぁ。

 本場高知の『ごっくん馬路村』も
 飲んでみたいもんですが、
 ちょっと高いしなぁ。

 こうした地場産業も、
 守っていくべき、日本文化の一つといえましょう。

 で、ぬくぬくしながら、
 『ハウルの動く城』とかの宮崎アニメを見たり。
 (うちのカミさんの日本語学習教材として)


 ……この「アニメーション」
 今や、日本の代表文化の一つとなっております


 外国に行ったら、
 日本の総理大臣の名前を知ってる人はほとんどいませんが、
 『ポケモン』とか『ドラゴンボール』とかを知らない人は、
 ほとんどいません。

 アニメのみならず、ゲームなどといった、
 いわゆる「コンテンツ産業」に関しては、
 日本が世界に対して、文化の発信源になっているのが現状
です。
 
 
 この広島でも、アニメーションを
 新しい産業にしていこうという流れがあります。

 で、広島のコンテンツ産業を盛り立てるために、
 まずは、広島のコンテンツ産業で働くってことは、
 どういうことなのかを、知らないといけない
かと。

 そんなわけで、今回は
 「広島のコンテンツ産業で働くということ」
 イベントのごあんないです♪



○誰が企画しているの?


 これは、実は
 まちづくり市民交流プラザとの共同主催です。

 以前より、まちづくり市民交流プラザで

 『プランナー養成講座』とか
 『ファシリテーター養成講座』とか

 やっているのですが、

 「せっかく講座やったんだから、
 実際に自分たちで企画運営やったらいいじゃん」

 というカンジで、
 講座修了生たちが集まって、思い思いの
 『企画・運営講座』をやってるわけです。

 このイベントは、その一つってわけですな。

 基本的に、イベントができるときは、
 必ず、イベント企画の言い出しっぺ、
 つまり「発起人」が存在します。

 で、発起人の趣旨に賛同して、
 メンバーが集まって、企画は動きます。

 このイベントの場合、
 『HIROMA』(コンテンツ産業研究委員会)という名前で、
 グループを立ち上げてます。

 ちなみに、管理人は、
 ちょこっとだけ、お手伝いしてます。
 以前より、コンテンツ産業には、関心がありましたんで…


○どんな内容?


 とりあえず、第1部は講演会
 ゲストは、「有限会社ROCKETS」代表取締役の
 納島 克宗さん。

 納島さんは、広島の第一線で働くグラフィックデザイナーです。

 第二部は「本音deトークセッション」!
 まぁ、分科会です。

 1.アニメ、映像
 2.ゲーム
 3.グラフィック、Webデザイン

 この3つの分野のうち、興味ある分野に分かれてもらい、
 本音でいろいろとトークしていくわけです。


○日時等は?


詳細ビラは、こちらです!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日時: 2008年1月19日(土)13:30〜16:30

場所: 広島市まちづくり市民交流プラザ
    北棟6Fマルチメディアスタジオ


ゲスト: 有限会社ROCKETS 納島 克宗さん

内容:  第一部 講演会(13:30〜14:30)

     第二部 本音Deトークセッション!(14:30〜16:30)

    (アニメ、映像・ゲーム・グラフィック、

     Webデザインの3つに分かれて分科会)

参加費: 無料

定員: 30名(先着)

対象: コンテンツ産業に関心のある学生、社会人など

主催: HIROMA(コンテンツ産業研究委員会)

