2009年05月12日

「サーバントリーダーシップ講座」報告!

 管理人です。

 5/9に、サーバントリーダーシップ講座
 まちづくり市民交流プラザで開催しました。

 ここでは、当日の様子について、
 簡単にレポートしようと思います。



○最終的に25人あまりの参加者が!


 この講座、定員は30名と銘打っていたのですが、
 「リーダーシップ」と名がつく以上、
 関心があるのはリーダーであって、
 そんなに多くの人が集まることはなかろう、と思ってました。

 ま、10人集まればいい方かな、
 なんて思っていたのです。

 ですが、予約は31人にもなり、
 最終的には、ドタキャン含めて、
 25人余りもの参加者にお集まりいただきました!


 参加者の皆さま、ありがとうございます!

 参加者層も、大学生にはじまり、
 (事前に何人かの先生方に、
 チラシ配布をお願いした甲斐がありました)

 20代、30代から上は70代までと、
 幅広い層に集まっていただきました。
 男女比も、そんなに変わらなかったかなと思います。


○まずは、参加者同士の自己紹介!


 とりあえず、参加者のみなさまには、
 コミュニケーションカードに記入をおねがい。

 「趣味」と聞くと身構えてしまう人も多いので、
 「一番楽しいと感じる事は?」という質問や、

 この講座に期待するものを3つ挙げてもらったり、

 PR事項があれば、PRしてもらうことにしました。

 これだけの参加者が集まれば、
 やはり、参加者同士の交流も、楽しいものです。

 
 講座に期待するものとしては、

 やはり参加者の方の多くが、
 何らかの形で人を指導する立場にいたりする方が多かったですね。
 (中には、普段別の内容で講師をされている方も)

 レクチャーする身として、改めて気が引き締まります。


○1コマ 〜サーバントリーダーシップとは?〜


 最初のコマは、全体の概論的な意味もこめて、
 サーバントリーダーシップの紹介。

 最初は、参加者の皆さんにとっての
 「リーダー」像を確かめるべく、
 参加者の皆さまが好きな、歴史上のリーダーについて質問。

 ガンジーとか、
 新撰組の近藤さんとかが意見にあがりましたが、
 中には、パットン将軍といった通な意見もありました。

 参加者全体の中では、
 パットン将軍をご存じない方がかなり多かったですが、
 リーダーシップについても強烈な名言が多いので、
 関心を持ってみてもいいかもしれません。

 こちらのサイトに、名言ランキングがちょっと紹介されてます。

講義で紹介した名言は、第一位でしたね。


 で、そのあとは、サーバントリーダーについて紹介。
 日本でサーバントリーダーシップの事例としては、
 必ず何らかの形で登場する、
資生堂の池田元社長の紹介をしたりしました。

 さらに、皆さんには、
 資生堂でも実践された逆ピラミッド型組織について
考えてもらったり。

 Dsc03793_kabe.jpg

 正直、サーバントリーダーシップ自体は、
 相当な精神論ですので、
 個人的に、それをもう少しピンときやすいように、
 おとしこんでレクチャーしたつもりです。


 P-SONICのホームページでも、
 ドラマ風に紹介してますので、
 気軽にごらんください。


○2コマ 〜ソーシャルスタイル〜


 2コマは、ソーシャルスタイルについての
 レクチャーを行いました。

 ソーシャルスタイルについては、こちらから。


 今回の参加者は、思考派(アナリティカル)と、
 感覚派(エクスプレッシブ)が多かったですね。

 グループワークでは、スタイルごとに、
 Tシャツの絵を自由に書いてもらいましたが、

 思考派グループは、P-SONICのロゴを入れてみたり、
 1コマの逆ピラミッドを入れてみたりと、
 やはり細やかな芸が得意でしたね。

DSC03833_kabe.jpg

 行動派グループは、
 それぞれの意見が対立して決裂。
 ほとんど作業が進まない中、時間終了。

 協調派グループは、
 ほんわかとしたイラストを入れてましたね。
 地球の絵にたくさんのお花を描いてみたり。

Dsc03843_kabe.jpg

 ちなみに、このグループでよく描かれるのが多いのが、
 スマイルマークだそうです。

 感覚派グループは、
 意見出しもにぎやかにやってましたね。

Dsc03844_kabe.jpg


 まずは、自分以外のタイプについて知っていかないと、
 他のタイプを理解し、接することは難しいでしょう。



○3コマ 〜コーチング〜


 ソーシャルスタイルもそうなのですが、
 今回の講座では、組織という集団を動かすことよりは、
 1対1で接する、ある意味コミュニケーションの原点に
 重点を置いてレクチャーしました。


 まぁ、大企業の社長や幹部が来るとは、
 はなから想定していなかったですし。

 そんなわけで、3コマはコーチング。
 まさに、1対1の原点です。

 最初に、コーチングと、
 知識や技能を教える「ティーチング」の違いを考えてもらう為、
 パソコンを買い換えたいお客と店の店員という事例で、
 ちょっとそのあたりを考えてもらいました。

 マニアックなパソコンショップを想定して、
 事例を作ってみましたが、
 事例で出ている用語にピンときた人は、
 ほとんどいなかったです。

 その辺は、典型的なティーチングの事例としては、
 ちょうどいいかなと。
 「自分の知識を、相手のレベルも考えず、
 相手が分かるのが当たり前という前提でまくし立てる」

 という雰囲気を、つかんでもらいたかったもので。

 で、コーチングを使うとどう変化するかを考えてもらうために、
 別事例を使って説明。
 最初の事例とそんなに用語自体を変えるわけではなく、
 それでも、傾聴と質問によって、
 相手の「気づき」に訴えていくことができることを、
 感じていただければと思ったわけです。

 全体では、とりわけ「聴く」ことの重要性に重点を置いて、
 あとは「質問」のスキルを、ちょっと体験してもらいました。

 このあたりから、時間が押せ押せになってきたので、
 だんだん、ワークの時間が少なくなってしまったのが残念です。


○4コマ 〜コスモマップ〜


 サーバントリーダーには、特に協調されているのですが、

 「夢やビジョン、目標を描く」スキルは、
 リーダーには必須のスキル。


 今回は、そのためのツールとして、
 「コスモマップ」というツールを、ためしに使ってみました。

 コスモマップについては、こちらから。

 管理人は、コスモマップの公認インストラクターではないですが、
 書籍で記載されていた事を中心に、
 独自でレクチャーを作られていただきました。

 本格的なレクチャーを希望される方は、
 ホームページから、レクチャー情報を探して、
 参加してみる事をお勧めします。


○最後に


 参加者の感想も、

 「パワーポイントの文字が小さかった」
 「話が、ちょっと冗長であるように感じた」
 「レクチャーの全内容が紹介されたレジュメは、
  やっぱり最初に配って欲しかった」


