2008年12月03日

音楽・芸術等の活動をしている団体向け! 平成21年度上記文化活動助成事業のごあんない♪


 管理人です。

 最近、個人的に何かが不足している気がしています。
 別にビタミンとかカルシウムとかではありません。
 (不足しているかもしれませんが…)

 そんなこんなでいろいろ考えてると、
 ふと思ったのが、

 「そうだ、最近映画をろくに観に行ってないや」

 映画館で映画を見る楽しみが、
 最近なくなってましたね。

 とはいえ、個人的に、そんなに今見たい映画がないというのが、
 正直なところです。

 あの、映画『レッドクリフ』も、個人的には、

・監督がジョン・ウーということで、ハトと二丁拳銃が出てくる
・孔明が目からビームを出すくらいの無茶をやってのける

 くらいの展開があれば、観に行こうかとも思いましたが、
 どうやら、全然そんなこともなさそうです。

 もうすぐ、キアヌ・リーブス主演の
 『地球が静止する日』がありますが、
 個人的には、たぶん見にいかないかと。

 それにしても、タイトルといい、
 黒い巨大球体が出てくることといい、

 アニメ『ジャイアントロボ』を連想してしまうのは、
 管理人だけではあるまい。
 ま、ピンと来ないほうが健全に生きている証拠です。

 邦画のほうでも、
 アクション大好きの管理人としては、
 あまり引っかかるところが少ないですね。

 なんか『ラブファイト』とかいう、
 壮絶なボクシング映画があるそうですけどね。

 ボクシング漫画の金字塔『はじめの一歩』でいえば、
 間柴 VS 沢村のごとき試合が展開されるのでしょう。
 たぶん。
 (やっぱり、ピンと来ないほうが健全な証拠です)


 ま、どうでもいい映画ヨタ話はおいとくとして、
 人間、やっぱり映画や音楽とかの芸術・文化活動には、
 常にふれていた方がいいと、思うのです。

 そんなわけで、今回は、
 芸術・文化活動を実施している団体向けの
 「平成21年度上記文化活動助成事業」のごあんないです♪



○助成の詳細は?


 助成の対象となる事業は、

 音楽、美術、演劇、民俗芸能等の文化活動を行っている
 団体又は個人が行う日頃の活動の成果を発表する事業
(出版物の発行は除く)で、
 次に掲げる要件に該当するものとなります。

1 事業が広島市内で開催され、広く市民に公開されること。
2 非営利の事業であること。
3 政治又は宗教活動と関わりのない事業であること。


 助成額については、
 助成の対象となる経費の2分の1以内で、
 1件の助成の額を20万円以内とします。

 
※助成の対象となる経費…印刷費、会場使用料、舞台(会場)設営費

 詳しくは、こちらをごらんください。

 申込書は、こちらからダウンロードしてください。


 応募期間は、
 2008年12月1日〜28日までです。


 持参または郵送のみ受付ですので、お気をつけて……


○最後に


 ボクシングといえば、
 最近ちらっとNHK『だんだん』を見たら、

 なんか主人公のおやっさんが、
 ボクシングの練習してましたね。

 個人的には、おやっさんには、
 ハートブレイクショットくらいを、
 決め技で放ってほしいところですが、
 それは管理人の妄想でとどめておきましょう。

 ハートブレイクショットは、
 素人がむやみにやっていると、
 ホントに危ないので、
 絶対に遊びでやらないでくださいね。


 ま、知らなけりゃ、やりようがないですが。

posted by ダイリーエンジョイ at 18:52| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

世界人権宣言60周年記念! 平岡前広島市長講演会のごあんない♪

 管理人です。

 皆さまは、先日の3連休は、
 どのように過ごされましたか?

 個人的には、こたつを取り出し、
 ストーブを取り出し、
 冬対策を整えたりしてたら、
 3日間が過ぎてしまいました。

 こう、お外もおさいふも寒いと、
 あまり外に出たくなくなるってもんです。

 そんなわけで、けっこうテレビ見て過ごしてましたが、
 長崎生まれの管理人としては、列福式の様子が、
 ちょっと心にとまるものがありました。

 ふつうはバチカンで行われる列福式が、
 日本で初めて行われてるということで、
 けっこう話題になってましたね。

 列福(ラテン語:Beatificatio)ってのは、
 キリスト教、カトリック教会において
 徳と聖性が認められ、聖人(Saint)に次ぐ
 福者(Beato)の地位にあげられることをいうそうです。

 
 現在は、信教の自由というのが、
 この日本でも、法的には保障されています。
(でも、たいていの場合、周りの目は冷たくなるケースが、
 多いような気がしますが)

 信教の自由も含め、
 人が人として持つ権利のことを、
 「人権」というわけですが、

 今年は、1948年12月10日に、
 国連総会で世界人権宣言が採択されてから、
 ちょうど60年になります。


 
 今回は、せっかくの60周年ということで、
 平岡前広島市長による講演会のごあんないです♪


 グローバリゼーションとか、格差社会とか、
 テロや戦争とか、
 なんだかんだで人権が踏みにじられやすい世の中だからこそ、
 あえてこういったことを考えるのも、
 意味はあると思います。


○日時等は?


・日時:2008年12月10日(水) 18:30〜

・場所:広島市まちづくり市民交流プラザ

・参加費:500円(資料代)



○最後に


「信仰とは望んでいる事柄を確信することであり、
 まだ見ぬものを確認することである」


 〜ヘブル人への手紙十一章一節

 などといわれます。

 社会の問題を解決しようとする人は、
 おそらく同様に、望んでいる事柄を確信して、
 まだ見ぬものを確認するために、
 現実に接しているのだと、思います。


 長崎の多くの聖人や、今回の列福者が確信した事柄、
 それどのようなものであったかは、
 推し量る事はできませんが、

 ただ、その確信した事柄を抱いて、
 現実に成した様々な献身的行為をみるにつけ、
 管理人個人としては、
 常に襟を正される思いです。

 列福者たちの歩みに、
 畏敬と感謝の思いを込めて。
posted by ダイリーエンジョイ at 20:36| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

「あなたもこの世界を変えることができる!」カンボジア支援を行う青年社会起業家の講演会!

 管理人です。

 最近は、急激に寒くなりましたね。
 インフルエンザも猛威をふるっているようですし、
 体には気をつけなければ。

 まぁ、この2008年も、
 あと1ヶ月あまり。
 思えば、2008年もあっというまだったなぁ。

 最近は、そんな中で、
 いろいろと考えることがあるんですが、
 その中の一つが、来年度からのP-SONIC。

 P-SONICのウィークポイントは、 
 それこそ、たっくさんあるんですが、
 かなり致命的だと思うのが、

 「青年社会起業家サポートグループ」とかいいながら、
 社会起業家とのコネがないこと。
 
 そもそも、広島に、社会起業家がどれだけいるのか?
 また、社会起業家を自称している人がどれだけいるか?
 そういったことも、正直わかりません。
 かなり恥ずかしいんですが、あえて告白します。

 NPOの中で、社会企業といってもいいほどの
 規模を広島で持っているのは、

 管理人が知る限りでは、NPOコーチズくらいです。

 でも、コーチズの方々が、社会起業家を自称しているとは、
 聞いたことがないですけど。

 
 そんなわけで、個人的にも、一度は「社会起業家」として、
 活動される方に、お会いしたいと思ってましたし、

 また、そのように思っておられる方も、
 多いのではないかと思います。


 そんな中、朗報が飛び込んできました!
 今回は、国際理解、国際協力分野で、
 社会起業家として活動されている、

 「NPO法人・かものはしプロジェクト」の
 可部州彦(かべ・くにひこ)さんをお招きしての、
 講演会のごあんないです!



