2008年10月01日

フィリピンと日本を結ぶビデオメッセージ上映会のごあんない♪

 管理人です。

 今回は、フィリピンと日本を結ぶ
 ビデオメッセージの上映会のごあんないです♪


 来場者先着50名には、
 フィリピンのパパイヤ石鹸がもらえるよ♪



ビデオメッセージってなに?


 第二次大戦中に日本軍から受けた傷
 (物理的な傷、心の傷)が癒されないフィリピン人と、

 第二次大戦当時にフィリピン人に対して行った残虐行為に、
 いまだに嘆き苦しんでいる日本人に対して、

 双方の想いをビデオで録画して、
 それを相手側に見せる事で、
 お互いの和解を図ろうというわけです。

 で、一連の様子を録画する事で、
 ドキュメンタリーのできあがり。
 今回は、その上映会を行う事になります。

 主催は「Bridge for Peace」というところですが、
 文字通り、フィリピンと日本を結ぶ、
 平和の架け橋になろうとしてます。
 これはこれで、素晴らしいプロジェクトですね。

 詳細は、こちらから。

 当日は、上映会以外にも、
 代表の講演や、交流会もあります。


日時等は?


・日時:2008年10月5日(日) 13:30〜16:30

・場所;広島国際学院大学 立町キャンパス


 ※市電の立町電停前にあります

・参加費:

 上映会500円(学生400円)
 交流会は別に400円(飲み物と手作りケーキつき)


・定員:100名


最後に


 国際交流とかそういった問題を考える時に、
 「過去の清算」というテーマは、
 けっこう避けては通れないことが多いです。

 過去どこかで生じた「恨み」というのは、
 予想以上に世代を超えるケースが多いです。
 これをそのままにしておくと、
 問題が一向に進まない事が多いですね。

 そうした意味で、このプロジェクトがもつ意味は、
 単なる過去の回顧ではなく、
 未来につながるものであると考えます。 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:38| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

NPO・ボランティアインターンシップ事業募集〆切迫る!

 管理人です。

 ところで、皆さまは「インターンシップ」って
 ご存知ですか?

 就職活動での、学生と企業側の「ミスマッチ」を、
 あらかじめ防ぐ目的で行われるやつです。
 短期間、企業の簡単な仕事とかをやったり、
 あるいは見たりして、
 だいたいの仕事内容と、会社の雰囲気を
 あらかじめつかんでもらいます。

 その上で、最終的に入社するかどうかを、
 判断しようってことです。

 社会経験にもなるので、中高生むけのインターンも
 あったりします。


 で、これをNPOとかボランティア団体でも、
 やってみよっかという動きが出ています。

 今回は、NPO・ボランティアインターンシップ事業の
 ごあんないです♪


 結構、応募〆切はせまってます。


○で、ボランティアインターンシップって?


 ボランティアとかの社会貢献活動に関心を持ちながらも
 行動が起こせていない青少年や成年、
 あるいは豊富な知識や経験を持つ、団塊の世代の方を対象に、

 社会貢献活動のきっかけとなる場を提供し、
 実際に活動を体験する(インターンシップ)支援を行い
 NPO・ボランティア団体への
 参加者の拡大を図ることを目的としています。

 要は、ちょっとだけ気軽にNPOとかに、
 入ってみようかな、ってことになります。


 NPO側としても、これをきっかけに、
 新しいメンバーが入ってくれれば、言うことなしですよね。


○受け入れ先団体は?


 まぁ、「NPO法人・コミュニティリーダーひゅーるぽん」さんとか、
 「NPO法人・子どもコミュニティネットひろしま」さんとか、

 広島のNPO、ボランティア業界では、
 しっかりしたところとして名高いグループが多いので、
 ちゃんと受け入れてくれるでしょう。

 受け入れ先団体の詳細、全体の流れはこちらから。
 必ず第1希望の団体で活動体験できるわけではありませんので、
 ご了承願います。


○申込方法は?


 まずは、こちらのページから、
 参加申込書をダウンロードしてください。

 それを、10/3(金)までに、
 以下の連絡先まで、郵送、FAX、または持参してください。

※NPO法人 ひろしまNPOセンター

 〒730−0013 広島市中区八丁堀3−1 幟会館2階
 電話082(511)3180
 FAX082(511)3179



○最後に


 インターンシップは、企業と学生のミスマッチを防ぐ為、
 実施されています。

 では、ボランティアインターンシップはどうか?
 まず、学生側の「ボランティアをやってる人」についての
 イメージは、どうなのでしょうか。

 もし「人格者」というイメージがあるようでしたら、
 ちょっとそれは、ミスマッチかもしれません。
 
 もし、管理人が学生から、
 「ボランティアやってる人って、どんな人が多いですか?」
 と聞かれたら、

 学生たちがミスマッチで苦しまない為に、
 正直に答えます。

 「代表者クラスの約8割が『アクの強い人』です」と。
 メンバーは、ピンキリでしょうか。

 まぁ、学生のボランティアサークルとかだと、
 アクの強さの割合が減る傾向にあると思いますが、
 社会人以上の人たちがやってるグループだと、
 やっぱり、約8割くらいかな。
 
 これは、管理人がいろいろなNPO業界とかの方々と接して、
 率直に感じた実感です。
 無論、管理人自体も、アクが強い方だとは思います。

 というより、別にやってても儲からない以上、
 アクが強くないと、生き残れない業界ではあります。
 いい表現をすれば「情熱的」ってことですが。


 あと、豊富な知識や経験を持つ、団塊の世代の方々にとって、
 NPOとかって、どう写るでしょうか。

 あんがい「ぬるい組織だ」と写るんじゃないでしょうか。
 逆に、バリバリの会社人間でそのままNPOとかに入った人って、

 「優秀かもしれないけど、いてほしくない人」に
 なることが多いようです。
 
 元々優秀なコンサルタントがNPOに入って、
 その団体をコンサルタントの視点から改善しようとして、
 メンバーから総スカンをくらったという話も、
 聞いた事があります。


 そうした意味では、やっぱり、
 NPO、ボランティア業界にも
 インターンシップは必要かもしれませんね。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 21:45| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

「暮らしの中のグローバリゼーション」講座のごあんない♪

 管理人です。

 ここ最近、いろいろなモノの値段が高くなってますね。
 どちらかというと下流社会に生きる管理人にとって、
 あまり楽しい事態ではありません。

 まぁ、別にこれは日本だけの話ではなく、
 現在世界の多くの国で発生しています。

 そう考えると、世界と日本とのつながりは、
 決して縁遠いものではないわけです。
 いわゆる「グローバリゼーション」でしょうか。

 ただ、私たちは「グローバリゼーション」なんていっても、
 よくわかっていないことが多いです。

 じゃあ、グローバリゼーションの何かよくて、
 何が問題なのか。
 
 今回は、暮らしの側面から、
 グローバリゼーションを見つめる、
 「暮らしの中のグローバリゼーション」講座の
 ごあんないです♪


 詳細は、こちらからごらんください。


○日時等は?