(今回、レクチャー前には、トピックだけ書いたレジュメを配り、
 レクチャー後に、全内容が紹介されたレジュメを配布しました。

 これは、レクチャー前に、全内容が紹介されたレジュメを配ると、
 みんな最初にそのレジュメに全て目を通して、
 分かったつもりになって、話を聴かなくなる傾向にあるため)    

 といったご指摘から、

 「この内容(プラスおかし)で500円という値段は、
  正直安すぎると感じた。」
 「非常に多くの示唆をいただいて、今後の参考になりました」

 といったご意見まで、多数のコメントをいただきました。


 今回、うちのカミさんにも、
 受付の手伝いや会場設営などを、
 いろいろ手伝ってもらいました。
 (うちの子は、私の母に預けて)

Dsc03924_kabe.jpg

 ありがたやありがたや。

 今回のご意見を受けて、次のセミナーについても、
 いろいろと考えていこうかなと思います。

 ただ「次は、『良い講師になる為の話し方講座』をして欲しい」
 というご意見が、わりとありましたが、

 そんな講座があったら、管理人が受講したいです。
 「話し方講座」というのは、ときどきありますけどね。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:18| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

メンバーのやる気と自発性を高めるリーダーになりたい方向け! 「サーバントリーダーシップ講座」のごあんない♪

 管理人です。

 管理人は、立場上、複数の市民活動団体の方が集まっての
 ミーティングに参加したことが何回かあります。
 
 そうした場では、たいてい
 意見がすんなりまとまることはありません。

 一つの提案に対して反対意見があがり、
 その反対意見に対して説明すると、
 また別の反対意見があがる。

 そうした意見のこじれに対して、
 本当に大切なのは、
 双方が、あるいは参加者全員で、
 納得がいくまで話し合う「プロセス」であって、
 特定の意見を「これが答えだ!」とばかりに
 押し付ける事ではありません。


 これは、確かに時間がものすごくかかるのですが、
 皆が自主性、主体性をもって、
 何かを進めていく為には、避けては通れない道。
 
 そうではなく、
自分の意見を強固に押し通すリーダーは、
 「ワンマンリーダー」と呼ばれます。


 さらに、
 反論しようという気にすらさせない
 威厳を持ったリーダーは
 ある種の「カリスマリーダー」と呼ばれます。


 これらのリーダーの下動く組織は、
 非常に意思決定、行動が早いのが強みですが、

・メンバー、部下の自主性が育たない
 (ゆえに、そのリーダーがいなくなると、組織が崩壊、縮小する)

・たとえリーダーが間違っていても、誰も止められない
 (企業の不祥事の一因となります)
 

 こういった問題があって、
 長期的には、組織にとってマイナスになります。


 ワンマンリーダー、カリスマリーダーではなく、
 メンバー、部下のやる気、自発性を高める、
 そんなリーダーシップの一つといわれているのが

 「サーバントリーダーシップ」と呼ばれるもの。

 今回は、そのサーバントリーダーシップを体系的に学べる
 「サーバントリーダーシップ講座」のごあんないです♪



○この講座の内容は?


 この講座は、半日かけて行う、結構本格的なものです。
 次の、4つの内容で構成されています。

・1時限目:サーバントリーダーシップとは?

 サーバントリーダーシップの概要、
 サーバントリーダーに求められる資質など、
 概要的なお話が中心になります。


・2時限目:メンバーのタイプを知ろう!

 「メンバーのためを思ってしたことなのに……」

 あなたのタイプとメンバーのタイプが違うと、
 こんなすれ違いが生じます。

 メンバーを理解する第一歩は、メンバーのタイプを知ること


・3時限目:メンバーの話を聴いて指導する

 メンバーの話を受け止めてあげないリーダーに対して、

 「このリーダーについていきたい!」

 と思うメンバーは、ほとんどいません。

 コーチングの手法を交えて、
 メンバーの話を「聴く」ことを学びます


・4時限目:実現性のある「目標」を描くために

 サーバントリーダーにとって、
 みんなが実現したいと思える「夢」「目標」を
 描けるかどうかは、死活問題ですらあります。

 単なる妄想ではなく、実現性のある
 「目標」の描き方を学びます


 詳細は、こちらをごらんください。

サーバントリーダー講座チラシ.pdf


○日時等は?


・日時:2009年5月9日(土) 10時〜17時

 ※昼食持参のこと(昼食時に交流会をします)

・場所:広島市まちづくり市民交流プラザ

 北棟5階 研修室C

・参加費:500円(資料、茶菓子代として)

・定員:30名(先着順)


・申込方法:

 こちらから申込書(兼チラシ)をダウンロードし、 
 
 広島市まちづくり市民交流プラザに
 郵送(持ち込み)、電話、FAXで申し込みください


 〒730-0036 広島市中区袋町6番36号
 まちづくり市民交流プラザ 

 TEL:082-545-3911
 FAX:082-545-3838



○最後に


 実は、この企画はP-SONIC主催で
 「まちづくり市民交流フェスタ」の参加企画なんですが、

 今年は、フェスタ参加団体は、
 企画のPRビデオを作ることになりました。

 他の団体は、プラザ側で代表者のメッセージビデオを
 撮影するわけですが、
 P-SONICは、それでは面白くないので、
 独自にPRビデオを作成しました。
 (他の何団体かも、同様にビデオを作成しているようです)

 その動画を、YouTubeにアップしましたので、
 ごらんください。



 ……ま、個人的には、少しやりすぎたかなと。
 
 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:29| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

すきより3月「問題解決のフレームワーク」ごあんない♪

 管理人です。

 出産後、うちのカミさんが退院して、
 赤ちゃんと一緒に、うちに戻ってきました。

 赤ちゃんは、正直かわいいのですが、
 しかし、喜んでばかりもいられない。
 現実は、なかなか甘くありません。

 出産費用が、予想よりもはるかにかかって、
 出産一時金をオーバーしそうだとか、

 赤ちゃんが、なかなかおっぱいを飲もうとしないので、
 ミルク代がかかりそうだとか、

 もし赤ちゃんに、日本、タイの二重国籍を取得させようとしたら、
 恐ろしいほどの手間とカネがかかるだとか、

 問題は山積みです。
 というより、ほぼ全部カネの問題のような気が……


 まぁ、世の中の問題のほぼ7割以上が、
 なんだかんだでカネがからんでますよね。

 その点は、管理人の家庭のみならず、
 様々な団体、国家等でも抱える問題。

 もちろん、カネの問題だけではなく、
 ヒトの問題も、なんだかんだで深刻です。
 いろんな意味で。

 こうした、様々な問題に対して、
 どう取り組んでいったらいいのか?