   (財)広島市ひと・まちネットワーク
    まちづくり市民交流プラザ

※「コンテンツ産業」とは、一般的に映画・アニメ・漫画
 TV番組制作・ゲーム・出版のような
 知的生産物に関わる産業を指します。

 これらの産業は、日本では今後の成長が期待できる
 重要な産業として位置づけられています。


申込み方法は、広島市まちづくり市民プラザのサイトから
申込用紙をダウンロードしてもらうか、

・名前
・TEL/FAX
・E-Mail
・職業(社会人、学生、その他)、

・ゲストへの質問内容
・希望セッション

 1.アニメ、映像
 2.ゲーム
 3.グラフィック、Webデザイン

 を記入の上、
 広島市まちづくり市民交流プラザへメールでお送り下さい。

m-plaza@hitomachi.city.hiroshima.jp

お問合わせは広島市まちづくり市民交流プラザ

TEL:082-545-3911まで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


○最後に


 主催の『HIROMA』スタッフによる
 ブログがオープンしてます。

posted by ダイリーエンジョイ at 20:43| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

グローバルな「広島っ子」育成事業の発表会のごあんない♪

 管理人です。

 管理人の職場では、英語のソフトを取り扱ってます。
 とはいえ、今のところ管理人はそのソフトはさわっていません。
 (というより、さわりたくありません)

 でも、心ない担当者が、
 時々ソフトの説明書の日本語訳を
 管理人に頼んできやがります。

 説明書は、1冊で全部で300ページ以上あるわけですが、
 さすがに、訳するのは10ページ程度です。
 (でも、手順書は何冊もあるんですけどね)

 とはいえ、元々専門用語ばっかりの説明書。
 非常に疲れるわけです。

 
 まぁ、しかし英語の説明書に目を通していると、
 いやおうなしにも「国際化」の一言が頭をよぎります。

 少子高齢化とかも考えていくと、
 今後は外国人労働者も増えていくんでしょう。

 管理人が出張で川崎に行ったとき、
 食事に行った店全部で、アルバイトが外国の方でしたし。

 また、国際結婚も増えていっているようですね。
 まぁ「ようですね」って、管理人とこもそうなんですけど。


 そんなことをいろいろと考えると、
 「国際理解教育」の重要性は、
 今後増していく一方なのかもしれません


 広島県としても、その辺のところは実感しているようで、

 「平成19年度グローバルに活躍できる『広島っ子』育成事業」
 
 なんてのをやっていたようです。


 今回は、その成果を発表するイベント
 「インターナショナル・ユース・デイ」の
 ごあんないです♪



○イベントの内容は?


 イベントは、12/16(日)に行われるんですが、
 午前の部と午後の部で、内容も場所も変わります。


1.午前の部(10:00〜12:00)


・場所:広島グランドインテリジェントホテル

 2F 芙蓉(ふよう)の間


・内容:プレゼンテーションとディスカッション

 ※プレゼンもディスカッションも英語です

 プレゼン発表は、県内の高校生と留学生が行います。

1-1.プレゼンの内容

(1)グループ1:

 「How can we make the world more friendly?」
 (どうすれば世界が仲良くなれるか?)

(2)グループ2:

 「Pro-Active New Ideas to Improve Culture Understanding
  and International Relations」
 (異文化理解、国際関係を向上させるための先進的考え)

(3)グループ3:

 「The gap between rich and poor countries.
Where is the problem? What can be done?」
 (国による貧富の差 〜問題の所在はどこか?
  何ができるか?〜)

(4)グループ4:

 「One World under One People」
 (人類は一つ、世界は一つ)

1-2.ディスカッションについて

 会場の参加者の意見も取り上げるそうです。


2.フェスティバル


・場所:エールエールイベント地下広場

・内容:

(1)国際協力等に関するメッセージを入れて作成した、
  特製カレンダーの販売
 (売り上げは、アフリカの貧しい子供に送ります)

(2)「みんなの木」を作り、
参加者にメッセージカードを書いてもらい
  それを木に飾り付けます(要は七夕の要領)

(3)バングラデシュの結婚衣装や踊りなど、
数カ国のファッションを通して、
  外国文化の紹介

(4)遊びを通して外国文化の紹介


○最後に


 「国際理解教育」とはいいますが、
 異文化を理解しようとすればするほど、
 逆説的に「日本」について考えさせられますね。

 まぁ、海外に行けば、
 「自分は日本人なんだなぁ」と実感すると思いますよ。
posted by ダイリーエンジョイ at 23:45| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

12/7から、ユニセフ・パネル展!