・日時:2008年9月27日(土) 14:00〜16:30

・場所:アステールプラザ 中会議室


 ※平和記念資料館から南へ徒歩5分

・参加費:700円


○最後に


 この講座の主催は
 「グローバリゼーションを問う広島ネットワーク」。

 まぁ、グローバリゼーションを「問う」時点で、
 グローバリゼーションを歓迎してないのは明らかですね。
 とはいえ、市民団体とかNPOで、
 グローバリゼーションを歓迎している団体ってのは、
 管理人はあまり聞いたことがないです。

 ここのホームページを見れば分かりますが、
 とりあえずポイントは「格差」です。


  しかし、この「格差」についての現実解は、
 非常に難しい問題をはらんでいるのが現状です。
 日本国内でもそうですが、
 世界の国々との関係で「格差」を考えると、
 より問題は深刻化します。

 なかなか、効果的な解決策は当然ないんですが、
 少なくとも、安易に「みんな平等に」に走ると、
 過去の歴史に従えば、
 別の意味で能力のある人が報われない社会になったりします。

 おそらくは、現実的には、
 「持てない」側の人々が、格差のスパイラルから
 抜け出すチャンスを多く生み出すのが、
 ありがちな方法論かと思っています。

 そのカギを握るのが、おそらく「教育」なのでしょう。
 管理人は、そんなことを考えます。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:09| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

ルワンダの子どもたちの今を見つめる講演会&ワークショップのごあんない♪

 管理人です。

 いつも、いろんなネット情報を閲覧している管理人ですが、
 そんな管理人がたまに見てるサイトは「外務省ホームページ」

 別に、天下り情報を捜しているわけではありません。
 そもそも、下ろうにも、すでにかなり下ってしまってます。
 むしろ上りたい。

 まぁ、いろいろと興味深い情報があるのですが、
 中でもよく見てるのが「海外安全ホームページ」


 これを見ると、現在世界のどの地域が危ないのかが、
 すぐにわかります。

 これを見ていて思うのは、

 「世界の中で、戦争のない国は、本当に少ない」
 ということ。
 そういった戦争の中で多いのが、
 民族と民族、部族と部族といった、いわゆる「内戦」。

 戦争には「内戦」と「外戦」の2つがありますが、
 基本的には、内戦のほうが、
 圧倒的に悲惨な結果に終わることが多いです。
 
 今回は、かつてそのような悲惨な内戦に翻弄され、
 今新たに立ち上がろうとしている国、ルワンダについて、
 その復興の様子と、子どもたちの様子についての、
 講演会とワークショップのごあんないです♪


 アフリカのコーヒーも飲めますよ♪
 (マイカップ持参推奨)



○日時等は?


・日時:2008年9月27日(土) 13:00〜16:00

・場所:広島市留学生会館

 (広島駅から徒歩5分。ビッグカメラ近く)

・参加費:無料

・定員:100名(要予約)

・申込方法:

 こちらのメールアドレスに、お名前、電話番号を
 記載してお申込下さい

unicef-hiroshima_06@theia.ocn.ne.jp


※詳細は、こちらからどうぞ。


○最後に


 現在、ルワンダの渡航情報を見ると……


 地域によっては、「渡航の是非を検討してください。」
 基本的には「十分注意してください。」のようです。
 これでも、以前よりは治安等は回復しているようです。

posted by ダイリーエンジョイ at 19:06| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

「子育て応援セミナー・笑顔のコーチング」のごあんない♪

 管理人です。

 それにしても、ここ最近は、
 すごいお笑いブームですよね。

 今日は水曜日ですが、水曜日は、
 ついつい「お笑いレッドカーペット」をよく見ます。
 見てると、中には微妙なのもありますけど、
 たいていおもしろい。
 日本のお笑いのレベルは、たぶん世界でも高い方だと思います。

 でも、普段の生活では、
 実は笑顔の少ない、私たちではないでしょうか。
 管理人の場合だと、
 普段はパソコンやサーバーとにらめっこなので、
 そんな中でにやにやしてたら、
 ちょっと変な人になってしまいます。

 逆を言うと、普段は笑顔ができるような環境じゃないから、
 私たちは、お笑いに走るのかも、しれません。


 個人的には、せめて家族間での交流くらいは、
 笑顔でいたいと思いますが、
 今の世の中、それが一番難しくなっているのかもしれません。

 でもやっぱり、笑顔の起点は家庭から。
 管理人は、そう思います。



 今回は、家の中とかで笑顔になる人との関わり方を学ぶ
 「笑顔のコーチング」のごあんないです♪


 チラシには申込〆切は9/15と出てましたが、
 多分大丈夫でしょう。
 でも、参加される方は、お早めに…



○こんな人にオススメ♪

 基本的には、笑顔は人間関係をよくする潤滑油です。
 ですので、

・子育てに関心のある方
・子育て支援活動に携わっている方
・コミュニケーション力をアップさせたい方


 こんな方にオススメです。

 内容は、当然分からないですが、
 「コーチング」とつくだけあって、

 子どもとのコミュニケーションを円滑にする場の整え方とか、
 子どものほめ方とか、
 そういったテーマになるのでは?


○日時等は?


・日時:2008年9月27日(土) 10:00〜12:00

・場所:広島市西区民文化センター


 JR横川駅となりのフレスタの向かい側あたり

・参加費:無料

・定員:550名


・申込方法:

 お早めに(本来は9/15〆切)、下記番号までご連絡下さい

 082-246-9100


 ※定員数を考えれば、たぶん当日参加でも大丈夫かと。

 ※その他詳細は、こちらのホームページをご覧下さい


○最後に


 「お笑いレッドカーペット」に時々出てくる、「もう中学生」。
 個人的には、彼には全国の幼稚園や小学校を
 巡回してほしいと思います。

 実は、彼が「お笑いレッドカーペット」に出てるのは、
 将来小学校などを全国でまわる時に備えて、
 名を売っているのかもしれません。

 広島市の小学校でも、よく素性の分からない団体とかは、
 子どもたちのために何かやろうとしている団体でも、
 お断りしているところが多いわけで、
 その点、ここまで名が売れていると、
 小学校とかも喜んで受け入れてくれるでしょう。

 そう考えると、なかなかどうして、
 彼も意外と戦略家なのかもしれません。
 最近は、なんだかんだでレッドカーペット賞獲りましたしね。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:50| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

インプロ・ワークショップのごあんない♪


 管理人です。

 最近、個人的には非常に興味深いニュースがありました。
 
 「公園で全裸、自称・高校教諭の男逮捕」!