 
 今回は、そのための方法論を考える、
 すきより3月「問題解決のフレームワーク」の
 ごあんないです♪



○フレームワークって?


 要は、問題を整理して考えるときに役に立つ
 「枠組み」のことです。


 この枠組みに沿って問題に焦点を当てると…

・問題の「真の原因」が分析できるようになります
・何が問題なのかを、みんなに分かりやすく
 説明できるようになります


 無論、この枠組み(フレームワーク)を知ったらすぐに、
 問題の分析ができる、というわけではなく、
 使いこなすには、それなりに練習する必要はあります。

 ですが、フレームワークの存在すら知らないと、
 練習もできないわけで、
 まずは問題を解決する為のきっかけを知りたい方に、
 オススメの講座です。

 講座内でも、ちょっと練習を取り入れますので、
 その辺はご心配なく。


○日時等は?


・日時と場所:

3月25日(水)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館

 3月28日(土)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:10人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!

 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp


・詳細ビラ

表面(3月の紹介ビラ)

すきより200903ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf

※3/18(水)時点で、定員が5名に満たない場合は、
 まちづくりの場合、3Fフリースペースで行います。



○最後に


 一人の人間が抱える問題といえば、
 「健康」も大きな問題ですよね。

 かくいう管理人も、かなりメタボなので、
 その辺はちょっと深刻な問題です。

 しかし、どうも管理人のお腹は、
 他の人にとっては、触りたいという欲求を誘発するらしく、
 これまで、いろいろな人に触られています。

 先日も、職場でPCトラブルがあり、
 管理人が、そのPCを使用している人に、
 トラブルの現象について説明していると、

 突然その人(男性)が、
 管理人の腹を触りだすではないですか。

 思わず

「いや、このお腹はPCトラブルの原因とは、
 全く関係ないですよ」

 とツッコミを入れてしまいました。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:46| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきより2月「事例別アイスブレイク講座」の報告!(中止報告ですが)

 管理人です。

 すきより2月「事例別アイスブレイク講座」ですが、
 講座の関係上、最低人数がいつもよりも
 多めに必要だったにもかかわらず、

 最低人数に達しなかった為、中止にしました。
 (いつもは、参加者1名でも実施するんですが)

 もう少し早めに報告できればよかったのですが、
 まぁ、ドタキャンとか、いろいろ諸事情があったもので……

 おわびに、アイスブレイクの情報が掲示されているサイトを、
 いくつか紹介します。

http://icebreak.blog102.fc2.com/

http://www30.tok2.com/home/wcw/pa/pa00.htm

 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:37| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

すきより2月「事例別アイスブレイク講座」のごあんない♪

 管理人です。

 今回は、すきより2月
 
 「事例別アイスブレイク講座」の
 ごあんないです♪



○アイスブレイクって何?


 直訳すれば「氷を壊す」といったところでしょうか。
 とはいえ、物理的に氷を破壊するわけではなく、

omoide6.jpg 

 イベントやセミナー等で、参加者同士の
 心の壁を壊すことを指します。
 要は、初対面の人同士が、すぐに仲良くなれるよう
 促進すること。


 そのために行われるのが、たいていゲームだったりします。

 あとは、アイスブレイクの応用として、
 参加者の眠気覚ましにも用いられます。
 講義が続くと、眠くなりますからね。

 さらに、体験学習を促進する材料としても、
 アイスブレイクは活用できます。

 
 今回は、実際にアイスブレイクをやりながら、
 アイスブレイクについて学ぼうという講座です。

 イベントやセミナーの司会をやることが多い人などに、
 オススメです♪



○日時等は?


・日時と場所:


 2月25日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ

 2月28日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:10人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!

 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp

・詳細ビラ

表面(2月の紹介ビラ)

すきより200902ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf


○最後に


 アイスブレイク等を通して、
 イベントに取り組みやすくするのは、
 主催団体の責任ですが、

 イベントに参加する上で、
 どのように準備しておくかは、
 参加者の責任だと考えます。


 個人的には、イベントに参加する上での準備には、
 次の3つがあると考えます。


1.トイレは済ませたか?

 イベント中、休憩時間前にトイレに行きたくなるのは、
 ちょっと恥ずかしいですよね。

 あと、当然、主催側が「持参してください」といったものを、
 持ってきているかの確認も、やはり怠ってはいけません。

 そういった、身体面、物理面の準備は、
 最低限怠らないようにしたいものです。


2.何のため参加するのか明確になってますか?

 よほど、いやいや参加させられるイベントでもない限り、
 イベントに参加するのは、何らかの理由があってのこと。

 イベント参加直前には、その理由、目的について、
 今一度、想いをはせておくことを、おすすめします。
 瞑想でもする感じで、整理したらよいかもしれません。
 はたから見ると、神様にお祈りしてるように
 見えるかもしれませんが。


3.講師の近くで話を聞こうとする、心の準備はOK?

 目的があってイベントに参加するわけですから、
 せっかくなので、できるだけ講師の近くで、
 話を聞くのがいいと思います。

 日本人は、そのあたりを恥ずかしがりがちですが、
 事前にそうした心の準備をしておくと、
 得るものも多いと思います。
posted by ダイリーエンジョイ at 17:27| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきより1月「ビラ・チラシの作り方講座」の報告!

 管理人です。
 今回は、すきより1月
 「ビラ・チラシの作り方講座」の報告を
 行いたいと思います。


 ……それにしても、今回、
 だいぶ報告が遅れてしまいましたね…


○ビラ・チラシの効果のほどは?


 今回の講座は、まちづくりとかで
 チラシを配布しましたが、
 あまり人は来なかったですね。

 チラシは、他の広告媒体と
 組み合わせて使ってこそ、
 大きな効果がある、といったところでしょうか。


○ビラ・チラシの作り方は?


 今回、内容はホームページの
 「博士と助手」コーナーで
 過去にとりあげてますので、
 そのあたりを参照ください。

ページのリンクは、こちらから


○最後に


 最近は、いろいろとバタバタしていて、
 情報更新が後手後手になってしまってますね。

 がんばっていきまっしょい。
posted by ダイリーエンジョイ at 16:45| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

すきより1月「ビラ・チラシの作り方講座」のごあんない♪

 管理人です。

 いよいよ仕事始まりになり、
 お正月気分も終わりですね。
 しゃきっとしないといけません。

 昨日は銭湯に行って、
 だいぶリフレッシュしましたんで、
 また頑張っていきまっしょい。

 そんなわけで、今回は、

 すきより1月「ビラ・チラシの作り方講座」の
 ごあんないです♪



○今回の内容について


 文字通り、どのようにしてチラシを作るのか、
 といった講座になります。

 講座の前半では、チラシで強調しないといけないのは何か、
 そのレイアウトの方法について学びます。

 講座の後半では、チラシ作成ソフト
 「Microsoft Publisher」の簡単な使い方を紹介します♪



○日時等は?