 管理人です。

 実は、管理人は、普段は
 いわゆる「IT業界」と呼ばれる世界で働いてます。

 どんな業界も、内訳は幅広いんですが、
 まぁ、この業界もいろいろな仕事があります。

 管理人は、その中でも「運用系」「ヘルプデスク」といった
 部類で、おしごとしてます。

 
 で、ここ最近、そうしたIT業界で注目されている国といえば…

 そう、インドです。


 「インドの技術者は優秀だ」などとよく言われます。
 特に、プログラムの「開発系」に強いといわれます。

 インドの数学教育も、最近では注目されてますな。
 インド人は、19×19の掛け算までは、
 みんな暗記しているそうです。
 加えて、論理的な思考教育の土台が、相当固まっているようです。

 
 そんなこともあって、インドは、現在
 急激な経済発展を、遂げつつあります。

 まぁ、しかしいつの世でも、
 「急激な発展」があるならば、
 その代わりに、誰かが苦しんでいるわけです。

 中国の経済格差は有名ですが、
 インドも、例外ではありません。

 
 今回は、そうした「陰」の部分を映し出した、
 ユニセフ・パネル展のごあんないです。

 
○どんなパネル展なんですか?


 テーマは「インド 経済発展の陰で苦しむ子ども」

 あのアグネス・チャンさんの、
 ムンバイ地方の視察記録のようです。

 ちなみに、アグネスさんは、
 日本ユニセフ協会大使なんです。


 で、ムンバイってどんなところかって?
 わかりやすく紹介した一文を掲載しますよ。

「インド経済のけん引役は、
 国際貿易港であり金融都市でもあるムンバイだ。

 インド貿易量の半分を占め、
 人口1500万人の世界最大都市の一つ。

 ムンバイ北部の高級住居地域ヒラナンダニ・ポワイ。
 インド不動産開発業者「ヒラナンダニ」が、
 高所得層をターゲットに建設した
 7000世帯余の大規模住居団地と
 ショッピングモール、病院、学校などがある。
 
 ヨーロッパ風の展望がよい高級住宅と
 豪華マンションが立ち並んでいる。
 ムンバイに集まった外国人事業家と
 インドの富裕層が暮らしている。
 また南部地域のマリーンドライブ一帯には、
 高級ホテルと高層ビルが集まっている。」


 ……要は、そういうところですよ。


 でも、こういうところには、
 やっぱり、貧困に苦しむ層も、たくさんいるんです。

 ムンバイの貧困に関しては、こちらをご参考に。


日時等は?


 主催は「(財)日本ユニセフ協会広島県支部

 ユニセフパネル展なんだから、当たり前といえば、
 当たり前なんですけどね。

 で、日時や場所は……

・日時:

 2007年12月7日(金)〜12月12日(水)
 11:00〜19:00


 (12日だけ17:00まで)

・場所:アステールプラザ 市民ギャラリー

・入場料:無料


 あと、世界の子どもたちから寄せられた、絵の即売会、
 (当然、売り上げの一部は、子どもたちの施設に)

 外国コインや紙幣の募金の受付もやってます。


タグ:ユニセフ
posted by ダイリーエンジョイ at 00:22| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

市民活動団体の事務局をパワーアップさせる「ハート・サロン」のごあんない♪

 管理人です。

 最近は、映画ネタをあんまり出してなかったんで、
 久しぶりに映画ネタで。

 管理人が今見たいかな、ってな映画は
 やっぱり『ボーン・アルティメイタム』

 『ボーン・アルティメイタム』は、

 『ボーン・アイデンティティ』
 『ボーン・スプレマシー』に続く、
 ボーンシリーズ最新作!