……いったい、この方に、何があったのでしょうか?
 
 個人的には、この方は、一連の行為を通して、
 何かを伝えたかった、表現したかったのではないかと、
 そんなことを考えます。

 ただ、その表現の方法が、
 ちょっと法に抵触してしまったのではないか?
 などと考えてしまいます。

 人は、様々な形で自分の感情を表現できます。
 また、表現された感情を、読み取ることができます。
 しかし、その表現の方法、また表現の読み取り方については、
 上手な人と下手な人がいます。

 何かを人に伝えること、
 人の表現を読み取ること。

 こういったスキルを磨く手法の一つに、
 「インプロ」があります。


 インプロについては、こちらをどうぞ。
 何度か、紹介はしていますが。


 今回は、そんなインプロについて学ぶ
 ワークショップのごあんないです。



○日時等は?


・日時:9月23日(火) 13:30〜16:30

・場所:広島市東区民文化センター

・参加費:3,500円

・定員:20名まで(先着順)


 ※インプロは、あくまで「即興劇」ですので、
 当日は結構動き回ります。
 軽く運動のできる服装でお越しください。


○問合せ・申込先


広島インプロ・ステイヤーズ

http://improstayers.dreamblog.jp/
担当:原田

・TEL/FAX 082-899-2823

・E-Mail:improstayers@yahoo.co.jp

※申込の場合

@お名前 A住所 B電話番号(携帯可)
Cご職業(学生なら「学生」) D年齢
をお知らせ下さい



○最後に


 感情をどう上手に表現するか。
 これは、簡単なようで、結構難しいんですよね。

 日本では、感情を表現しないことが美徳とされていますが、
 ウチのカミさんには、理解できない領域のようです。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:37| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

「ハート・サロン」緊急企画! 高齢化の進むまちのあり方を考える集いのごあんない♪

 管理人です。

 先日のブログでもちらっと書いた「限界集落」
 これは、65歳以上の高齢者が、
 集落単位で総人口の過半数を占める状態を指します。
 詳細は、こちらをどうぞ。 


 広島県でも、そのあたりは何ら無縁ではなく、
 今後も、限界集落は増え続けていくでしょう。

 では、そんな中で、私たちは何ができるのか。
 
 今回は、まちづくりの活動を実践している方々を
 東京よりお招きして、こういった問題を
 ざっくばらんに考える、


 「ハート・サロン」緊急企画のごあんないです♪


○ハート・サロンって?


 市民活動に関わっている方、
 これから関わろうと思っている人が集い、
 一つのテーマを切り口に、
 
 おにぎりやビールを片手に、
 あーだこーだと話し合う場です。

 NPO、市民団体など、各種まちづくりに携わっている方々には、
 オススメな情報が収集できるかもしれないサロンです。


○日時等は?


・日時:2008年9月19日(金) 18:30〜21:30ごろ

・場所:ひろしま市民活動ネットワーク Heart to Heart


 鯉城会館(デオデオ本店近く)のすぐ横
 アニメイトの向かい側(めいぷりてぃのあるビル)2F

・参加費:会員800円 一般1,000円

・定員:20名


・申し込み方法

 下記メールに団体名、氏名、住所、連絡先を記載し応募ください

heart-to-heart@mbr.nifty.com

 詳細は、こちらから


○最後に


 限界集落の問題は、考えれば考えるほど深刻な問題です。
 どのような取り組みを成していくか、
 様々な意見が必要とされると考えます。
posted by ダイリーエンジョイ at 20:24| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

いろいろと目標を達成したい方向け! 和田裕美さん講演会のごあんない♪

 管理人です。

 8月すきよりで「目標の立て方講座」を実施しました。
 立てた目標は、実現しないといけないわけですが、

 目標を実現するためには、次の二つの側面が
 必要であるといえます。

 1.目標を達成する為の道のりが明確になっている
 
 (例)

 ・目標を達成する為にしないといけないことを細分化する
 ・目標がどの位達成されているかが明確になっている   など

 2.目標達成に関わる人間の「やる気」を維持できる

 このうち、1については、
 9月すきより「イベントマネジメント講座・準備編」
 多少は取り扱っています。

 ですが、目標を達成する上で本当に大切なのは、
 むしろ2の「やる気」に関する部分になります。

 自分のやる気を維持するだけでも、
 なかなかどうして大変なわけですが、

 人をやる気にさせるのは、
 その数百倍大変なわけです。

 まぁ、皆さん自身のことや身の回りを見ても、
 そのことは実感できるのでは、ないでしょうか。


 今回は、そのあたりのプロフェッショナルである
 和田裕美さんの講演会のごあんない♪



○和田裕美さんって何者?


 何でも、凄腕の営業マンだったそうです。
 
 売り上げの4割が紹介・リピートで占められるなど、
 おそらく「人としての魅力」で売り歩いてきた方だと思います。

 詳細プロフィールは、こちらからどうぞ。

 私自身の「営業マン」のイメージってのは、

 言葉巧みに客を説き伏せて、
 なんかよく分からないうちにハンコを押させて、
 はいさようなら

 ……なんてイメージなんですが、
 おそらく、そんなイメージとは、
 ちょっと違った方なんでしょう。

 ホームページとブログもあるので、
 まぁ、こちらもどうぞ。

 和田裕美の個人サイト
 http://www.wadahiromi.com/

 毎日更新中 和田裕美ブログ   
 http://plaza.rakuten.co.jp/perie2005/
 

○講演の内容は?


 講演会のテキストとして、和田さんの
 『息を吸って吐くように目標達成できる本』が使用されます。

 つまり、講演のテーマは目標達成。
 だいたい、こんな方にオススメのようです。

・仕事のモチベーションをアップさせたい方!
・社内でのコミュニケーションに悩んでいる方!
・部下のマネジメントについてお困りの管理職の方!


 
 NPO、市民活動でも、おそらく応用が利く
 内容なのではないかと思います。
 

○日時等は?


・日時:9月12日(金) 18:45〜(開場 18:00)

・場所:中国新聞ホール 広島市中区土橋町7-1 中国新聞ビル7F

・入場料:2,000円(税込)


 ※講演テキストとして、
 『息を吸って吐くように目標達成できる本』
 ポプラ社刊(1,155円)
 和田裕美さんサイン入りを会場にて差し上げます。


・申込方法

 こちらのホームページから申し込んでください


○最後に


 管理人の「営業マン」イメージは、他にも

 ちょっとでも業績が悪いと、
 電話機とかコーヒーカップとかが飛んでくる
 体育会系集団

 というイメージがあります。

 まぁ、イメージといっても、
 別に全くの憶測で言っているわけではなく、
 管理人自身の体験に基づいてはいます。

 最近も、どこぞで営業マンが部下を100回以上殴ったそうですし、
 おそらく、そんなにイメージと実像には差がないのでしょう。

 そんな中で、トップレベルの業績を生み出した和田さんは、
 外見とはうらはらに、
 鋼の様な強靭な心の持ち主ではないかと推測します。
 そういった心がないと、男女共同参画社会で生き抜くことは、
 できないのでしょう。

 ……まぁ、このあたりは、管理人の憶測ですが。
posted by ダイリーエンジョイ at 18:46| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ケータイから学ぶ、国際理解教育ワークショップ!