・日時と場所:

1月24日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館

 1月28日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:10人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!

 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp

・詳細ビラ

表面(1月の紹介ビラ)

すきより200901ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf

※1/14(水)時点で、定員が5名に満たない場合は、
 まちづくりの場合、3Fフリースペースで行います。



○最後に


 チラシはあくまでも「捨てられて当たり前」のシロモノ。
 その点で、いかに「目に留めてもらえる」チラシを作れるかが、
 腕の見せ所になります。

 とはいえ、1000枚チラシを作って、
 それで顧客を1人獲得できるとも
 いわれているくらいですから、

 チラシは、顧客獲得のメインツールにはならないのかもしれません。
 でも、紹介ツールとしては、絶対に必要なんですけどね。
 
 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:57| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

すきより12月「広報媒体以前の広報・PR講座」のごあんない♪

 管理人です。

 今日から12月ですね。
 12月は「師走」とはよく言いますが、
 今日は師走にふさわしく、忙しい一日でした。

 この調子でいけば、
 12月も夢幻のごとく過ぎ去ってしまうのかなと思います。

 そうなると来年は2009年。
 この1年は、P-SONICにとって、
 少しでも飛躍の年にしたいなぁ。
 
 そう考えると、来年はもう少しアグレッシブに打って出るか!?
 新聞とかにもP-SONICが掲載されるように、
 パブリシティ等を仕掛けるか!?

 
 ……って、ちょっと待て。
 その前にやらないといけないことがある。

 それは、P-SONICという団体について、
 もう少し分かりやすく、整理しておくこと。
 今年は、それがまだまだ不足していたことを
 痛感させられる1年ではありました。

 広報とかPRとかいうものを考えるときに、
 管理人を含め、ついつい、

 「どうやったら、マスコミに取り上げられるか?」
 「どうやったら、人の目に留まるチラシを作れるか?」


 などといった「広報媒体」について、
 まず考えてしまいがちですが、

 広報媒体以前の広報、
 つまり、自分たちの団体について、
 明確に整理し、かつ同業他団体との差別化を図る。


 そういった試みがあってはじめて、
 広報媒体が生きてくるのだといえます。


 今回は、12月すきより
 「広報媒体以前の広報・PR講座」のごあんないです♪



○日時等は?


・日時と場所:

 12月17日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ

 12月20日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館


 ※12月は、第四水曜、土曜日ではありません!


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:10人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!

 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp

・詳細ビラ

表面(12月の紹介ビラ)

すきより200812ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf


※12/8(火)時点で、定員が5名に満たない場合は、
 まちづくりの場合、3Fフリースペースで行います。

posted by ダイリーエンジョイ at 20:36| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

すきより11月「効果的なふりかえり講座」報告!

 管理人です。

 もうすぐ、11月も終わりますね。
 12月は師走ですから、あっという間ですよね。
 しかも、今年はカレンダーの都合上、
 12/26が仕事納めになる会社が多いのでは?

 そう考えると、12月もホントにあっという間です。
 
 P-SONIC全体にせよ、
 管理人自身にせよ、
 今年1年をふりかえって、
 来年をよりよくしたいものです。

 そんなわけで、けっこう時宜にかなった
 11月すきより「効果的なふりかえり講座」でしたが、
 その報告をしたいと思います。



○ふりかえりはKPTで


 今回のふりかえり講座。
 キーワードは「KPT」


 「KPT」と書いて「けぷと」と読みます。

 KPTは、それぞれKeep、Problem、Tryの頭文字で、
 それまでの活動を、それぞれ、

・良かったので次もやりたいこと(Keep)
・問題だったので次はやめたいこと(Problem)
・次にやってみたいこと(Try)


 この3つの軸で整理する方法です。

 この軸を用いてふりかえりを行うと、
 ただ問題点を指弾しあうよりは、
 次につながるふりかえりになります。


○最後に


 今年中に、P-SONICとしてのふりかえりを終えて、
 来年からの目標を設定しないとなぁ。

 来年は、たぶん、
 個人的にはいろんな意味で
 忙しくなるでしょうけど。
posted by ダイリーエンジョイ at 21:36| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

すきより11月「効果的なふりかえり講座」募集開始!

 管理人です。

 今回は、すきより11月
 「効果的なふりかえり講座」のごあんないです♪



○どんな内容?


 皆さんは、「反省会」とか「ふりかえり」と聞いて、
 どんな感情がわきあがってきますか?

 ある人は「楽しい」というイメージがあるかもしれません。
 たぶん、その人の場合、反省会の会場は、
 居酒屋の一角だったりするのでは!?

 基本的に、イベントをやり終えた後の「打ち上げ」は、
 非常に気持ちがいいものです。
 ただ、それは「ふりかえり」ではありません。



 またある人は、「重苦しい」というイメージがあるかもしれません。
 たぶん、その人の場合、反省会の場では、
 リーダーが失敗した人の責任を追及しているのでは!?

 ま、これは市民活動団体やNPOでは、そんなに多くはないですが、
 企業だとけっこうありがちなパターンです。
 だいたい、企業とかだと、業績がうまくいかないときに、
 初めて反省会をやるケースが多いですからね。
 自然と重苦しくなりがち。
 最悪のケースは、リーダーがその辺のものを、
 失敗者に投げつけてたりして。

 このような「魔女狩り裁判」的な反省会なら、
 やらないほうが精神衛生上、生産性が上がります。



 また別の人は「なんかかったるい」
 なんてイメージかもしれません。

 居酒屋でふりかえりをやっていない場合、
 これが一番多いケースでは!?

 このような場合は、メンバーがただ感想を言ってるだけで、
 聞いている側は、案外たいくつなケースが多い。
 何より、それで反省会が終わってしまうと、
 後にあまり何も残らない場合が多い。
(もっとも、人が何を感じたか、というのは、
 けっこう学ばされることもあるんですが)


 いずれの場合も「次回に生かされることが何もない」
 という点では同じ。


 あるべき「ふりかえり」とは、
 よかったこと、問題点が整理されて、
 それが次回への原動力になること。


 そんなふりかえりを行うにはどうしたらいいか?
 それを学んでいきます!

 こんな人にオススメです!

・反省会の場が盛り上がっていないと思う方
・いつも同じようなことで失敗している方
・団体で定例会をやっているけど、
 盛り上がりに欠けると感じている方



○日時等は?


・日時と場所:

11月22日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館

 11月26日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ

 
・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:15人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!