 記憶を失った元CIAの最強スパイが、
 いろいろな事件に巻き込まれながら、
 いろいろとがんばっていきます。

 しかし、この作品で描かれているCIAって組織、
 および、主人公ボーンがいたグループ
 『トレッドストーン』には、
 ちょっと問題が多いですね。

 たとえば…

・いろいろな思惑を持った人の出入りが多く、
 まとまりがない感じがする

・いろいろなグループごとで活動しているけど、
 グループ同士の連携はとれていない

(トレッドストーンに至っては、他のCIAの人は知らない)

・メンバー同士が顔を合わせる機会が少なく、
 役割分担があいまい

・リーダーが何でも決めてしまい、あとは言いなり

・メンバーが突然辞めてしまい、
 対応がとりきれていない


 まぁ、実際のCIAは、もっとちゃんとしてるんでしょうが。

 しかし、上記の問題って、
 けっこう普通の組織とか、市民活動団体の事務局でも、
 ありがちな問題ですよね?

 
 ……そんなわけで、
 「ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART」主催
 『ハート・サロン』での
 市民活動団体、事務局パワーアップ術のごあんないです♪


 上記の問題を抱えているグループはもちろんですが、
 そうでないグループも、
 自分が記憶喪失になっても困らないよう、
 参加してみた方がよいかもしれません♪


○ハート・サロンってどんなの?

 ハート・サロンってのは、

 市民活動に関わっている方、
 これから関わろうと思っている方が集い、

 一つのテーマを切り口に、
 おにぎりやビールを片手に、
 “あーだこーだ”と語らいあう場らしいです。


 「自分、おにぎり派じゃなくて、サンドイッチ派なんだけど」
 「私、ビールは飲めないんですけど……」


 そんなことを思った方も多いと思いますが、
 たぶん、そんな心配しなくても大丈夫だと思います。
 
 まぁ、あーだこーだ語らいあうってことで、
 わりとフレンドリーな雰囲気でやると思いますよ。

 
 これが“あーだこーだ”じゃなくて
 “こーだでこーだ”だったら、
 
 「エンコーダ」と「デコーダ」っぽくて、
 なんかマニアックな雰囲気になりそうですけどね。

 ……まぁ、そんなことはどうでもいいんですけど。


○今回は、どんな感じになるの?


 今回は、5回ほど(といっても第1回は明日なんですが)
 団体の「事務局のお仕事」について
 考えていくそうです。

 それぞれの回にテーマがあって、
 それぞれの回に「話題提供者」なる人がいて、
 
 テーマにそって話題提供者が、60分ほど
 自分の団体での対応策(事務局運営など)を
 紹介するというスタイルが基本です。

 で、あとの時間(60分ほど)で、
 参加者が“こーだでこーだ”、もとい
 “あーだこーだ”と意見を共有するってスタイルですね。

 こうした場では、自分の名刺と、
 自分のグループの紹介パンフは必須です。


 では、気になるテーマと開催日をごしょうかい。

・第一回:2007年11月29日(木)

 「ボランティアの出入りが多く、
  まとまりがない感じがする」

・第二回:2007年12月6日(木)

 「グループごとに活動しているけど、
  グループ同士の間はバラバラ」
 
・第三回:2007年12月20日(木)

 「事務局メンバーが顔を合わす機会が少なくて、
  役割分担があいまい」

・第四回:2008年1月10日(木)

 「トップ(リーダー)が自分で何でも決めてしまい、
  あとは言いなり」

・第五回:2008年1月25日(金)

 「メンバーが突然辞めてしまい、
  仕事のやりかたがわからないまま数ヶ月」


 ※第五回では、前半にこれまでのまとめを含めるそうです

 ちなみに、開催時間は、すべて18:30〜20:30です。


○場所、参加費、定員等は?