 管理人です。

 管理人もだいぶ有名になってきたのか、
 最近やたらと携帯やパソコンにスパムメールがきます。

 管理人がケータイを使って何かしてる時間の、
 約5割がスパムを削除してる時間です。

 もういいかげんメールアドレスを変えたらいいんでしょうけど、
 そしたら、それはそれでめんどくさい。
 いろんな人に新メルアドを通知しないといけないですからね。

 まぁ、でもその手間を差し引いても、
 やっぱりケータイってのは便利なもんです。

 iPHONEが以前話題になりましたが、
 今後は、ケータイを使ってできることは、
 もっといろいろ増えていくでしょうね。

 テレビも見ることができ、
 映画も見ることができる。
 さて、次は、何ができるようになる?
 
 ……な〜んて、夢は膨らみますが、
 しかし、ちょっと待て。
 
 ケータイの発展という華やかな舞台。
 その舞台裏では、いったい何が行われているのか?

 案外、想像を絶するすさまじい光景を、
 目の当たりにすることができるかもしれません。


 今回は、ケータイの舞台裏を通して、
 世界の真実に迫る国際理解ワークショップ
 「ケータイの一生」のごあんないです♪



○世界の悲惨さを直視する


 まず、ケータイほどの精密部品を構成するのに、
 希少な原材料が必要になります。

 この原材料をめぐって、
まず「持てる側、持てざる側」の争奪戦になります。
 将来は、これで戦争になる可能性も高いでしょう。

 続いて、ケータイに限らず、多くの部品は、
 安い労働力ということで、海外で製造されます。
 そこでどのような労働が行われているか、という話です。
 案外、児童労働が行われているかもしれません。

 その他、まぁいろいろな問題がついてまわります。
 別に、これはケータイだけでなく、
 あらゆるものがそうなんですけど。

 「何かを得る為には、それと同等の代価を必要とする」

 ケータイという魔法のアイテムを得る代価は、
 多くの人の血と汗と涙である、という話です。


 まぁ、今回のワークショップに限らず、
 国際理解教育では、だいたい

 「世界の悲惨さをいかに人ごとではなく、
  自分のこととしてとらえられるか」


 が焦点になります。

 いいかえれば、世界の悲惨な現実から逃げない、
 ってことなのでしょうか。


 自分だけが、のうのうとぬるま湯のような環境で
 過ごしていることに、
 耐え難いほどの違和感を覚える方、

 この世界はなにかおかしい、と思っている方、


 そうした方は、このワークショップを通して、
 何か新しい道を開く、きっかけになるかもしれません。


○日時等は?


・日時:9月21日(日) 13:00〜16:40

・場所:国際会議場3階 会議室2(平和公園内)


・参加費:500円(資料代)

・申込方法:

 下記メールに、氏名、連絡先を記入の上
 お申込下さい

 info.lovelove@gmail.com

 ※参加者が8名以下の場合は、ワークショップは中止


○最後に


 たいていの場合、国際理解教育では、
 世界の悲惨さを直視することを重視します。

 では、その悲惨さをどう解決するかという点に対しては、
 あまり教えてくれません。
 というより、それは自分で考えろ、ってことになります。

 問題を直視し、なおかつそこから逃げずに、
 真摯にその問題を「自分のもの」として受け止めた時、
 そこから、その問題を解決する為の、何かを始める。


 それが、NPOや市民活動団体等の「企画」の原点。
 プランナー養成講座で、講師がそんなことを言ってました。


 国際問題に限らず、ホントは、
 私たちの身の回りの現実は、いつも悲惨なもの。

 現実を見ようとせず、
 あたかもそんな現実がなかったかのように振舞う。
 
 見えるものを、見まいとすること。
 おそらく、それが「嘘」というものだと思うのです。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:38| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

映画「ファヴェーラの丘」上映会とファヴェーラ支援者の講演会!

 管理人です。

 突然ですが、皆さんは、
 「ファヴェーラ」ってご存じですか?

 ファヴェーラってのは、南米リオデジャネイロのスラム街のこと。
 スラム街ってのは、どこも危険な、暴力に満ちた街って
 イメージがありますが、
 このファヴェーラは、そんな世界のスラム街の中でも、
 信じられないほど暴力的なスラム街として知られています。

 子どもたちは、そんな中で、
 ギャングのリーダーになることを夢見て、
 いつ殺されるか分からない中で、過ごしているわけです。


 今回は、そんなファヴェーラの現状と、
 それを歌やダンスで変えようとした男を描いた
 ドキュメンタリー映画「ファヴェーラの丘」の上映会と、

 ファヴェーラの一つ、モンチアズール支援を行う、
 「モンチアズール・コミュニティ協会」の
 ウテ・クレーマーさんをお迎えしての講演会のごあんない♪



○「ファヴェーラの丘」って?


 とりあえず、公式サイトがありますんで、
 こちらをごらんください。

 
○日時等は?


・日時:9月7日(日) 13:00〜17:00

 ※映画上映 13:00〜
  講演会  14:30〜

 ※映画上映は、9月6日(土)15:10から
  「横川シネマ」でもやってます。


※地図は、こちらを参考に


・場所:海田町ひまわりプラザ
 (JR海田駅南口から徒歩15分)

・参加費:大人1,000円(小学生以下無料)

 ※横川シネマの前売券は、
 大人1,300円 学生1,000円
 (デオデオ本店か横川シネマで販売)


○最後に


 管理人が、ファヴェーラの存在を知ったのは、
 実は『修羅の門』って漫画に出てたからなんです。

 あれは、まぁなんだかんだですさまじい漫画でしたね。
 個人的には「雷(いかづち)」のインパクトが、
 非常に強かったですね。
 あれはちょっと、やりすぎですよね。

 なんのことか気になる方は、
 漫画を見てみましょう。

 
 ……って、別にNPOや市民活動団体の方向けの漫画でも、
 何でもないんですけどね。
posted by ダイリーエンジョイ at 20:55| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

欧州人形アニメーション上映・講演会のごあんない♪

 管理人です。

 先日、広島国際アニメーションフェスティバル
 ご紹介をしましたが、


 見た目のインパクトという点で、
 個人的にポイントが高かったのが、
 人形アニメーションとよばれるもの。

 人形アニメーションってのは、
 文字通り人形を少しずつ動かしながら、
 一コマずつ作っていくアニメーションのことです。
 製作には、多大な労力を必要とします。

 人形アニメで有名なのは、
 とりあえず「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」でしょうか。


 今回は、欧州人形アニメーション上映・講演会のごあんないです♪
 広島国際アニメーションフェスタが好きな人、
 人形アニメーションに関心のある方は、参加してみては?