○「かものはしプロジェクト」とは?


 カンボジアの児童買春問題に取り組む、NPOです。

 児童買春の背景に、農村の貧困があることに気づき、
 その解決のために、農村で民芸品工房を設立。
 
 また、工房の運営のために、
 日本のIT事業部やサポーター事業部で、
 ビジネスモデルを立ち上げ、
 資金を集めています。

 詳しくは、こちらをどうぞ。


○講演の内容は?


 ま、かものはしプロジェクトの紹介だろうと思うんですが、
 講演のタイトルが、個人的には大好きです。

 「あなたもこの世界を変えることができる!」

 というのも、国際理解教育とかの分野では、
 ほとんどが現状の理解に終始していて
 (もちろん、それも非常に大切ですが)

 では、どうやったら、その現状を変えられるかは、
 「あなたが考えて」といった結論になりがちだからです。
 
 あとは「環境に配慮して」とかの
 ライフスタイル論で終わりがち。
 (もちろん、ライフスタイルの変革も重要ですが)

 管理人は、個人的には、
 それだけではなくて、

 どのようにすれば、世界は変えられるのか。
 また、具体的に世界が変わった事例。

 そういったものを、特に子どもたち、青年たちに、
 見せてあげたいと、以前から思っていました。


○日時等は?


・日時:2008年12月14日(日) 14:00〜16:00

・場所:アステールプラザ 7階研修室

・参加費:無料


・対象:

 15〜30歳までの国際交流に興味がある青年 広島市内の国際交流関係の団体で活動している方

・定員:50名

・申込方法:12月10日(金)までに、

 下記連絡先に、参加したい旨をお伝えください。

 TEL:082-244-8000 FAX:082-246-5808
 E-mail:hiyv@hiyv.pr.arena.ne.jp


 担当:加藤


○最後に


 P-SONICも、2009年度までには、
 もう少しいろいろと整理と変革を
 していきたいと考えています。

 現在は、その構想を練っている途中です。
  
posted by ダイリーエンジョイ at 19:33| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

市民活動にちょっと関心のある若者を育成する「市民活動マインド養成塾」・若者受け入れ団体募集!

 管理人です。

 今回は、市民活動にちょっと関心のある若者を育成する、
 「市民活動マインド養成塾」で、

 若者を受け入れてくれる団体募集のごあんない!



○「市民活動マインド養成塾」って?


 この事業は、市民活動に関心を持つ、
 若年層(概ね18 歳〜35 歳)の男女が、
 実際に市民活動団体で一定期間活動することで、

 市民活動マインド(活動の意義やノウハウ、取り組む心意気)
を学び、
 今回の活動以降も継続して市民活動へ参画できるよう、

 市民活動団体が彼(彼女)らを受け入れ育てていく
 というものです。

 ま、将来的に広島の市民活動を担う人材を
 育成しようというわけです。


 これは、
「平成20年度公益信託広島市まちづくり活動支援基金助成事業」
 となっています。
 以前、P-SONICも申請して、書類審査で落ちたやつです。

 主催は、ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
(以下、HEART to HEART)
 
 

 P-SONIC的に言えば、

「社会の問題を自分たちの手で解決しようと
 考え、行動する若者を育成するための塾」


 といったニュアンスになるかと思います。


○受け入れって、具体的にどうするの?


 受け入れ期間は、
 2008年12月〜2009年3月まで。


 この期間中に、
 原則として合計80時間〜100時間程度、
 塾への参加者(塾生)と一緒に、
 何らかの活動をすることになります。


 原則、1団体につき1名です。
 (場合によって2名)

 あとは、業務日誌(ワークシート)をやりとりしたり、
 「フォローアップ研修」があったりと、
 活動やりっ放しではなく、
 あくまで教育を重視していきます。

 詳細は、こちらから


 なお、P-SONICも、2月のフォローアップ研修に
 スタッフで関わる予定です。



○「若者を受け入れたい!」という団体は……


1.下記ページから「受け入れ団体シート」をダウンロードし、
  それを記載して下さい

 
 書き方のサンプルもあります。

http://blog.canpan.info/heart-to-heart/archive/65

2.それを、HEART to HEARTまでFAXかメール

 FAX:082-299-5181
 E-mail:heart-to-heart@mbr.nifty.com



○受け入れっても、大変そう……


 確かに、人を育てるということは、
 かなり大変なことではあります。

 しかし、意識して人を育てる経験をしておくと、
 今後の団体の活動に、
 相当のプラス効果が期待できます。


 結局、組織の土台は「人」ですからね。


 また、テキスト代とか、予想される
 様々な教育のための費用は、

 最大4万円、支給されます!


○最後に


 この塾を通して、
 塾生たちが、市民活動というか、
 社会を良くするために、自分たちにできることがある!

 そんな想いを、強めてほしいと願っています。

 そう考えると、受け入れ団体の責任は、
 決して小さくはないのですが、
 あまりそんなことを言っていると、
 申込がなくなりそうですので、やめておきます。
posted by ダイリーエンジョイ at 20:32| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

「ひろしまの森づくりシンポジウム」のごあんない♪

 管理人です。

 今週末から、3連休ですね。
 皆さまは、どのように過ごされますか?

11/23は勤労感謝の日ですので、
 日ごろの疲れを癒すのもオススメです。
 
 疲れを癒すといえば、
 昼まで爆睡してみたりとか、
 温泉にいくというのもアリですが、

 運動もかねて森林浴というのも、
 ありかと思います。

 
 で、森林浴に行く前後に、
 広島の森の現状について学習してから行くと、
 理解や思い入れが深まると思いますので、

 今回は、

 「ひろしまの森づくりシンポジウム」の
 ごあんないです♪



○森づくりって、なにしてるの?


 文字通り、荒れた森の再生です。
 森が荒れる原因は、いろいろあるんですけどね。
 (たいていは、人間がからんでいるんですが)

 今回のシンポジウムでは、
 荒れた森を再生させようと取り組んできた、
 様々な立場の方のお話を聞いてみることで、
 
 森に対する理解を深めてもらうことを、
 その目的にしています。

 また、森を舞台にした環境教育などの
 取り組みについての発表もあります。


○日時等は?