・場所:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART

 ちょっとわかりにくいので…

 1.広島市中区紙屋町のデオデオ本店近く
  「鯉城会館(県民文化センター)」の建物のある区画の、
  西側にある、から揚げのうまい弁当屋さんのある建物の2F

 2.広島市中区の「アニメイト」の向かい側にある
  メイド喫茶「めいぷりてぃ」のある建物の2F


 ……イメージがピンとくるほうで

 MAP:http://blog.canpan.info/heart-to-heart/category_1/

・参加費:

 HEART to HEART会員 :500円
 HEART to HEART非会員:800円


 ※資料代、軽食、飲み物代込み

・定員:20名(申込順)

・対象:

 市民活動団体で活動されている方。
 特に事務局運営、団体運営が今ひとつ停滞気味な、
 団体の事務局メンバー

 他団体との情報交換がしたい方も、
 ご参加いただけます。

・申込方法

 下記項目を、以下のメールにて

 heart-to-heart@mbr.nifty.com

 @参加者氏名
 AHEART to HEART会員か非会員か
 B参加回(複数選択可)
 C団体名
 D連絡先(住所、TEL/FAX、E-mail)


 ※複数同時申し込みの場合、
  申込責任者の連絡先のみでOKです


○最後に


 「HEART to HEART」のお噂は、
 かねがね聞いておったのですが、

 なかなかアクセスの良い、そして
 なかなか興味深い場所にあるんですね。

 以前の知り合いもおられることですし、
 予定が合えば、1月の最後の回にでも出てみようかな。


 ……でも、ちゃんと名刺とかを持っていかないと、

 「え〜っ、何しにここに来てるのよ〜っ」

 なんて言われてツンツンされるかも。

 でも、それでもいろいろと意見を出しあえば、
 帰りには、

 「えっ、もう帰っちゃうの?」

 なんてデレデレな展開になるかもしれません。

 世間一般では、どうやらこの一連の流れを
 「ツンデレ」なんて呼んでいるご様子。
 「ツンドラ」ではないですよ。

 で、メイド喫茶のパワーアップ版で、
 「ツンデレ喫茶」なるものも、あるらしいですね。
 個人的には、そんな扱いは、されたくないなぁ。

 オーロラが見れたり、
 アラスカの巨大シカ(ムース)などと触れ合える、
 零下30度の「ツンドラ喫茶」なんてのがあったら、
 管理人は、ちょっと行ってみたいですけどね。


 ちなみに、管理人はメイド喫茶には行ったことはありません。
 う〜ん。ああいうところって、どうなんだろ?

 たぶん、管理人の場合、行っても
 普通に紅茶飲んで帰りそうな気がするんですけどね。

 「嘆かず、呪いもせず、かといって笑うこともなく、
  ただ理解する」


 ……な〜んてカンジで淡々と終わりそう。
タグ:HEART TO HEART
posted by ダイリーエンジョイ at 21:54| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

「ボランティアコーディネーター養成講座 〜基礎編〜」募集!

 管理人です。

 すきよりももうすぐなんですが、
 サーバントリーダーセミナーも、もうすぐですな。

 ……ですが、まぁ、ぶっちゃけ、
 現状では参加希望者は、ちょっと少なめ。

 もちろん、少なかろうともやるんですが、
 ちょっとさびしい限りかも。

 最後の逆転劇を期待したいものです。


 う〜ん。やっぱり、1泊2日というのは、
 ちょっとハードルが高いかな?

 その点で、宿泊することなく
 市内の交通の便の良い同じ会場を借りて、
 2日間セミナーしたほうが、
 いいといえば、いいんですけどね。

 ……なんかぐちっぽくなってしまいましたね。
 いかんいかん。
 気持ちを切り替えて、明るくいきましょう!
 うひゃほぅ!

 そんなわけで、今回は、
 交通の便の良い、まちづくりでの
 3日間連続セミナー、
 「ボランティアコーディネーター養成講座 〜基礎編〜」
 のごあんない
です!


○「コーディネーター」って、いったいなんだろ?


 う〜ん。何なんでしょうね?
 皆さんは、どのようなイメージを持たれますか?
 