○当日は、どういった流れになるの?


 広島市出身・在住のアニメーション作家・石井あみさんを招いて、
 欧州人形アニメーション作品上映会と、
 イギリスのスタジオ制作現場のお話しを伺うそうです。


 上映会・講演会終了後、懇親会も予定しています。
 興味のある方は、是非ご参加くださいませ。


○日時等は?

・日時:

 8月30日(土) 開場13:30/開演14:00(〜16:30終了予定)


・場所:広島国際学院大学・立町キャンパス1Fホール(定員80人)

 広島市中区基町13番7号 広島電鉄市内電車・立町駅下車すぐ
 詳細はこちらから
 

・参加費:入場料無料

 (運営費カンパとして500円程度お願いしているそうです

・詳細・申込み

 こちらからどうぞ。 


(※)参加費の表記について

 告知サイト・チラシ等でも「参加費:入場料無料」と
 記載していますが、
 運営費用に充てるため、当日受付にて
 500円程度のカンパをお願いする予定です。


 会場として大学施設を使用するため、
 営利イベント不可という規定があり、
 主催者が作る公式の広報素材には、
 「お金を取る」的な表現を掲載できない事情があります。

 ご理解くださいますようお願いいたします。


○最後に


 人形アニメーション、面白そうですね。
 博士と助手シリーズも、人形アニメーションになったら、
 それはそれで、すごいかもしれないですね。

posted by ダイリーエンジョイ at 19:12| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

ミャンマーやチベットの平和を願って… 「祈りの夕べ」ごあんない

 夏風邪に苦しむ男こと、管理人です。

 北京オリンピック、もうすぐですね。
 8月8日の開会式を楽しみにしている人も多いのでしょう。

 思えば、オリンピックに至るまでには、
 チベットの暴動で聖火リレーは荒れ、
 リレーがひと段落したら四川大地震が発生し、
 中国にとっては激動の期間だったと思います。

 また、ミャンマーのサイクロンでは、
10万人以上の死者がでました。
 ミャンマーにとって、8月8日は、
 くしくも軍事政権に対するデモで、
 3000人が亡くなってから、ちょうど20年になるんだそうです。


 いずれにせよ、これらの犠牲になった人々は、
 少数民族や貧しい人たちなど、
 「弱者」と呼ばれる人たちばかりです。

 こうした「弱者」に対して、私たちは何ができるのか?

 今回は、その解を考えるひとつのきっかけとしての
 「祈りの夕べ」のご紹介です。


○具体的には何をするの?


 講演会と平和行進と「いのり」のようです。

 講演会は、「ビルマ(ミャンマー)とチベットの現在と未来」
 講演会会場はまちづくりですが、そのあと、
 まちづくりから原爆ドームまで、平和行進を行い、

 原爆ドームで「いのり」をして終わるようです。
 原爆ドームで何をやるかは、ちょっと予測できないですが、
 仏教式に何かしらお経っぽいものを唱えたりすると思います。

 ミャンマーやチベットの問題に関心があって、
 チベット仏教とかでこの問題に
 どう取り組んでいこうとしているかに、
 関心があれば、ちょっと参加してみては?



○日時等は?


・日時:8月8日(金)

 講演会   17時〜19時
 行進    19時〜20時
 原爆ドーム 20時〜20時半


・場所:

 講演会、行進集合場所:まちづくり
 祈りの夕べ:原爆ドーム


・参加費:講演会が大人1,000円(学生以下無料)

 祈りの夕べは無料



○最後に


 「ミャンマーの支援をしたいのなら、
  ピース・ウィンズとかに寄付したらいいのではないか」

 「祈って政治的問題が解決するなら、苦労はしない」



 そんな声が聞こえそうです。
 確かに、一面ではそうだと思います。

 ただ、個人的には、この場合の「祈り」というのは、
 「『想い』の整理と方向付け」だと考えています。

 中国政府とか軍事政権とか、そのたもろもろの
 「強者」に対する「想い」をすべて謙虚に見つめ、
 その想いについて整理し、
 さらにはそれを平和とかそういった方向に方向付けする。

 それが「祈り」の持つ一つの作用だと考えています。
 そういった意味では「内省」と近いものがあるかもしれません。

 もちろん、祈りには様々な内容がありますし、
 管理人などがそれをどうこう言うのも不遜かとは思いますが、
 そう考えると、案外祈りというのも、
 弱者の弱音として唾棄すべきものでもないかとは思います。

 人間、たまにはこういった作業をしないと、
 自分の想いを客観的に見つめにくいですので。

 まぁ、みんなで集まって何かすれば、
 それだけで多少インパクトもあるでしょうしね。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:48| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

「サイクロンから3ヶ月、ミャンマーはいま」支援報告会!

 万年偏頭痛男こと、管理人です。

 最近、よく猛烈な頭痛に襲われます。
 頭痛のときは、いつも決まって、
 額に大量の発汗があります。

 それから、頭痛薬を飲んで少し休むか、
 頭痛をものともしないほど没頭せざるを得ない何かに取り組むと、
 頭痛は治っておきます。

 でも、頭痛の際は頭の中でサイクロンが、
 吹き荒れているが如しです。
 もう、なんかぐるぐるして気持ち悪い。

 
 で、サイクロンといえば、
 ミャンマーのサイクロンが記憶に新しいと思います。
 急に論理が飛躍したかも知れませんが、
 まだ頭痛が治っていないため、お許し下さい。

 5月はじめの、あのサイクロンは、
 死者、行方不明者あわせて約14万人という、
 大きな被害をもたらしました。
 現在でも、多くの方が支援を求めています。

 今回は、サイクロン後にすぐにミャンマーの支援に向かった、
 NGOピースウィンズ・ジャパンのスタッフによる、
 現地での活動報告会のごあんないです♪



○どんな支援活動を?