・日時:2008年11月30日 13:00〜16:30

・場所:広島国際会議場 B2F「ヒマワリ」

・参加費:無料

 ※事前申し込みは不要です。  



○最後に


 森林浴は身体にいいと話しましたが、
 この時期、森の中はとても寒くなっていると思います。

 服装に気をつけていただき、
 森林浴に行って風邪を引くようなことが
 ないように願います。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 23:44| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

「国際人道法ワークショップ」のごあんない♪

 管理人です。

 最近、ソマリア沖で海賊が出没するということで、
 話題になっていますね。
 
 海賊ってのは、別に大航海時代の遺物でもなく、
 ましてや、某漫画の中にのみ登場するものでもなく、
 現実に、今なお存在するわけです。

 海賊たちの目的は、べつに海賊王になりたいわけでもなく、
 やっぱり物資の略奪だったりします。

 このような海賊行為が許されるわけもないのですが、
 ソマリアという国は、今なお紛争の絶えない地帯です。
 なんといっても、ソマリアには日本大使館はありません。
 
 つまり、日本国としては、ソマリアを「国」とみなしていない、
 あるいは、みなすことができないわけです。
 それほど、危険な地帯だということです。


 そのような紛争状態にあって、
 それでもなお、守られるべき人間の尊厳をうたっているのが、
 「国際人道法」と呼ばれます。

 詳細な定義等は、こちらから。


  今回は、そのような国際人道法や、
 日常生活での人道について学ぶワークショップ
 「国際人道法ワークショップ」のごあんないです♪


 人間として、最低限守られるべき人道とは何か?
 世界で行われている惨事に対し、法はどのような意味を持つか?

 そんなテーマを真正面から取り上げる、
 かなり真面目なワークショップです。


○日時等は?


・日時:2008年11月30日(日) 13:00〜16:00

・場所:広島国際会議場3F 研修室3

・参加費:500円


・申込方法:11月22日(土)までに

 下記E-mailアドレスに、お申込ください

 kyoikujuku_hiroshima@yahoo.co.jp


○最後に


 歴史を俯瞰すると、外国との戦争(対外戦)よりも、
 国内戦のほうが、はるかに人道的に見て、
 悲惨な状況になることが多いです。

 民族紛争は、もともと一つの国だったのが、
 分断したケースが多く、
 その意味でも国内戦の範疇に入ります。

 民族紛争を考えるとイメージしやすいように、
 そういった戦争は、敗者が許されることはなく、
 たいてい皆殺しになってしまいます。


 そういった国内戦の本質の中で、
 国際人道法が、どれだけの抑止力を保てるか。

 戦争が終わってから、戦犯を裁いていると、
 たいてい手遅れになっているので、
 国際人道法に違反した行為があった場合、

 どのように早期に手を打つことができるのか。
 そこが問われていると思います。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 20:01| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

食を通して環境を考える! ハート・サロンのごあんない♪

 管理人です。

 秋は食欲の秋といいますが、
 最近は寒くなってますから、
 そろそろ鍋物がおいしい時期ですね。

 鍋物といえば肉! といいたいところですが、
 野菜があってこそ、肉が引き立つというもの。
 やっぱり、鍋物には、野菜にも気をつかいたいところ。

 でも、最近は、野菜もそうなんですが、
 食全般において、安全性が問われてますよね。
 うっかり基準量以上の農薬入り野菜とかを食べたら、
 もはや鍋どころではないですからねぇ。


 そう考えると「食」と「環境」というのは、
 実は密接に結びついていることが分かります。

 今回は、「食と環境」をテーマに、
 私たち市民のありかたを気軽に語らいあう
 ハート・サロンのごあんないです♪



○どんなことについて語らいあうの?


 ハート・サロンっていうくらいですから、
 サロン形式で語り合うわけです。

 ハート・サロンについては、
 昔取り上げましたが、
 くわしくは、こちらをどうぞ。


 で、今回の「食と環境」というテーマ。
 これ、連続企画のようです。

 第1回となる今回は、
 「ファーマーズ・マーケット」


 どうも、米国シアトルで展開されている、
 大規模な野菜市場のようです。

 アメリカのファーマーズ・マーケットの詳細は、
 こちらをどうぞ。

 地産地消とか、オーガニック(有機野菜)とか、
 そういったものが、どうも話しのタネになりそうです。

 
 サロンの後半には、そうした地産の無農薬野菜を、
 味わう場が設けられるそうです。



○日時等は?


・日時:2008年11月20日(木)18:30〜21:30(ぐらい)

・場所:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART


(会場案内はこちら


・話題提供者:葛原 生子さん(ファーマーズ・マーケット愛好家)

・参加費:1,000円(飲食・資料代含む)

・申込方法:

 チラシにある申込書をFAXにてお送りいただくか、
 チラシの記載事項をEメールでお送りください。

 チラシは、こちらからどうぞ。

 TEL (082) 299-5182 FAX (082) 299-5181
 E-mail heart-to-heart@mbr.nifty.com



○最後に


 最近、ウチのカミさんが、ポトフにはまってます。
 ポトフは、野菜を味わうための、
 シンプルかつ究極な料理かもしれません。
posted by ダイリーエンジョイ at 20:34| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

ファシリテーショングラフィックに関心のある方向け! 学びのファシリテーション講座のごあんない♪

 管理人です。

 今回は「学びのファシリテーション講座」
 第2回のごあんないです♪


 第1回は、夏にやってました。
 こちらをどうぞ。


○「ファシリテーショングラフィック」って?


 「ファシリテーション」ってのは、
 もともと「促進する」とか、そんな意味があります。


 このvisageブログをいつもご覧の方にとっては、
 いまさらながらの感があるかと思います。
 (そんな人がいるのかは分かりませんが)

 では「促進する」って、何を促進するのか!?
 一般にファシリテーションが用いられる場の場合

・自由な意見を出し合えることを促進する
・話し合い、意見交換がスムーズに進むよう促進する
・発言の整理を促進する


 ま、だいたいこういったものを、促進するのが
 ファシリテーションだといえます。

 このうち「発言の整理」のために用いられるのが、
 ファシリテーショングラフィックです。


 一般的に用いられやすいのが、
 KJ法によるファシリテーショングラフィックです。

 KJ法については、P-SONICのページでも紹介してますんで、
 こちらからどうぞ。

 でも、ホントは、
 ファシリテーショングラフィックは、
 もう少し奥が深いんです。

 講師の方は、ファシリテーショングラフィックが、
 得意分野だそうですので、
 関心のある方は、参加してみては?


○日時等は?