 募集チラシによれば、
 
 「ボランティア活動の発信・受け入れ・調整のキーパーソン」
 らしいです。

 う〜ん。

 これだと、コーディネーターのいる団体には、
 すごい数のボランティアがいて(あるいは集めて)、
 その受け入れと調整をやってるイメージですね。

 ……はたして、
 災害ボランティアに関与した方と、
 専門的なボランティアセンターの方以外で、
 このような活動経験のある方は、
 いらっしゃるでしょうか?

 
 おそらく、コーディネーターとは、
 そういう側面以外にも、
 
 周りにかかわる人たちのやる気を高め、
 やる気を生かしていくことのできる人
なんでしょうね。

 そうした意味では、
 ボランティアに限らず、
 多くの企業活動でも必要なスキルが
 問われていることになります。


○具体的な内容は?


@1日目:11月30日(金)19:00〜21:00

 ・ボランティアってなに?

A2日目:12月1日(土)10:30〜17:00

 ・ボランティアコーディネーターとは?
 ・コーディネーターのいろは
  (つまり、必要なスキル)

B3日目:12月2日(日)10:00〜16:00

 ・実践ワークショップ
 ・事例発表
 ・今後の方針


 …だいたい、こんな感じの流れになります。


○申込の方法などは?


・会場:

 まちづくり市民交流プラザ
 北棟5階 研修室


・対象者:

 おおむねボランティア活動歴3年以上
 またはコーディネーター経験3年未満の方
 
・定員:40名(先着)

・申込方法:

 下記チラシを、

 FAX、郵送、E-mailでお送りください。

・〆切:11月20日(火)
posted by ダイリーエンジョイ at 21:42| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

「ひろしまロイクラトン祭2007」開催のご案内!

 管理人です。
 たまには、まじめに最新ニュースを。

 「ミャンマー軍政、ほぼゼロ回答 ガンバリ特使の再訪失敗」


 非常に残念なニュースなのですが、
 管理人は失礼ながら、一瞬

 
 「『ガンバリ特使』って、

 特使の方のニックネーム?」



 って考えてしまいました。
 ほ、ほら、ハンカチ王子みたいに。

 たぶん、次の甲子園で「ガンバリ王子」って
 出てこないですかね?

 ちなみに、ガンバリ特使は、
 国連の事務総長特別顧問
でいらっしゃいます。

 
 でも、そういうことって、けっこうありますよね(?)
 管理人は、ほかにも、昔

 「ロシアの『バカーチン』さんが……」
 ってニュースを見て、

 
 「あぁ、バカなんだなぁ」 なんて思った記憶があります。

 そんな管理人が、一番バカチンです。

 そんなバカーチンな管理人ですが、
 今回も、国際交流系のイベントのご紹介です。

 その名も「ひろしまロイクラトン祭2007」


○「ロイクラトン祭」って何ですか?


 えっと、これはタイのお祭です。

 毎年、陰暦の12月の満月の日に
 (今年は11月24日だそうです)、

 タイ全土で行われる、
 豊穣をもたらす水の精霊に感謝をささげる祭です。

 んで「ロイ」とは
 「水に流す、浮かべる」

 「クラトン」とは、
 バナナの葉や蓮の花などで作った、
 「灯ろう」を意味します。

 日暮れとともに、クラトンを手に近くの川や池に行き、
 ロウソクと線香に灯をともして水面に浮かべ、
 ワイ(合掌)をして、祈りをささげます。


 目的は違いますが、

 広島でも「原爆被爆者慰霊灯篭流し」で
 似たようなことをやっているので、
 イメージはできますよね?

 なんか、静かな雰囲気の中で、
 とうろうを流してるイメージですよね。

 でも、
 長崎県では、精霊流し(しょうろうながし)といって、
 爆竹が飛び交う中で精霊船を運ぶという、
 はっきりいってにぎやかな、というよりうるさい
 雰囲気の中で行われたりします。


○今回の内容は?