 それは報告会でのお・た・の・し・み♪
 …といいたいところですが、
 簡単にご紹介します。

 何でも、現地にスタッフを派遣し、
 1万世帯を対象に、調理用品、衛星用品、衣類、毛布などの
 配給を行ったそうです。


 で、そういった救援物資の中には、
 広島県が提供したビニールシート1,500枚と、
 株式会社サタケが提供した「マジックライス」13,000食が、
 含まれています。


 マジックライスは、お湯を入れるだけで
 さまざまな味のご飯を食べる事ができるスグレモノで、
 時間はかかりますが、水だけでもご飯をつくることができます。
 災害時の非常食にはうってつけです。

 「いま、ミャンマーはどうなっているの?」
 「実際のところ、現地の様子はどうだったの?」


 そういったことに関心のある方向けです!

 ちなみに、ピースウィンズ・ジャパンについては、
 こちらからどうぞ。


○日時等は?


・日時:8月2日(土) 14:00〜16:00

・場所:広島県健康福祉センター 小会議室


 ※南区役所となり。地図はこちらから

・参加費:500円(資料代として)

・定員:45名


・申込先:ピースウィンズジャパン尾道事務所

 TEL/FAX:0848-22-8899
 E-mail:pr@peace-winds.org


○最後に


 最近では、日本でも各地で地震や局地豪雨で、
 被害が発生してますね。

 こうした被害に対して「困った時はお互い様」の精神で、
 どう乗り切っていくかが問われると思います。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:11| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

8月2日に原爆ドームの向かいの川べりで「hapeace」コンサート!

 それなりに音楽と芸術を愛する男こと、管理人です。


 いや〜。それにしても「異名」ってかっこいいですよね。
 管理人も、なんかかっこいい異名で呼ばれてみたいけど、
 人から呼ばれるのを待つのも、気長すぎるので、
 今後は、気が向いたら、記事のたびに自分で異名をつけてみよう。

 やっぱり、一度は「伝説の〜」とか、「〜の虎」とか、
 呼ばれてみたいじゃないですか。
 そ、そんなことはないですか? 管理人だけ?

 で、今回の異名は「それなりに音楽と芸術を愛する男」と。
 かなり率直な異名じゃないかと。
 とくに飾りっけなしで攻めてみました。


 で、今回は、そんな
 「それなりに音楽と芸術を愛する男」も感動する、
 「hapeace」コンサートのごあんないです♪


○「hapeace」ってなに?


 別に、特定のアーティストの名前ではありません。
 「hapeace」と書いて「ハピース」と読みます。

 これは、略語でして、正式には
 「ひろしま平和芸術週間(Hiroshima Art-week for Peace)」
 とのことです。

 そんなhapeaceですが、こんな趣旨でやってます。
 以下引用。

「世界の平和の街、ひろしま。
 ひろしまの夏をみんなの平和な心と芸術でいっぱいにし、
 そして、祈りの日8月6日を迎えたいと思います。

 わたしたちは音楽や芸術がこの街に新たな風を興し、
 その風が世界中の人と人との間に
 平和と幸せをはぐくんでゆくよう強く願っています。


「"hapeace"と呼べば平和と幸せが空から舞い降りてくる...
 そんな魔法の言葉となるよう、市民全体で、
 ひろしまの文化の風を興していきたく存じます。」


 いいですねぇ。
 ぜひ、音楽と芸術を通して、
 多くの人に平和の尊さを、感じてほしいと思いますね。

 ただ、惜しむらくは、hapeaceのテーマソングがないこと。
 ぜひ、テーマソングでは、
 ポニョのテーマソングばりに「ハピース!」を
 連呼していただいて、

 広島市民の脳裏に、
 嫌でもhapeaceが焼きついてほしいと願うばかりです。

 個人的には「日本ブレイク工業社歌」ばりに、
 熱く平和への想いを歌ってほしいですね!


○当日はなにをするの?


 いや、まぁコンサートですよ。
 それ以上でも、以下でもありません。


 ちなみにテーマは、
 「ピースライト未来への明かり、そして歌おう」

 牧歌的な感じでいいですよねぇ。
 内容も、クラシックな曲が多いです。
 ロックはありません。

 で、「そして歌おう」と銘打っているくらいですので、
 最後は何曲かみんなで歌います。
 もちろん、叫んではいけません。


○日時等は?


・日時:8月2日(土曜日)18:00開演 (雨天翌日順延予定)

・場所:原爆ドーム対岸 親水テラス

・参加費:無料 

・参加者への配布物:

 hapeace歌の本、プログラム、ピースライト



○最後に


 8・6に向けて、イベントもさまざまですね。
 さまざまな手法で、平和について考えていくことが、
 大事なのだと思います。

 平和な社会をつくるというゴールにいたる道筋は、
 おそらくいくつもあるんでしょうしね。
posted by ダイリーエンジョイ at 21:49| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

演劇のイロハを学ぶ2日間ワークショップのごあんない♪

 管理人です。

 最近は、時期柄ビールとか発泡酒のCMが多いですね。
 まぁ、ビール嫌いな管理人にとっては、
 あんまり関係ないんですけど。
 でも、CMを見る分には、インパクトがあるので結構好きです。

 こんな店員がいたら、さぞかし疲れるだろうと思うCMとか、
 どう見ても、映画「シン・シティ」の手法をパクってるとしか
 思えないCMとか(白黒画面にビールだけが黄色いやつね)……

 そんなビールCM群の中で、個人的にインパクトが強かったのは、
 蜷川幸雄さんが出てるキリンビールのCM。

 「泣け! 泣くんだよ!」

 そんなんで泣ければ苦労はしねぇ!

 なんて思わず突っ込みたくなります。

 キャッチコピーも
 「ひとは熱い。頭を冷やせ」でしたっけ?


 まぁ、いずれにせよ、
 舞台に携わるひとは、熱い人が多いんでしょうかね。
 う〜ん。舞台演劇の魅力って、なんだろ?

 今回は、そんな演劇について学ぶ、
 2日間の演劇ワークショップのごあんないです♪


 
○ワークショップの内容は?


 「演劇の楽しみ方」「舞台でしかできない表現」
 「演劇の本質」といった、

 ちょっととっつきにくい内容を、
 わかりやすく学ぶ講座になりそうです。

 このワークショップが終わる頃には、
 「良い演劇」と「そうでない演劇」の違いが、
 明確になっているはずです!


○日時等は?


・日時:

 8月 9日(土) 14:00〜19:00
 8月10日(日) 13:00〜18:00


・場所:広島市東区民文化センター 2階ギャラリー

・参加費:一般3,000円 高校生以下2,500円


 ※2日間通しての値段

・定員:30名(参加資格なし。演劇初心者歓迎)

・申し込み方法

 こちらのホームページから、お申し込み下さい
 
 
○最後に


 個人的には、このワークショップ参加希望者には、
 「俺もまぜてくれよ〜!」と叫びながら、
 会場に入ってほしいですね!


 もう、これで他の参加者とかのハートを、
 ぐっとつかむこと間違いなし!