・日時:2008年12月7日(日) 9:00〜17:00

・場所:広島市青少年センター


・対象:

 「○○教育」などの学びの場を
 作っている人、作りたい人

・定員:20名

 12名以下の場合、中止

・参加費

 一般:7,500円
 学生:3,000円


・申込方法

 下記E-mailに、お申込下さい
 環境教育事務所Leaf 担当:河野宛

 info@4leaves.jp

 詳細はこちらから


○最後に


 ま、それにしても、
 ファシリテーションって、
 ホントに難しいですね。

 最もやりやすいのは、
 外部から「ファシリテーター」とかいう肩書きの方を、
 招いて話し合い等を行う場合。


 この場合だと、ファシリテーターのやり方に、
 ある程度は納得してくれますからね。

 もちろん、それでも、難しいんですけど。


 最も難しいのが、組織内部で、
 あまり立場の強くない人が、
 ファシリテーションの風土が根付いていない中で
 話し合い等を行う場合。

 ま、この場合は、ほぼ間違いなく、
 うまくいきません。

 個人的には、組織内部で
 「ファシリテーション的な話し合い」とかを
 しようと思ったら、

1.組織内部で「ファシリテーションとは何か」を浸透させる

2.なるべく、組織の中で権限がある人がファシリテーター
 (理想は代表ではなく、No.2くらい)


 この2つが、最低限必要なのではないかと思います。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:40| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

「広島市青少年健全育成市民大会」のごあんない♪

 管理人です。

 11月も、もう三分の一が過ぎました。
 これから、一気に冬モードに突入の予感です。
 最近は、朝と夜はホントに寒いですね。
 
 そういえば、11月は
 「全国青少年健全育成強調月間」なんだそうです。


 別に、管理人が勝手に言っているわけではなく、
 内閣府が決めたものです。

 もう、ひらがなとかが出てこない時点で、
 かなりおカタイ感じですね。
 
 全国青少年健全育成強調月間、
 通称「なえぎマンスリー」とかにしたら、
 まだとっつきやすい気がするんですけど。

 マンスリーということで、
 イメージキャラクターは、
 藤原紀香なんてどうだろう!?

 ま、そんなことやっていると、
 税金の無駄遣いとか、言われそうですけど。

 しかし、青少年の健全育成は、
 現在、特に深刻ですよね。

 子どもの安全
 児童虐待
 ネット社会

 ……数え上げれば、まだまだたくさんあります。

 そうした問題に対して、
 大人はいったい何ができるのか?

 今回は、そうしたことを考える上で役立つ
 「広島市青少年健全育成市民大会」のごあんないです♪


 (これも、おカタいタイトルですよねぇ)


○どんな内容?


 ま、健全育成に貢献した人や団体の表彰とか、
 地域における子どもの安全を守る活動事例とか、
 「青少年問題と大人の責任」と題しての講演会とか、


 そんな内容になりそうです。
 くわしくは、こちらをどうぞ。


○日時等は?


・日時:2008年年11月22日(土) 13:30〜16:30

・場所:広島市青少年センターホール


 広島市民球場(旧)のとなり

※参加にあたっての申し込みなどはありません。
 ご自由にご参加ください。
 入場は無料です。 手話通訳を行います。



○最後に


 内閣府の「全国青少年健全育成強調月間」
 についてはこちら

 実は、イメージキャラクターは、メーテルたちなのでした。
 でも、メーテルって、青少年の健全育成に、
なんか貢献しているのか?
 非常に謎です。

 別に、機械の体になることが「健全育成」じゃないでしょうし。
 どうせなら、ドラえもんくらいでよかったのでは……

 ま、キャプテン・ハーロックかっこいいからいいけど。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

「国際交流・協力の日」イベントのごあんない♪

 管理人です。

 今回は、毎年このあたりの時期になると行われる、
 「国際交流・協力の日」イベントのごあんないです♪



>○いろいろなイベントが行われます


 まぁ、毎年、いろんなイベントがあるんですよ。
 全部を堪能する事は、スケジュール上ムリです。

 オススメ(らしい)イベントとしては、
 「地球のステージ」があります。


 「地球のステージ」は世界で起きている紛争や飢餓の状態を、
 講演形式ではなくライヴ音楽と大画面の映像、
 スライドによる語りを組み合わせて伝える、

 まったく新しいタイプの「映像と音楽のシンクロ」ステージです。

 詳細は、こちらを見てください。


 ほかにも、いろいろなイベントが行われます。

・企業の「国際交流・協力活動」紹介コーナー
・国際協力バザー(民芸品)
・ひろしま国際村〜世界の屋台
・国際交流、協力活動発表会
・広島市立大学国際学部公開講座
  国際交流って楽しいもの?―異文化体験から考えるー
・ガラパゴスの環境問題と国際交流・協力活動
・シェアリング・ネイチャー〜自然とわかちあう〜
・ひろしまを英語でガイド
・ホームステイで世界と友達
・親子で体験 世界のあそび 
・鍵盤ハーモニカをアジアの子どもたちへ!
・世界のコインプロジェクト
・外国人のためのよろず無料相談会
・国際交流SADOU
・日本の伝統文化体験と交流
  -きもの着付け・手描き友禅・日本刺繍体験-
・日本の慣習(ならわし)に学ぶKIMONOの心を世界に!
・いけばな展示・体験コーナー
・異文化・言語スピーチ大会


 とにかく、多数のイベントがあります。
 全体の詳細は、こちらからどうぞ。


 で、いくつかのイベントは事前予約が必要なんですが、
 そのようなイベントでも、定員に達していない場合は、
 入場できる場合があります。


 入場の可否については、各会場の受付で、
 確認してください。

 基本的に、伝統文化体験ものは、
 時間がかかるので、大変込みます。
 予約しておいた方が無難です。

 でも、たぶん「世界のステージ」は、
 当日飛び込みでも大丈夫では?


○日時等は?


・日時:2008年11月16日(日)10:00〜16:30

・場所:

 広島国際会議場、広島平和記念資料館東館、
 平和記念公園、平和大通り緑地帯


・要予約イベント申込先:

 (財)広島平和文化センター 国際交流・協力課
 広島市中区中島町1‐5 広島国際会議場3階
 TEL:082-242-8879 FAX:082-242-7452



○最後に


 管理人の場合、毎日が国際交流の日です。
 ウチのカミさんはタイ人ですんで、
 けっこう刺激があります。

 料理のほとんどがタイ料理ってのはもちろん、
 行動そのものが、やっぱり違います。

 川を見ると、すぐに魚を探したがり、
 (もちろん食べるため)

 散歩して畑に野菜が植えられていると、
 ちょっとキョロキョロしだしたり
 (あわよくば、拝借しようとしている)

 ……いつか、窃盗罪とかの罪で
 訴えられないか不安です。

 あげくの果てに、
 近所のおじいさんが庭でさつまいもを収穫していると、
 垣根越しに話しかけだしたり。

 あわよくば、さつまいもをゲットする気満々です。
 
 しかし、カミさんが英語で話しかけているにもかかわらず、
 それに対して、流暢な英語で返事しているおじいさん。

 いやぁ、日本も国際化が進んでいるんですねぇ。 

posted by ダイリーエンジョイ at 20:03| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

「環境政策フォーラム」のごあんない♪

 管理人です。

 ここ数日は、小室さんがどうとかと、
 そんな話題が多いですね。

 世間のニュースにも関心を持たんといかんですが、
 個人的には、テレビから放たれる雑音(ノイズ)よりは、
 自然環境に身をおいたほうが、まだ落ち着きます。
 もうそろそろ紅葉ですしね。

 うちのカミさんも、テレビのワイドショーなどを見るよりは、
 近くの川辺を散歩したり、休みには自然に触れるほうが、
 心が落ち着く、なんて言ってます。
 (単に、日本語をずっと聞くのが疲れるだけかもしれませんが)

 一番いいのは、人がほとんどいなくて、
 かつアクセスが容易な自然環境ですかね。
 紅葉も、有名どころは人だらけだしなぁ。


 さて、自然環境の保全とか、環境教育とか、
 最近はすごくブームになっている感があります。

 しかし、ブームというのは怖いもので、
 一過性のものとして、終わってしまう可能性がある。
 では、どうするか?