 本来であれば、川で流したいところですが、
 いろいろと後始末が大変だからか、
 それとも、この時期日本は寒いからか、

 とりあえずホテルの中でやるようです。

 主催は「広島タイ交流協会」ってところで、
 先日ぺあせろべ報告で紹介した

 「広島日タイ交流協会」とは、
 また違った団体です。

 こちらは、
 会長が、あのサッカーボールで有名なモルテンの
 民秋史也・代表取締役社長だけあって、
 もっと大きな団体ですね。

 おそらく、協会の人が多いでしょうが、
 一般の方も、タイの文化に触れるチャンスですので、
 関心のある方は、参加してみては?

 あと、タイ人は参加費安いので、
 知り合いにタイ人がおられる方
 実は、自分がタイ人の方は、お得に参加可能です。

 
○日時等は? 


・日時:2007年11月22日(木) 19:00〜21:00
 
・場所:ホテルチューリッヒ東方2001・4階エーデルワイス
 (広島駅新幹線口より徒歩5分)


MAP

・参加費:

 大人:4,000円
 学生:2,000円(中学生以上)
 タイ人:1,000円


・申込方法:郵送かFAXのみで、以下の項目をお送りください
(11月12日必着)

 郵送:〒730-0052

 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ5F
 広島タイ交流協会

 FAX:082-249-9921

 @お名前
 A区分(会員か非会員か学生かタイ人か)
 B住所
 C電話番号

 
posted by ダイリーエンジョイ at 23:46| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

学生自主活動ネットワークの合同フォーラム開催案内!

 管理人です。
 風邪も、だいぶ治ってきました。
 ご心配をおかけしました(?)


 しかし、だいぶ寒くなってきましたね。
 そろそろ「こたつ」を出すときがやってきたのか?
 いやいや、まだまだ早いはずだ!

 う〜ん。去年はいつ出したかな〜

 
 しかし、こたつって、一度入ると、なかなか抜け出せなくなる
 魔性の力をもってますよね。
 これに、みかんが加わると、コレ最強。

 まぁ「いつまでもいたい」というわけなんですが、
 こんな心持ちを、自分たちのグループで持てるならば、
 それは本当に、素晴らしいことではないでしょうか?

 で、そうしたグループ同士が、
 さらに「いつまでもいたい」という関係を持ち合えるならば、
 そこから、大きなものが生み出されてくるのではないでしょうか?

 
 こたつから、
 ずいぶんと大それた理想論を展開してしまいましたが、
 今回は、そんな理想論に一歩近づくための、
 
 「学生自主活動ネットワーク・第2回合同フォーラム in広島」
 のごあんないです!



○まずは、主催について


 主催は、広島大学です。

 今回のねらいは、
 
 学生の主体的・自主的な取組の情報交換を通して、
 お互い刺激を受け、交流を深め、
 さらに元気になれるようなネットワークを
 構築していくこと
なんだそうです。

 んで、さらに、
 学生たちが主体的にプロジェクトを企画し、実践することで
 様々な「学び」を獲得する、

 「プロジェクト学習」について、
 パネル討論
を行います。


 具体的には、学生による自主活動事例報告と
 パネルディスカッション
です。

 あと、この手のイベントにはつきものの
 「情報交換会(もちろん有料)」もあります


○日時等は?


・日時:2007年11月17日(土)14:00〜17:00
   (このあとに情報交換会)

・場所:広島大学東千田キャンパス・402講義室
 (市内電車1番・宇品港行きに乗り「日赤病院前」下車)

・参加費:無料

・申込

 以下の項目に記入の上、メールか電話で申込
 〆切は11月13日(火)

 @氏名
 A役職(あれば)
 B所属機関(学校か会社か市民活動グループ名)
 C情報交換会参加の有無


 ・メール:career-group@office.hiroshima-u.ac.jp
 ・電話:082-424-4214

・URL 広島大学キャリアセンター

 
posted by ダイリーエンジョイ at 23:09| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。