 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:54| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

「水木しげるの妖怪道五十三次」展示会のごあんない♪

 管理人です。

 最近は、なんだかんだで、全然映画館に行ってません。
 インディジョーンズも見に行ってないしなぁ。
 でも、映画情報だけは、そこそこチェックしています。

 で、今話題の映画といえば、とりあえず
 「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」でしょうか。


 今でこそ、ストーリーはほとんど分かってますが、
 当初この映画の構想が世に出た頃は、映画タイトルと、
 「韓流妖怪が登場!?」とか
 断片的な情報しか分からないわけですよ。

 呪い歌で韓流といえば、
 
 「今回は、妖怪ぬっぺらぼうの話か!?」

 と予測していたのですが、
 絶望的なくらいにはずれてましたね。

 
 実は、管理人は、ちょっと鬼太郎ファンだったりします。
 そんなわけで、今回は、管理人の独断と偏見で、

 「水木しげるの妖怪道五十三次」展示会のごあんないです♪


○妖怪道五十三次ってなに?


 まぁ、東海道五十三次のパクリです。 あの絵の雰囲気に合わせて、
 いろんな妖怪たちが跳梁跋扈している絵ってことです。

 個人的には、以前から全部を見てみたかったのですが、
 今回がそのチャンスってことになります。

くわしくはこちらから


○展示期間・交通アクセス等は?


・期間:7/19(土)〜8/31(日)

・開館時間:9時〜17時(入場は16:30まで)

・場所:広島市郷土資料館


 ※アクセスは、こちらからどうぞ

・入館料:大人100円 子ども50円
※駐車場が少ないので、公共交通機関をご利用下さい


○最後に


 鬼太郎とかのマンガやアニメ、ゲームとか、
 あるいはその原作とかをひっくるめて、
 「コンテンツ」というふうに言ったりします。

 また、そうしたコンテンツに携わる産業を
 「コンテンツ産業」というふうに呼びます。

 その定義は、非常にめんどいのですが、
 とにもかくにも、今後社会に何らかの影響を与えていく際に、
 こうした「コンテンツ」を有効に活用していければ、
 相当の影響を与えられる気がします。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 20:38| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

「千羽パネル」プロジェクトご支援のおねがい 〜地球の延命と平和への思いを願って〜

 管理人です。

 サミット終わりましたね。
 まぁ、いろいろと批判はありましたね。

 サミットに多額のお金を使うくらいなら、
 そのお金で具体的な別のプロジェクトを
 やった方がよかったんじゃないかとか。

 結局、具体的な合意にまでは至らなかったとか。
 国家間の利害調整が難しいとか。

 まぁ、いろいろありますよね。


 しかし、結果がどうあれ、
 私たちの生活レベルでは、今後もさらに
 エコな生活に取り組んでいく必要があるわけです。

 エコな生活といっても、いろいろありますけど、
 その一つに「代換エネルギーの使用」があります。
 CO2を出さないエネルギーですね。
 代表的なのが、太陽光発電。

 
 今回ご紹介するのは、
 そんな太陽光発電にあやかった
 「千羽パネルプロジェクト」のご紹介です♪



○「千羽パネルプロジェクト」って?


 簡単にいってしまえば、
 小さなソーラーパネルを1,000個作って設置しよう、
 ってプロジェクトです。


 作ったソーラーパネルは、管理人の家、
 もとい広島平和記念資料館の屋上に設置し、
 消費電力の一部に使っていただこうというわけです。
 照明分くらいになればいいですね。

 じゃ、このプロジェクトのねらいは何なのか?
 ソーラーパネルの売り込みか?

 というわけではないようです。
 以下、チラシの文言をもとにみていきましょう。

 「環境のこと、エネルギーのこと、
  そして平和のことの根っこはすべて同じ」

 おそらく、この場合の根っこってのは、
 人間の心なんでしょうね。
 あとは、原子力反対が暗に含まれている、というのは
 ちょっとうがった考え方でしょうか。

 「私達は今、地球の延命と平和への思いを
  千枚のソーラーパネルに託し、
  平和都市広島にふさわしい、
  自然エネルギーの活用を夢見ています」

 う〜ん。平和都市広島と、自然エネルギーを連結させるのは、
 どうしても「核を使用してません」ってことに
なりそうなんだけれど、
 そういうことなんだろうか?

 まぁ、それはそれで、広島の宣伝文句としては、
 ありだと思いますけどね。


 というわけで、太陽光発電にちょっと興味のある方、
 自然エネルギーの使用によって平和を作りたいと思う方は、
 プロジェクトに参加してみては?



○どうやって参加するの?


 厳密に言えば、まだ参加方法は検討中のようです。
 ですが、今のところ出ている案は……

A.寄付金を募る:一口10,000円から
B.ソーラーパネル製作に参加(参加費5,000円)
  概算で、1枚のパネルを8人で作る計算になるのだそう
  完成したパネルに、自分の名前を刻むことができます。


 A、Bどちらでも、記念Tシャツをプレゼント予定


 これ以外でも、「こういった参加方法はいいのではないか?」
 というのがあれば、提案してみては?

※問い合わせ先

 ・国際NGOソーラーネット
  E-mail:tt8k-skri@asahi-net.or.jp

 ・グローイングピース
  E-mail:growing_peace@ybb.ne.jp
posted by ダイリーエンジョイ at 19:36| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

京橋川での草刈り&カヌー乗船イベントのサポートボランティア募集!

 管理人です。

 最近は、結構暑くなってきましたね。
 でも、まだまだ
 「暑いぜ暑いぜ暑くて死ぬぜ」な領域ではないかなと。

 暑い時は、クーラーをガンガンに効かせるのも
 ありかもしれませんが、
 環境の事とか電気代とかを考えると、
 もう少し違う方法も採用すべきかと。

 プールで泳いだりとかもありますが、
 川でたわむれるのも、ありかもしれません。

 せっかく広島は市内いたるところに川があるわけですから、
 川でなにもしないのは、もったいないかもしれません。


 そんなわけで、今回は、
 京橋川を舞台にした河川整備、川遊びイベント、
 「アシ原で遊ぼう・学ぼうin白島」夏編の
 サポートスタッフ募集のごあんないです♪



○だいたい、何をするイベントなの?


 葦(あし)を刈って船をつくったり、
 カヌーに乗ったり、
 雑草を刈って川を清掃したり、
 干潟を観察したり、
 被爆桜の施肥などを行うようです。


 人間は考える葦である、などと
 誰かが言った気がしますが、
 この機会に、川についていろいろと、
 楽しみながら考えていただければと思います。

 で、サポートスタッフとしては、
 のぼりの設置・カヌー乗船の介助・監視員
 カフェ・被爆桜肥料や草刈りの指導になります。


 スタッフとして参加した特典(?)としては、
 昼食の冷た〜い、そうめんと、
 疲れが取れる甘〜い、べっ甲飴付きです。
 (カヌーも乗れるそうですよ)

 できれば、元気のいい学生のお手伝いを
 希望されているようです。



○日時等は?