 方法はいくつかありそうですが、
 そのうちの一つが「政策提言」というやり方。
 環境保護が、国の「政策」として予算がつけば、
 ブームに関係なく、環境保護に動くことができます。



 今回は、環境に関する政策提言の方法などを学ぶ
 「環境政策フォーラム」のごあんないです♪



○政策提言能力の向上をはかるために


 この案内チラシにも書いてるんですが、

 「政策」とは、社会の問題を解決するための
 「しくみ」の一つです。


 むろん、社会の問題を解決する方法は、
 いくつかのアプローチがあります。

 ただ「政策」として、国が動く場合は、
 その分の予算がつくので、効果が高いことは確かです。

 特に、環境保全の分野とかで活動している団体では、
 「こうなったらいいのに」という想いが、
 強いのではないかと思うのです。

 そんな想いを有効にするための政策提言。
 そのためにはどうしたらいいのか。
 その方法論などについて学びます。


 また、「平成21年度環境省重点施策について」という題で、
 環境行政の方向性などについても学びます。


○日時等は?


・日時:2008年11月16日(日) 13:30より

・場所:EPOちゅうごく
(環境省 中国環境パートナーシップオフィス)


 ※八丁堀の「日本生命第二ビル」の2階になります
  地図はこちらから

・定員:25名先着

・参加費:無料


・申し込み方法

 お名前、団体名、住所、電話番号、E-mailを記入の上、
 下記E-mailにお申込ください

info@epo-cg.or.jp

※詳細は、こちらのPDFをどうぞ


○最後に


 今年は、紅葉を見に行くかは分かりませんが、
 定期的に、どこかで自然と触れる場をつくりたいものです。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 21:57| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

今度は難病の子どもたちのために! チャリティー駅伝開催!

 管理人です。

 先日、フィリピン支援グループ「Global Bridge」の
 チャリティーランを紹介しました。

 あれは、フィリピンに幼稚園を建てるための、
 チャリティーランだったわけですが、

 今度は、難病の子どもたちのための
 チャリティー駅伝のごしょうかいです♪



○どんなコースなの?


 とりあえず、広域公園をぐるぐる回るコースのようです。
 スタート・ゴールは第二球戯場で、
1周約2Kmのコースになりそうです。

 基本的には、小学生以上の5人一組単位での、
 受付となっています。
 5人に満たない場合は、要相談とのこと。

 1周約2Kmを完走できるかどうかが、
 参加資格になります。


主催する団体は
 「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」の広島支部

 団体については、こちらから。


○日時等は?


・日時:2008年11月24日(月・祝日) 9:00〜12:00

・場所:広島広域公園


 ※集合場所詳細は、申し込まないと分かりません

・参加費:2000円

 ※参加賞、傷害保険費用込み

・申込方法:11月5日(水)までに、

 チーム単位で、下記E-mailにお名前、連絡先を
 記載してお送り下さい。
 応募用紙が送られてきますので、
 詳細を記載下さい。

hiroshima@mawj.org

 詳細は、こちらのPDFをご覧下さい。


○最後に


 「自分のためにではなく、誰かの為に走る」
 非常にすばらしいことではありますが、

 でも、前提として、
 身体を動かすのが好きとか、
 走るのが好きな人たちが参加すべきだとは思います。

 管理人のように、
 身体を動かす事も、走るのも嫌いな人間が、
 ムリにランナーとして参加しても、
 たぶん相当の苦行だと思います。

 「この苦行によって、救われる人がいる」
 というものでもないでしょうし。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:18| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

フィリピン支援グループ「Global Bridge」のイベントを2つ紹介!

 管理人です。

 先日、フィリピン支援グループ「Global Bridge」主催の
 チャリティーランの紹介をしましたんで、

 もののついでで、Global Bridgeがらみで
 近日行われるイベントを2つほどご紹介します♪


 Global Bridgeについては、こちらをどうぞ。


○イベント1「チャリティーラン報告会」


 最初に紹介するイベントは、
 チャリティーランの報告会です。

 ま、チャリティーということで、
 お金はいくら集まったのか、
 どのように活用されるのか

 そんなことが語られるわけです。

 あとは、チャリティーラン当日の様子も、
 映像付きで語られます。

 
 ……でも、これらは「報告会」なんだから当たり前。
 それに加えて、今回は、

 大阪の高校の先生で、生徒たちとチャリティーランを始められ、
 現在も活動されている冨田年久先生をゲストでお招きして、


 「大阪でのチャリティーランの活動」
 「日本で出来る国際協力」

 について語っていただきます。
 富田先生の活動についてはこちらから。

 
 富田先生の活動は、広島でチャリティーランを行う
 きっかけとなったものでもあります。
 きっかけというより、パクリですけどね。
 
 でも、大阪である程度メジャーになった活動を、
 広島に持ち込んだという点で、
 Global Bridgeの活動は、むしろ評価されていいと思います。

 個人的には、富田先生が確立された、
 チャリティーランについてのノウハウを、
 どんな団体でも取り組めるようにパッケージ化していくと、
 さらに輪が広がっていくのかと思います。
 これは「ベストプラクティスの共有」といいます。

 ま、報告会を機会に、
 国際協力を更に身近に感じていただければと思います。

 日時等は……

日時】2008年11月2日(日) 

 報告会 14:00〜16:00
 交流会 16:00〜16:45

【場所】広島市双葉公民館(東区役所内)

【参加費】報告会:無料、交流会:300円(学生:100円)



○イベント2「namco×Global Bridge」


 続いて紹介するのは……
 「namco×Global Bridge」!

 読み方としては
 「ナムコ・クロス・グローバルブリッジ」
 となります(たぶん)。

 一応断っておきますが、
 これは、ナムコの新作ゲームのタイトルではありません。

 数年前にPS2で発売された
 「namco×capcon」とは、
 たぶん、何の関係もありません。

 
 では、これはいったい何なのかというと……

1.家に眠っているお人形さんや雑貨を、
  ナムコのゲーセンに持っていく

2.すると、お人形さんと引き換えに、
  クレーンゲームが1ゲーム無料

3.集めたお人形さんは、Global Bridgeで行っている
  フリーマーケットで販売され、フィリピン支援の資金になる


 ま、こんなシステムです。
 で、注意点が2点あります!