 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp

・詳細ビラ

表面(11月の紹介ビラ)

すきより200811ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf


○最後に


 こう講座が開催される頃には、
 2008年もあと1ヶ月あまり。

 今回の講座を通して、2008年を効果的に
 振り返ってみては?
posted by ダイリーエンジョイ at 18:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

すきより10月「イベントマネジメント講座・本番編」報告!

 管理人です。

 先日、すきより10月
 「イベントマネジメント講座・本番編」を開催しました。
 
今回は、その大まかな様子や講座の概略等を、
 報告したいと思います。


○今回も少数精鋭……


 今回も、参加者はほんの一握り。
 でも、参加者たちが、この講座で何かをつかめたなら、
 それはそれでいいかと思ってます。

 それにしても、市民活動向けに、
 多くの人にPRしてくれる業者ってないかなぁ。
 企業の場合だと、そんなのがあるそうなんですけど。


○イベント本番に必要な3つの表


 まずは、イベント本番の運営に必要な、
 3つの表について紹介。

 「スタッフ役割分担表」
 「物品表」
 「タイムスケジュール」


 この3つの表を準備することが欠かせません。
 ま、普通は用意すると思うのですが、
 作成の上で、それぞれにポイントがあります。

 まず、スタッフ役割分担表。
 ここで気をつけたいのが

 「イベント当日だけ手伝ってくれるスタッフに、
  何をやってもらうかを明確にする」


 という点です。

 意外と、イベント当日だけに来る手伝いって多いです。
 たいていの団体では、イベント本番前に、
 スタッフ向けの説明会もやると思うのですが、
 それにも来ないで、

 「本番で、まぁ、なんか手伝いますよ」

 てな人は、意外と多かったりします。
 あと、スタッフの知人が、
 直前で手伝ってくれることになるケースとか。

 
 で、イベント当日ってのは、
 スタッフはたいていみんな余裕がなくなっているので、
 急にそんな人に来られても、
 逆に困るケースが多い。
 ついつい、対応も無愛想になりがちです。

 そうなると、無愛想な対応をされた側は

 「せっかく手伝いに来てやったのに、
  この対応はなんだ!」

 と感じてしまうわけです。
 最悪の場合は、ブログとかで回りに悪評を広めだします。


 主催する団体としては、

 「手伝いに来るんだったら、指示待ちなんかじゃなくて、
  自分で主体的に、仕事を見つけて手伝えばいいじゃないか」

 といいたくなる気持ちは分かります。

 でも、そういう主体性のある人は、
 たいてい事前説明会も来ますからね。
 逆に、そこまでの主体性がないから、
 当日ボランティアくらいを手伝いたいわけです。

 ですので、事前に役割分担ごとに責任者を作って、
 当日ボランティアは、その責任者の指示で動いてもらうのが、
 よいかと思うんです。

 たいていのイベントの場合、
 人がいないよりもいた方がいいですからね。


 あとは、物品表。
 これは、そろえた時点でチェックをつけるのと、
 物品を会場に持っていく直前に、
 再度、チェックをつけましょう。


 特に、小物は注意しないと、すぐ忘れます。
 
 また、専門機材は、
 なるべくその知識が分かる人が管理しましょう。
 ビデオカメラとか、パソコンとかですね。
 
 RGBケーブルと、USBケーブルと、電源ケーブルの違いは、
 ちょっと知識がないとわかりません。
 ちなみに、RGBケーブルってのは、
 パソコンとプロジェクターをつなぐ時に必要なケーブルです。


 タイムスケジュールについては、
 「主催者側が調整しにくい時間」がある場合は、
 逆に「主催者側が調整しやすい時間」を
 確保しておくと効果的です。


 最たる例は、講演会ですね。
 たいてい、講師は偉い人がくることが多いですから、
 そんな人に、後ろで

 「そろそろ、まいてください」

 とか、言いにくいですよね?
 
 そんな時のために、講演会後から第二部に至る休み時間を、
 ちょっと多めに取っておくとか、
 そういった工夫が必要になります。


○本番に対する心構えとリスクマネジメント


 あと、イベント本番ってのは、たいてい、
 何らかのアクシデントが発生します。

 主催者側は、パニックにならないようにする、
 心理的な心構えはもちろんのこと、
 あらかじめ、ある程度のリスクマネジメントを、
 取り入れておく必要があります。


 リスクについて考えるには、
 「発生する可能性」を縦軸
 「発生した際の影響度」を横軸にした表(マトリックス)で、
 考えると、必要以上に悩まずにすみます。

 最初に、起こりうるリスクを可能な限り列挙し、
 それを先ほどのマトリックスで整理するわけです。

 そうすると、リスクの種類は次の4つに分けられます。

1.発生する可能性も高く、影響度も高い場合

 この場合は「起こらないようにする対策」「起こった時の対策」を
 メンバー全員で共有しておく必要があります。

 例えば、屋外イベントで雨が降るとか、
 キャンプで参加者が怪我をする、など。


2.発生する可能性は高いが、影響度は低い場合

 この場合は「起こらないようにする対策」を
 メンバー全員で共有しておく必要があります。

 例えば、講演中にマイクの電池が切れる、など。


3.発生する可能性は低いが、影響度は高い場合

 この場合は「起こった時の対策」を
 主要メンバー、できればメンバー全員で
 共有しておく必要があります。

 例えば、講演中に地震が発生、など。


4.発生する可能性も低く、影響度も低い場合

 この場合は、まぁ無視してもいいと思いますが、
 リーダーくらいは心の片隅にとどめていても、
 いいんじゃないかと思います。

 ワークショップに、日本語が話せない外国の方が来る、とか


○最後に


 リスクマネジメントは、
 考えておくとトラブル発生の可能性が減る、
 スタッフがより安心してイベントに取り組める、


 などといったプラス効果がけっこうありますので、
 面倒くさがらずに考えてみる事をオススメします。

 特に「外で行うイベント」「身体を動かすイベント」の場合、
 リスクは結構高いので、リスクマネジメントは必須です。
 
posted by ダイリーエンジョイ at 00:04| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

すきより10月「イベントマネジメント講座・本番編」ごあんない♪


 管理人です。

 今回は、すきより10月
 「イベントマネジメント講座・本番編」のごあんないです♪



どんな内容?


 「準備編」が、イベント本番までに何を準備し、
 誰が何をするかを明確にすることに重点を置いていたのに対して、

 「本番編」は、イベント本番に必要な、
 準備物リスト、タイムスケジュール、スタッフリストについて
 ある程度紹介し、

 その後で、本番に起こりうるリスクに対して、
 あらかじめ可能な限りできる対策を明確にしておく、
 「リスクマネジメント」について学習します♪


 イベント、プロジェクトの運営経験があまりない方で
 これから何かイベントをしたいと考える方にとっては、
 準備物リスト、タイムスケジュールなどについて学ぶ事は、
 非常に意味があると思います。

 また、イベント運系経験豊富で、
 何かあっても、いきあたりばったりで何とかなるなる♪ 
 そんな方にとっても、
 これまで本番で起こったハプニングを、
 今後起こりうるリスクとして整理すると、
 次回以降にそれを防ぐ事ができます。


○日時等は?