・日時:7月26日(土)

 ※スタッフは8時15分集合〜15:00

・場所:京橋川右岸、白島九軒町側の白潮公園(駐車場有ります)


 ※参考地図はこちらから


・持参物:

 脱水症予防の飲み物、帽子、タオル、
 あれば軍手か手袋、カヌー乗る人着替え


・申込み&問い合わせ:山本 meisouen@ms6.megaegg.neまで


○最後に


 イベント本番は7月末。
 くれぐれも、熱中症には、気をつけてください。

 熱中症対策については、
 こちらのページをごらんください。

posted by ダイリーエンジョイ at 19:20| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

最近流行りの「蟹工船」を映画で見よう!

 管理人です。

 サミットでも話題になってますが、
 最近は、原油、食糧の高騰が著しいですな。
 特に原油。もう、車に乗る気になれません。

 でも、そんな中で給料が上がるわけがなく、
 生活は厳しくなる一方です。

 特に「ワーキングプア」と呼ばれる、
 働いても働いても、暮らしが全然楽にならない人々、
 (特に若者層)にとっては、深刻な事態です。

 かくゆう管理人も、
 毎月ホントにギリギリで生活している身分。
 重病等の異変があったら、もうアウトです。


 そんな世相を反映してでしょうか。
 小林多喜二の『蟹工船』が最近ブームなのだそう。
 
 もう、『蟹工船』ならぬ「蟹光線」とかいって、
 子どもたちの笑いのネタにされるような、
 過去の作品ではないわけです。

 そのあたりの詳細は、こちらをご覧ください。


 今回は、そんな蟹工船を映画にした、
 特別上映会のごあんないです♪



○「蟹工船」って映画になったの?


 とはいえ、別に最近作られたわけではありません

 別に織田裕二とか柴崎コウとかが出てるわけではありません。
 監督は三谷幸喜ではありません。

 製作は1953年。相当古いですね。
 管理人は、このときまだ生まれてもいません。
 というより、うちの親すらも生まれていません。

 ですので、もちろん白黒映画。
 音声的にも、ちょっと途切れているところがあるかもしれません。

 でも、内容は蟹工船ですので(当たり前ですけど)、
 心に響くものが、あるのではないかと思います。


○日時等は?


・日時:

 7月26日(土) 16:30〜
 7月27日(日) 13:00〜


 ※27日のみ、上映後にトークセッション「現代の蟹工」が
 行われるようです。


・場所:横川シネマ!!

 ※アクセスはこちらから

料金:前売1,000円、当日1,300円

 ※前売チケット取り扱い

 ・横川シネマ!!
 ・フタバ図書横川店、八丁堀店、MEGA祇園中筋店
 ・デオデオ本店プレイガイド
 ・福屋広島駅前チケットサロン


○最後に


 「貧困の克服」というテーマに際して、
 どのようなアプローチを採用するのか。

 これは、ワーキングプアに苦しむ人々のみならず、
 発展途上国の人々についても、同じことがいえます。
 (もちろん、アプローチの方法は変わってくるでしょうが)

 「所得の平等」という、壮大な社会実験が失敗に終わった今、
 少ないパイの中で、打開策を編み出していかなくてはいけません。
 資源が有限である以上、パイを無制限に広げることは、
 難しいわけですから。

 
 あと、こうした現状の中で
 「働くということ」というテーマも、
 見直されるかもしれませんね。
 
 私たちは、「働くことを通しての自己実現」を
 願って生きていますが、
 ホントにそうなのか?
 労働そのものに、意味がないとしたら?

 そうした意味では、今後は「蟹工船」に並んで、
 ハンナ・アーレントの『人間の条件』なども、
 再脚光を浴びてくるかもしれません。

 
タグ:蟹工船
posted by ダイリーエンジョイ at 18:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

平和公園内に平和願い白の芸術を! 「ホワイトプロジェクト」ボランティア募集!

 管理人です。

 先日も書きましたが、
 やはりこの時期、「8・6」に向けて、
 平和を願うイベントが続々広島で行われます。

 今回は、そのうちの一つ、
 「ホワイトプロジェクト」の
 ボランティアのごあんないです♪



○ホワイトプロジェクトって?


 ホワイトプロジェクトは
 多くの国の平和を愛する人々の参加
 によって行われるアートプロジェクトです。

 ホワイト(白)を恒久平和の象徴とし、
 アート作品(白いインスタレーション)に
 広島からの平和メッセージを託し、
 広く世界に発信しようというものです。

 2001年インスタレーションでは広島平和記念公園の
 北太田川上空に白いリボンを配置してました。
 
 2002年から毎年広島平和記念公園内で
 ホワイトプロジェクトを行っています。


○ボランティアって、何をやるの?


 2008年は、白い風船をヘリウムでふくらませて、
 それを多数ひもにくくりつけて、
 原爆ドームのある元安川で
 並べてみようというわけです。


 つまり、ボランティアとしては、
 白い風船をふくらませて、
 それをひもにくくりつける
 手伝いをすることになります。


 詳しいことを知りたい方は、
 事前説明会が行われますので、そちらにご参加ください。


○日時等の詳細は?


1.事前説明会

・日時

 7月13日(日) 13:00〜17:00
 7月19日(土) 16:00〜19:00
 7月21日(月) 13:00〜17:00


・場所:広島国際会議場3階 研修室3
(広島平和公園内)



2.本番

・日時 7月27日(日) 9:00〜17:00

・場所 原爆ドーム近くの元安川


※詳細は、こちらからどうぞ


○最後に


 どうでもいいんですが、
 7月5日は、管理人らの結婚記念日でした

 家庭の恒久平和を願って、
 白い風船でもふくらませたら、
 ネタ的には面白いのかもしれませんけど、
 めんどくさいので、やめました。

 当日は、ちょっと合間に別のことをしてたりしましたが、
 夕食くらいは、ちょっと豪華にいこうかと思い、
 カミさんに外食を提案。

 管理人:

 「せっかくだし、今日は外で食べようと思うけど、
  どこで食べたい?」

 カミさん:「半田屋」

 管理人:「……いや、もう少し落ち着いた雰囲気のとことか…」

 カミさん:「半田屋」

 管理人:「……」


 というわけで、結婚記念日の夕食は、
 半田屋にいくことになりました。

 2人で腹一杯食べて、約1,500円。
 半田屋ばんざい。

 皆さまも、家族や身近な人を、お大事に…… 
 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:12| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。