・この企画は、JR天神側駅近くの、
 「イオンモール広島府中ソレイユ」でしか開催してません!

・イベント実施期間は11/1〜11/9の間のみ!


 この機会に、クレーンゲームでとりすぎたぬいぐるみや、
 家の押入れに眠っているお人形さんなどを、
 ぜひソレイユに持ってってあげてください。

 ソレイユでの案内はこちらから


○最後に


 「namco×Global Bridge」

 これは、企業とNPOや市民団体とのコラボの例としては、
 なかなか面白い事例なのではないかと思います。

 ぜひ、このイベントがある程度以上の成果を収めたら、
 全国各地でやってほしいですね。


 ちなみに、個人的には、
 もし「namco×Global Bridge」なんてゲームが、
 間違って開発されてしまったら、
 ちょっとやってみたい。

 ゲームの内容としては……

 フィリピンの貧富の格差拡大や、
 教育施設の破壊とかを企てる、
 ドルアーガとかグランドマスターとかの、
 ナムコの悪役キャラクターを倒すべく、

 ナムコの主人公キャラと、
 Global Bridgeのメンバーが、
 力を合わせて戦う、

 そんなシミュレーションゲームになるんじゃなかろうか?

 絶対売れないという確信はあるけど、
 国際協力や国際理解教育の発展を願って、
 赤字覚悟で作ってくれると嬉しいなぁ。

 お手軽さを考えると、DSかPSPかなぁ。 
 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

「話す練習〜人前で話ができる自分になる」講座のごあんない♪

 管理人です。

 ところで、皆さまは、人前で話をするのが好きですか?
 人前で話をするのは得意ですか?

 ま、これは人それぞれだろうと思います。

 ちなみに、管理人の場合、人前で話をする場に立ったときには、
 ふだんとモードが切り替わります。
 もう、自動的に切り替わってしまいます。
 モードが切り替わっている最中は、
 たぶん、脳からアブナイ物質が分泌されているので、
 多少やりすぎてしまいます。

 ふだんは、非常におとなしいタイプの人間なんですけどね。


 でも、市民活動とかやっていると、
 望む望まないにかかわらず、
 人前で話さないといけないことが多々あります。

 そんな時に、何とか上手に話す事ができるようにするためには、
 普段から、折にふれて、
 人前で話す訓練をしておくのが最上の策です。

 やっぱり、場数を踏まないと、何事もうまくなりません。

 そんなわけで、今回は、
 「話す練習〜人前で話ができる自分になる」講座のごあんない♪


○日時等は?


・日時:2008年10月28日(火)

 午後6時30分〜9時30分(開場:6時15分)


 ※遅刻しても、途中からの参加でも大丈夫です

・場所:まちづくり市民交流プラザ 5階研修室A

・参加費:3,000円(学生2,000円)


・申込方法:

 こちらのページからも申込できますが、
 飛び入り参加でも大丈夫です。


○最後に


 人前で話をする以上は、基本的には、
 なにか伝えたいことがあるわけで、

 その「伝えたいこと」が論理的に整理されているかが、
 まずはポイントだと思います。

 あとは、そこにどれだけ情熱をこめられるか。
 極言すれば、話しながら泣ければ、
 感化力はかなり高まります。

 ま、最初はやっぱり場数をふむことでは?
posted by ダイリーエンジョイ at 23:37| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

ドキュメンタリー映画「ブラジルから来たおじいちゃん」先行上映会のごあんない♪

 管理人です。

 以前から何かと話題になってましたが、
 今年は最初に日本人がブラジルに移民してから、
 ちょうど100年になります。

 こちらのページに、いろいろと行事が載ってます。

  ブラジルに移民された方の中で、
 比較的有名なのは、コンデ・コマこと前田光世さんでは、
 ないでしょうか?

 前田さんがブラジルに移民したからこそ、
 現在のグレイシー柔術があるわけです。

 そのような偉大な先人の歴史があって、
 現在の日本とブラジルの関係があると思うのです。


 今回は、ブラジルに移民したおじいちゃん、
 紺野堅一さんの歩みを元に作成されたドキュメンタリー、
 『ブラジルから来たおじいちゃん』先行上映会の
 ごあんないです♪



○どんなお話なの?


 主人公の紺野堅一さんは、
 出稼ぎのつもりで単身ブラジルに渡って73年、
 さまざまな苦労の末、現在はサンパウロで、
 悠々自適の暮らしをしてます。

 しかし、紺野さんは家にじっとしているご隠居さんではない。
 紺野さんは、毎年日本にやってきているのです。

 それは日本にデカセギに来ているブラジル人たちを訪ねるため。

 日本在住のブラジル人の数は現在31万人を超え、
 増加と滞在長期化傾向にある。
 彼らの姿が、出稼ぎのはずがブラジルに定住するはめになった
 自身の体験と重なる。

 彼らの将来はいったいどうなるのか。
 子供たちの教育の現状はどうか。
 若い世代の仕事の苦労話に耳を傾け、
 子供たちに勉強の様子を尋ねる。
 先生たちと懇談するため学校へも出かけていく。

 そして、この旅は彼自身の人生を振り返る旅でもあった。
 「大日本帝国臣民」として、
 それともブラジル人として人生を終わるのか。

 うんと前からグローバルに生きてきた
 おじいちゃんのくれるアドバイスは?

 また、旅の末に、彼のたどり着いたアイデンティティとは?


 詳しくは、ホームページがありますので、ご参考に……


○日時等は?


・日時:2008年10月26日(日)

 11時開場、11時30分上映

・場所:横川シネマ(西区横川町3-1-12)


・料金:

 前売1,000円、当日一般1,300円
 大学生1,100円、中高生・シニア1000円


※尚、当日は栗原奈名子監督も来場。
 場内でのご挨拶に加え、

 その後「ぺあせろべ」会場にて
 14時頃からテントブース内でのミニトークもあります。

※本上映は横川シネマにて12月14日(日)〜26日(金)の予定です。


○最後に


 日本の各地を回って、
 出稼ぎのブラジル人たちの現状を見て回る。

 なんか、紺野さんって、水戸黄門のような感じですね。

 そうなると、旅先でブラジル人たちが
 何らかの事件に巻き込まれていたら、
 やっぱり、助けたりしているんでしょうか。

 でも、印籠もなければ、助さん角さんもいないのに、
 どうやって助けてるんだろう?

 管理人は、おそらく、
 紺野さんがコンデ・コマこと前田光世さんから、
 柔術を習ったのではないかとふんでいます。

 コンデ・コマがブラジルに帰化したのが1930年。
 紺野さんが初めてブラジルに渡航したのが1931年。
 直接柔術を指導されていても、何らおかしくありません。

 
 ……そう考えていくと、映画のワンシーンとかで、
 紺野さんがコンデ・コマ直伝の柔術を使って、

 出稼ぎブラジル人たちをいいように利用するヤクザの組織を、
 単身で殲滅させてしまうという、
 壮絶なアクションシーンもあるかもしれません!?