・日時と場所:


10月22日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ

 10月25日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館



・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:10人
 牛田公民館:20人



・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!

 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp

・詳細ビラ

表面(10月の紹介ビラ)

すきより200810ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf


最後に


 10月のすきよりは、
 まちづくりでは研修室が押さえられなかったので、
 人数にかかわらず、まちづくりの
 3階フリースペースで行います。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:40| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

すきより9月「イベントマネジメント講座・準備編」の報告!

 管理人です。

 9/24と9/27に、すきより9月の
 「イベントマネジメント講座・準備編」を開催しました。


 今回は、その様子について、
 簡単に報告しようかと思います。


講座のポイントは?


 今回の講座のポイントは、次の3つ。

1.イベント準備項目を細分化する「WBS」

2.準備項目の優先順位を明確化する「AON」

3.準備項目の担当、実施期間などを明確化した
 「ガントチャート」


 詳細は、こちらの昨年の記事をごらんください。


イベントを実現させる最後の一歩は?


 すきよりの内容としては、
 以上で終了なんですが、

 管理人が、これまでそれなりに、
 いろんな団体のイベント準備などに携わってみて、
 強く感じるのが、

「イベントを実現できるか、それともできないかは、
 最後はメンバーの、ホントにこのイベントやりたい! って
 『想い』で、ほぼ決まってしまう」


 という点です。

 実際のところ、いくらイベント(プロジェクト)を
 きちんとマネジメントしても、
 だいたい、どこかで遅れや不確定要素が生じたりします。

 そういった進ちょくの遅れを管理するのも、
 マネジメントとしては非常に大事ですが、
 それ以上に、それでもこのイベントをやりたいかが、
 問われてきます。

 むろん、事態の深刻さによっては、
 プロジェクトを中止することも非常に大事ですが、
 個人的には、あまりイベントをやったことのない団体とかは、
 ちょっとくらい失敗してもいいから、
 イベントを開催した方が、経験値としては重要だと思います。

 
 「どんなことがあっても、このプロジェクトは実現させる!」

 そういった強い想いが、
 これまで多くのプロジェクトを動かしてきました。

 そのプロジェクトが革新的であればあるほど、
 多くの人は理解せず、むしろ反対してきます。
 何かの「価値を創り出す」ことは、
 決して簡単なことではありません。

 歴史上には、さまざまな価値創造者がいますが、
 先日、この広島でも、
 あまり知られていない価値創造者がいることを発見しました。
 その名も、「咽声忠左衛門」!



広島の無名の価値創造者「咽声忠左衛門」とは?


 それは、先日、ウチのカミさんと一緒に、
 気分転換にどこかにテキトーにドライブに行って、
 なんとなく「土師(はじ)ダム」ってとこに
 着いたときのことでした。

 自然が豊かで、結構リフレッシュされた管理人一行。
 時間の都合上できなかったですが、
 サイクリングとかもありました。
 どんなものがあるかは、こちらをごらんください。

 そんな中、ダムのそばにある
 「のどごえ公園」に向かったときに、
 事件は起こりました。

 公園の入り口に向かっていると、
 なんか、ホラー小説の挿絵のような絵が、
 でかでかと表示されています。

Dsc03282_kabe.jpg

 拡大写真がこれ。

DSC03283_kabe2.jpg

 ………
 ……
 …

 これ、小さいこどもが見たら、泣くんじゃないかなぁ。
 管理人も、最初、ちょっと引きましたし。
 何の予備知識もなく、夜に「のどごえ公園」に行って、
 この絵がライトで照らされてたら、
 たぶん一目散に逃げると思います。

 でも、横にある説明文を見ると、
 ホントに感動的なんですよね。
 
 内容については、こちらをごらんください。

 この内容をみると、価値創造者について考えるための、
 いくつかのポイントがあることに気づかされます。

1.プロジェクトが革新的であればあるほど、周りは反対する

 「革新的なプロジェクト」とは、
 「常識を覆すプロジェクト」であるということ。

 常識人からすれば、理解できないわけです。
 結局、咽声忠左衛門は手枷、足枷、首枷まで、
 はめさせられてしまうわけです。


2.価値創造者は、あきらめない

 「あきらめない」ことは、何かを実現する上で、
 必須の精神であるといえます。


3.ニーズにかなった活動には、かならず支援者が現れる

 咽声忠左衛門の場合も、隣村の庄屋五郎右衛門が
 手助けをしてくれました。

 あきらめずに続けていれば、
 その活動が正しく価値を作ろうとしている限り、
 必ず支援者が現れるというわけです。


最後に


 プロジェクトを遅延なく進めるには、
 マネジメントが不可欠ですが、

 やっぱり最後はメンバー個々人の「やる気」。

 私たちは、何かをなそうとするのであれば、
 どこかで咽声忠左衛門のような境地を
 通過しないといけないのかもしれません。

 ちなみに、先ほどの咽声忠左衛門の拡大写真は、
 240×320ピクセルサイズにしてますので、
 多くの携帯で待ち受けとして使えると思います。
 ぜひ、お使い下さい。
posted by ダイリーエンジョイ at 20:02| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

すきより9月「イベントマネジメント講座・準備編」ごあんない♪

 管理人です。
 暑い暑い8月を終えて、9月を迎えましたね。

 学校でも、今日から新学期になるところが、
 大半なのではないでしょうか。
 そんな子どもたちの大半にとって、今日は審判の日だったはず。

 なぜなら、今日が夏休みの宿題の提出日だから!