 ま、たぶんないですけどね。


 そんなアクションシーンがあってもなくても、
 おススメできる映画ではなかろうかと思います。
 

posted by ダイリーエンジョイ at 21:34| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

国際交流まつり「ぺあせろべ」のごあんない♪

 管理人です。

 今週末(10/25、10/26)は、フードフェスティバル
 中央公園とかで、様々な出店が並ぶ、
 けっこう大きいイベントです。

 毎年、中央公園付近は、人ごみであふれかえります。

 ただ、今回はフードフェスティバルの紹介ではなく、
 10/26に付近で同時開催している国際交流おまつり
 「ぺあせろべ」のごあんないです♪



○今年のぺあせろべは、一味違う!?


 「ぺあせろべ」ってのは「Peace & Love」
 それ以上でも以下でもありません。

 以前も紹介しましたが、
 結構息の長いおまつりです。

 例年では、ステージで各国のダンスなどが披露されたり、
 各国の料理などの出店があったりしてるわけですが、
 今年は、今までとはちょっとだけ違います。

 それは、あの「Global Bridge」のチャリティーランが、
 同会場で同時開催されること!

 ステージのなかで、マラソンの出発式や閉会式が行われます。

 「Global Bridge」といえば、
 P-SONICのほうで昔チャリティーランの企画運営を手伝ったり、
 今年の「ひろしまNPO活動奨励賞」で最優秀賞をかっさらわれたり、
 何かと因縁のあるところです。
 実は、管理人が今年もスタッフとして手伝います。


○日時等は?


・日時:2008年10月26日(日)  10:00〜16:00 (小雨決行)

・場所:広島市中央公園芝生広場 (広島市中区基町)


 ※フードフェスタのコーナーの一角にあります。


○最後に


 去年のフードフェスタでは、
 「黒たこやき」なるものをいただきました。
 その名の通り、真っ黒なたこ焼きでした。
 結構うまかったです。

 ぺあせろべでは、
 毎回さまざまな民族料理が楽しめます。

 チャリティーランが終わって時間があったら、
 ちょっとこれらを食べに行きたいなぁ。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:42| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

サンタになって、子どもにプレゼントを届けてくれる青年募集!

 管理人です。

 最近、ちょっと肌寒くなってきましたね。
 そろそろ、商店街とかは、クリスマス商戦の準備でも
 しているころでしょうか。

 クリスマスと聞くと、ふつうはなんか心がうきうきするもの。
 だいだいこれって、キリスト教の聖日なんだから、
 キリスト教と関係なく生きている人にとっては、
 どうでもよさそうなものですが、

 なんちゃって仏教国の日本は言うに及ばず、
 熱心な仏教国のタイでも、クリスマスは賑わっているわけです。
 う〜ん。クリスマスおそるべし。

 大人も子どもも大好きな(たぶん)クリスマスですが、
 子どもたちにとっては、クリスマスといえば、
 サンタさんであり、プレゼントでしょう。
 あとはケーキとケンタッキー。


 現実問題、サンタさんといえば
お父さん(あるいはお母さん)ですが、
 それ以外の人からプレゼントをもらったら、
 ちょっと夢がありますよね。

 子どもたちが夢を持ちにくくなった時代。
 そんな時代だからこそ、サンタさんくらいは、
 夢があってほしいものです。

 そんなわけで、今回は、
 そんなサンタさんになることができる

 「サンタプロジェクト2008」のごあんないです♪

 ちなみに、サンタさんになれるのは、
 18〜30歳までの青年です!



○サンタさんになれる条件は?


1.18〜30歳までの方

2.11/14(金)から12/19(金)まで、

 毎週金曜日、19:00〜21:00まで開催される
 サンタ養成プログラムに参加できること


 開催場所は、サンタに選ばれた方に通知されます。

3.12/24(水)当日、17:00〜21:00まで、時間を空けられる方

4.子どもたちの夢を大切にしたい方

5.同世代の人たちと交流を深めたいと思っている方


 で、申込なんですが、
 11月16日(日)までに、
 下記連絡先に申し込んでください。

 「サンタプロジェクト実行委員会」事務局
 広島市青少年センター内

 TEL:082-228-0447
 FAX:082-228-7074

 E-mail:y-center@hitomachi.city.hiroshima.jp


 ただし、定員は先着50名なので、お早めに!
posted by ダイリーエンジョイ at 18:38| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

国際協力、援助に関心のある方向け! 「援助する前に考えよう」ワークショップ!

 管理人です。

 今回は、「援助する前に考えよう」という
 ワークショップのごあんないを、しようかと思います。


 ここでの「援助」というのは、
 途上国への援助のことを指します。


○「援助」についてのおもいで


 途上国への援助といえば、
 まぁ、いろいろな形があるでしょうが、
 最もポピュラーなのは「募金」じゃないかなと思います。

 かくゆう管理人も、むかしむかし、
 そうした途上国への募金のお手伝いをしたことがあります。
 街頭で募金の呼びかけをするやつですね。
 ま、ちょっとした社会経験でもしようかなと思いまして。

 その中で経験したことといえば、

 一見ヤンキー風の兄ちゃんが、結構募金してくれたりとか、
 逆に立派な身なりの人は、ほとんど街頭では募金しないとか、
 いろいろありましたけど、

 個人的に印象に残っているのが、

 「かわいそうな人を援助しているんなら、俺に募金してくれよ」

 って言葉ですね。
 何人かが、そんなことを言っていた気がします。
 
 「いや、たとえ募金しても、
  どうせパチンコとかでスッてしまうんでしょ?」

 ってな感じの服装な人が多かったですけどね。

 でも、ここで考えさせられるのは、
 「この援助は、本当に相手の役に立つの?」という点です。


○本当の援助のあり方を考える


 ふつうに「援助」というと、
 
 「学校を建設する」とか「井戸を建設する」とか、
 そういったイメージだと思います。

 確かに、それは非常に重要なことです。

 ただ、そうした
 ないものを作るだけ、与えるだけ、という援助は、
 実はきりがない作業になります。

 パチンコでスッてしまう人に、いくら援助しても、
 またスッてしまうわけです。

 そうではなくて、
 「援助する側、される側」が、対等の立場にたてる援助、
 援助される側が自立できる援助とは何か?


 そういったことを、考えていく必要があります。

 パチンコでスッてしまう人が、自分の手で職を探して、
 自立していける手伝いをすること、
 おそらく、それが本当の「援助」だということになります。

 今回のワークショップでは、
 その点について、分かりやすく見ていくことになります。


○日時等は?


・日時:2008年10月25日(土) 13:30〜16:40

・場所:

 広島市平和記念公園内 国際会議場3階 研修室3

・定員:20名(8名以下の場合、中止)

・参加費:500円


・申込先:

 参加者氏名と連絡先を、下記E-mailまで

 info.lovelove@gmail.com


○最後に


 「自分たちを食い物にしてきたのは先進国だから、
  自分たちが支援されるのは当たり前」


 という声が、途上国の人々からよく聞かれます。
 それは、確かにその通りです。

 ただ、その支援は「自立を促進する為の支援」である
 必要があると思うのです。

posted by ダイリーエンジョイ at 20:26| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

「広島市民球場跡地利用市民シンポジウム」のごあんない♪

 管理人です。

 最近、広島市民球場に対する注目度が、
 いろいろと高くなってますね。
 まぁ、新球場も建設されますしねぇ。
 長年市民球場を愛してきた方々からすれば、
 いろいろと思うところがあるんだと思います。
 
 で、新球場も完成し、
 今後の試合は、新球場で行われる運びとなったら、
 当然出てくる疑問が一つ。

 「じゃあ、以前の球場跡地は、どうなるの?」

 球場跡地は、

・原爆ドームから近いロケーション
・広島市民にとって、思い入れの強い場所

 ということもあって、
 安易にショッピングモール建てるか、とは
 いかないわけです。

 第一、広島市民球場なんだから、
 跡地をどうするかも、市民で考えよう!


 というわけで、今回は、
 「広島市民球場跡地利用市民シンポジウム」のごあんないです♪


○どんなシンポジウムなの?


・跡地利用について、
 いろいろな立場の方による個別提案

・行政からの現状報告

・パネルディスカッション


 こんな構成になってます。
 当日は、どんな跡地利用案が飛び出すことやら!?


○日時等は?


・日時:2008年10月19日(日) 10:30〜17:30

・場所:広島県立美術館地下講堂

・参加費:無料



○最後に


 跡地といえば、
 広島大学東千田キャンパス跡地。

 さてさて、いったいどうなるのでしょうか?
 このままだと、ずっとだだっ広い公園で終わるかも!?

posted by ダイリーエンジョイ at 19:01| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

全国ボランティア学習研究フォーラム、島根大会開催のご案内♪

 管理人です。

 最近、NHKの朝の連ドラで、新シリーズがはじまりましたね。
 その名も『だんだん』

 これは、数奇な運命でそれぞれ島根県松江市と、
 京都の祇園に引き離された双子が、
 己の血の宿命と闘っていく、
 壮絶なおはなし。

 まぁ、島根といえばラフカディオ・ハーンこと小泉八雲で、
 京都といえば安倍晴明ですから、
 だんだんと、話はオカルト方面に移行するかもしれません。
 なんといっても『だんだん』ですから。

 それはともかく、そんなわけで、
 世の人々の目は、松江市に釘付けですよ。
 祇園は、もともと有名ですけどね。

 そんな中で、今回、
 まるで狙ったかのように、
 「全国ボランティア学習研究フォーラム」が
 島根県松江市で開催されます。


 今回は、そのごあんないです♪


○ボランティア学習って?


 募集要項から、その辺は簡単に紹介しましょう。

 主体的な学ぶ力を育てる有効な方法のひとつが
 ボランティア学習です。
 ボランティア活動が潜在的に持つ教育力により、
 ボランティア活動者に、他人と協調して行動する態度や技能を育み、
 社会的課題の理解を深めさせ、
 自分自身の「力」を再認識させることができます。

 ボランティア学習は生涯学習の取り組みの中で進められると同時に、
 学校教育や大学教育の場面では、
 サービスラーニングとして展開されています。

 OECDのPISA調査結果から、
 日本の子どもたちの学力が下がっているのではないかという
 議論がありました。
 P1SA調査は応用力の調査ですので、
 日本の学力観である「生きる力」と重なり合います。

 PISA調査の対象のひとつとなった読解力は
 「自らの目標を達成し、知識と可能性を発達させ、
 社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、
 活用し、深く考える能力」だと説明されていますが、

 2006年調査では日本は15位でした。

 「生きる力」の中の「確かな学力」は
 「自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、
 主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力」と
 説明されています。

 主体的かつ実践的体験型学習を通じて、
 「学び方」を学ぶことが期待されています。

 今回のフォーラムでは、「生きる力」の核となる
 「学ぶ力」を育てるボランティア学習の取り組み事例を紹介し、
 その可能性を考えます。


 ……とのことです。
 
 
○日次等は?


・日時:2008年11月1日(土)〜2日(日) 2日間

・会場

 11月1日 島根県民会館(松江市殿町)

 11月2日 松江市市民活動センター(松江市寺町)


・ 大会プログラム概要

 詳細はこちらから


1日(土) :会場 島根県民会館 中ホール

 12:00〜12:50 日本ボランティア学習協会・会員総会

 12:20〜 受付開始
 13:00〜13:35 オープニング(来賓挨拶・協会挨拶・基調報告など)
 13:40〜14:50 基調講演「新しい学習指導要領とボランティア活動」
 15:00〜16:50 シンポジウム 『学ぶ力』を育てるボランティア学習
 16:55〜17:25 アレックディクソン賞授賞式・発表会
 18:00〜20:00 情報交換会(サンラポーむらくも)

 ※情報交換会参加費 5,000円

2日(日) :会場 松江市民活動センター(スティックビル)

 8:30〜 受付開始
 9:00〜10:00 自由研究発表
 10:15〜12:05 【分科会】 5会場に分かれて実施
 12:10〜12:40 全体会・閉会
 13:30〜 エクスカーション(観光バス・チャーターで約3時間)

 (松江城、小泉八雲記念館、武家屋敷など
  松江市内の名所旧跡見学)

・その他

 (1)交通機関、宿泊等に関しては、
  原則として、島根大会事務局は斡旋しませんが、
  参加予定の皆様の交通手段、宿泊の相談窓口には、
  近畿日本ツーリスト松江支店
 (電話0852-33-2275 担当 村山、水野)
  に依頼していますのでご相談ください。

 (2)大会参加費、情報交換会参加費は、
  大会当日受付でお支払いください。

 (3)大会終了後のエクスカ−ションは、
  貸切バスで、松江市内の主な名所旧跡を訪ねます。
  松江観光ボランティアのガイド付きで、参加費は無料です。

・参加申し込み

 10月15日(水)まで
 こちらのホームページより参加申込書をダウンロードして、


 下記の島根大会事務局宛てに
 郵送、FAX、又はメール(E-mail)のいずれかで
 お申し込みください。

全国ボランティア学習研究フォーラム島根大会実行委員会
事務局 〒690-8504 松江市西川津町1060
島根大学生涯学習教育研究センター内
電話 0852-25-8686
FAX 0852-32-6098
E-mail challenge@edu.shimane-u.ac.jp


○ 最後に


 参加される方は、
 ぜい、おみやげに和菓子などいかがでしょうか。
 松江の和菓子は、おいしいですから。

 それにしても、

 「自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、
 主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力」

 日本の社会構造の中で、
 このような能力を育成することが、
 果たしてできるのでしょうか。

 あと、個人的には「生きる力」の中に、

 「答えの無い環境の中に、
 ある種ゾクッとした快感を覚え、
 そこで答えを作り出そうとする能力」

 というのがあってもいいのかと思います。
 世の中、そうそう答えのある問題はないですからね。
posted by ダイリーエンジョイ at 21:37| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。