 ある子どもは、
 「宿題はやったけど、家に忘れました」とかいって、
 できてない宿題を片付ける執行猶予をかせぎ、

 別の子どもは、筆跡が明らかに大人のものとしか思えない
 宿題について、
 先生からツッコミをくらう。

 そんな阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されていそうな、
 今日この日であった気がします。

 ……でも、最近の子どもたちは、どうなんだろう?
 少なくとも、ネットを見れば1ヶ月の天気はわかるから、
 夏休みの絵日記はなんとかなるかな。

 管理人の場合は、
 めんどくさいことはさっさと済ませたいたちなんで、
 まずは簡単な課題(漢字の書き取り、計算問題など)を
 さっさと済ませ、
 それで心理的に少し楽になった土台の上で、
 めんどくさい課題(工作など)をやってましたね。


 まぁ、事が「夏休みの宿題」の場合、
 私たちは微笑ましく考えてしまいがちですが、

 「特定の期限内に、何かを完成させる」という観点で考えると、
 そんなに微笑んでもいられないわけです。

 特定の期限内に完成させる、言い換えれば、
 終わりのある一連の活動を「プロジェクト」といいますが、

 プロジェクトが成功するかどうかを決める大きな要因の一つに、
 「プロジェクトをどのように管理するか」があります。


 
 今回は、市民活動団体が行うプロジェクト、つまりはイベントを、
 どのように管理していくかを学ぶ
 すきより9月「イベントマネジメント講座・準備編」の
 ごあんないです♪



○IT業界で使われているプロジェクト管理手法を分かりやすく♪


 世の中、いろいろな業界でプロジェクト管理に苦労してますが、
 その中の一つに、IT業界が挙げられると思います。

 そんなIT業界で編み出された様々なプロジェクト管理手法、
 言い換えれば、血で編纂された管理手法を、
 もう少し分かりやすく、市民活動団体とか向けに、
 レクチャーしていきます。


 ワークショップ形式で、実際にやってみながら、
 考えていきましょう♪


○日時等は?


・日時と場所:

 9月24日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ

 9月27日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:20人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!


 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp


・詳細ビラ

表面(9月の紹介ビラ)

すきより200809ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf


○最後に


 イベントを管理する上において、
 前提として、

 「なぜ、そのイベントをするのか?」
 「イベントの参加対象は?」
 「何をするのか?」


 といったことが、煮詰められている必要があります。
 こういったことを煮詰めることは、結構時間がかかります。
 
 
posted by ダイリーエンジョイ at 21:23| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

すきより8月「目標の立て方講座」報告!

 管理人です。

 最近、ある試験に合格しました!
 きゃっほぅ。

 で、何の試験かというと……


 IBM Lotus/Notes Domino7システム管理アップデート試験!
 なんだか、よくわからない試験ですね。
まぁ、ちょっと以前に紹介したんですが。

 まぁ、いずれにせよ、合格してよかった。
 目標を立てて、それなりに努力した甲斐があったというもの。
 英語のサイトから、英語で書かれた過去問を
 ゲットして訳した甲斐がありました。

 人生、目標を持って取り組むことって、大事ですよね……
 ということで、今回は、
 8月すきより「目標の立て方講座」の報告です!


○内容は、ホームページを参考に


 とはいえ、今回の講座の内容は、
 ほとんどP-SONICのホームページで
 とりあげてきたもの。

 ぜひ、こちらを参照ください。


○最後に


 今日は、かなり短めにいきたいと思っています。
ちょっと、時間がないもので……

posted by ダイリーエンジョイ at 22:03| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

すきより8月「目標の立て方講座」参加のごあんない♪

 すきよりの伝道師こと、管理人です。

 先日、プランナー養成講座の第2回に参加してきました。
 内容としては、グループの目的(ミッション)を明確にして、
 かつミッションを達成する為に取り組む事(コンセプト)が
 明確になっていないと、何の為にイベントを企画するのかが、
 あいまいになってしまう、といった内容でした。


 実は、目的(ミッション)を明確にした上で、
 どのようにしてその目的を達成するかを考えていくと、

 イベントの計画だけでなく、
 広くグループの「目標」を決めることになります。

 この、一見するとノルマのようなイメージがあって、
 あまりいい響きを持たない「目標」。

 今回は、その「目標」を立てる意味と、
 その効果的な立て方について考える、
 すきより8月「目標の立て方講座」のごあんないです♪



○こんな方にオススメ♪


 ・毎回同じような活動をやって、
  何の為にやってるのかわからなくなってる方

 ・「自分たちの活動で、何が変わるんだろう」
  という思いが頭をよぎる方

 ・「似たようなことやってるグループが多いなぁ」
  と感じており、
  「自分たちが活動しなくても、誰も困らないよね」
  と思い始めている方

 ・目標を持って頑張っていきたいと思っても、
  どう目標って立てたらいいか、分からない方

 ・目標らしきものを立てても、目標を達成した、
  できなかったという実感を持てていない方



○日時等は?


・日時と場所:

 8月23日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館

8月27日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ


※まちづくりの場合、 8/19(火)17時 までに、

 申込人数が5名以下の場合、
 会場を「3F フリースペース」に変更します!


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:15人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!

 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp

・詳細ビラ

表面(8月の紹介ビラ)

すきより200808ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf


○最後に


 プランナー講座で、P-SONICのミッションと、
 ミッションを実現する為のコンセプトについて紹介したら、
 他の人からは、

 「なんかよくわかんないけど、すごいと思います」
 とのこと。

 う〜ん。よくわかんないかぁ。
 それじゃ、そんなミッションに意味はないなぁ。
 じゃ、P-SONICも存在意義はないかなぁ。

 青年社会起業家の育成に寄与する事が、
 とりあえずP-SONICのミッションですが、
 
 「青年社会起業家」という言葉がピンと来ないのか、
 そもそも「生活」に結びついていないからなのか。
 
 いろいろな理由があるのかもしれませんが、
 それはそれで、早めに対処は打たないといけないかな。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 18:43| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

すきより7月「会議のファシリテーション講座」結果報告!

 管理人です。

 最近は、シリアルにはまっています。
 以前は、シリアルなど全然食べてなかったのですが、
 ウチのカミさんが食べだしてから、一緒に食べるようになって、
 けっこうはまってますね。

 中でも「フルーツグラノーラ」がうまいですね。
 それと、ウチでとれたミニトマトを一緒に、
 朝に食べてます。


 先日も紹介したミニトマトですが、


 最近、収穫量がハンパないですね。
 近所の方におすそわけしても追いつきません。

 このままでは、もう
 トマト祭りをやるしかないかと思う今日この頃です。

 ミニトマトでやったら、どうなるんだろ?

 まぁ、そんな話はどうでもいいですよね。


 でも、世の中の多くの会議でも、
 どうでもいい話が展開されてたりして、
 参加者を悩ませるわけです。

 今回は、ともするとグダグダになりがちな会議を、
 有意義なものに作り上げる「ファシリテーション」について、
 すきより7月で開催しましたので、そのご報告です♪



○次回からのすきよりでは……


 今回は、まちづくりと牛田公民館あわせて、
 4名程度の参加者。


 う〜ん。毎度のことながらむなしい。

 特にまちづくりの場合、
 会場費がかなりばかにならないので、

 来月からは、当日8日前の時点で、
 まちづくりでの参加者が5名未満の際は、
 会場を3階フリースペースに変更したいと思います。
 (牛田公民館の場合は変更なし)


 まぁ、詳細は後日、8月すきよりの募集の際におしらせします。


○内容については?


 まぁ、ファシリテーションについては、
 P-SONICのホームページでも取り上げてますんで、
 その辺を参考に。

  ただ、ファシリテーションに関して、
 最近少し課題かなと思っているのが、

 「市民活動における、異世代参加者でのファシリテーション」

 まぁ、まだ企業の場合だと、
 ファシリテーターが年長者で、多少は威圧的でも、
 下の人たちは一応話は聞きますし、

 ファシリテーターが若い人、または外部でも、
 社長や部長による権威付けや、外部の方自体のステータスとかで、
 まぁ、なんとか話を聞く土台はできますが、

 これが、市民活動とかボランティアだと、そうもいかない。
 経験上、市民活動とかに携わっている人の約8割以上が、
 権威的、威圧的な物言いに対して、拒否感を示します。

 なので、年長者のファシリテーターが、
 少しでも威圧的な物言いをすると、
とたんに会議の質は下がります。

 逆に、若い人がファシリテーターをする場合、
 人生の経験は、年長者の方が上なので、
 若い人にどうこう言われるのは、あまりいい気がしない。

 まぁ、実際のところは、
 年長者は下の世代を思いやって、
 下の世代は年長者にうまく配慮しているとか、
 そもそも年長者、若い人という壁がないグループも結構あります。

 ただ、個人的に、そのようなグループをつくるための、
 効果的な処方箋は、まだ模索中です。
 というより、個々人のクセに大きく左右されますので。


○最後に


 「ファシリテート」とは、そもそも「促進する」という意味。
 ファシリテーターが促進者となると、
 そもそも停滞させる人になるか。
 そのあたりは、講座とかをちょっとやっただけでは、
 なかなか難しいでしょうかね。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 19:45| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

実りある会議を目指して! すきより7月・ファシリテーション講座のごあんない♪

 管理人です。

 7月になりました!
 ファミリープールもオープンしましたね。
 とはいえ、まだまだ梅雨の季節。
 お外は雨だったりします。

 個人的には、以前も書きましたが、
 泳いでいると嫌なことやめんどくさいことを、
 忘れられますね。

 ところで、社会人にとって
 めんどくさいことを考える時に、
 そこに「会議」という要素が
 思い浮かぶ方もいるのでは?


 別に、市民活動団体にとっても、
 それは同様なのではないでしょうか?
 もちろん、例外はあるでしょうけど。

 なかなか、思うように物事が決まらない。
 話している人は、いつも同じ人。

 
 ……などなど、会議をつまらなくするワナは、
 そこかしこに転がっています。


 そんなわけで、今回は、
 すきより7月、ファシリテーション講座の
 ごあんないです♪



○ファシリテーションとは?


 まぁ、横文字ばかり使ってもあれなんで、
 もう少し簡単にいえば、
 「司会」ってことですね。

 で、この司会に求められるのは……

 ・ミーティングを滞りなく進める力
 ・参加者の意見を引き出させる力
 ・参加者の意見をまとめる力

 
 だいたい、こんなもんでしょうか。

 P-SONICのホームページでも
 詳しく取り上げてますんで、
 ぜひごらんください。


○こんな人におススメ!


 ・なかなか、会議をうまくまとめられない方

 ・会議で決まった事が、実行されないで困っている方

 ・身の回りの会議が面白くなく、将来のために、
  くだらない会議を面白くできる方法を探している方

 ・会議中長々と話す人に困っている方

 ・会議中、意見が出なくて困っている方


 などなど。


○日時等は?


・日時と場所:

 7月23日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ

 7月26日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:20人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!


 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp

・詳細ビラ

表面(6月の紹介ビラ)

すきより200807ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf



○最後に


 7月すきよりが始まる頃には、
 梅雨も終わっているでしょうか。

 そうなったら、暑い夏の始まりですね!
 
 
posted by ダイリーエンジョイ at 20:36| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

すきより6月「『傾聴力』『質問力』を高めるコーチング講座」報告!

 管理人です。

 昨日、横浜から戻ってまいりました。
 横浜では、午前中、中華街でぶらぶらしてました。
 
 肉まん買ったり、
 「重慶飯店」で土産物を買ったり、
 カミさんにチャイナドレスを買ったりと、
 短い時間ながら、割と楽しめました。

 まぁ、飲茶を楽しみたかったところもありましたが、
 そんなに時間もなかったので、そこはがまん。
 値段も、ちょっと高かったですしね。


 で、広島駅に到着後、
 その足で牛田公民館にゴー。
 すきよりのはじまりです。

 そんなわけで、今回は
 すきよりの6月回
 「『傾聴力』『質問力』を高めるコーチング講座」の
 簡単なご報告でもしようかとおもいます。



○参加者は少なかったけど……


 今回も、まちづくりと牛田公民館で、
 すきよりを開催してみたわけですが、
 参加者自体は、割と少なかったですね。
 この辺の問題は、常に難しさをはらんでいます。

 ただ、今回の参加者は、
 以前の「あなたを成幸に導く、コミュニケーション講座」
 主催者の方だったり、

 普段から環境教育に取り組んで来られている方だったりと、
 本気で社会に何らかの価値を創り出そうとされている方々が、
 来られていた感があります。

 そうそう、
 「あなたを成幸に導く、コミュニケーション講座」は、
 次回は7月8日(火)の19時〜21時までで開催!


 詳細・申込はこちらから!


○講座の内容は?


 講座の内容は、コーチングスキルの中核をなす、
 『傾聴力』と『質問力』

 『傾聴力』とは、
 人の話を、自分の考え方で遮るのではなく、
 とにかく集中して聴いてあげ、共感してあげる力。

 具体的なスキルはいろいろあるんですけど、
 結局、いかに人の話を集中して聴いてあげているのかが、
 問われるわけです。

 『質問力』とは、
 いろいろな側面がありますが、

 質問を通して、相手の自発的な気づきを
 促すことが、主な目的だといえるでしょう。


 たとえば「具体的には?」という質問で、
 相手の考え方とかを具体的にしたり、

 「なんで?」という質問を通して、
 相手にじっくりと考えさせたり。
 (ただ「なんで?」を連発すると、
  けっこう嫌な顔されますけどね)

 まぁ、コーチング本なら、書店に行けば
 たくさんありますんで、

 ぱらぱらめくって、自分にとって、
 なんかピンと来るものを、選んだら良いかと思います。


○最後に


 とはいえ、コーチングスキルは、
 すぐには身に付きません。

 まぁ、まずは『傾聴力』から、
 努力されてみることをオススメします。
posted by ダイリーエンジョイ at 17:45| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

すきより6月「『傾聴力』『質問力』を高めるコーチング講座」参加者募集!

 管理人です。

 最近、ウチのカミさんが、
 けっこうお笑いにはまっています。

 とはいえ、複雑なトークによるネタは、
 やっぱりピンとこないので、
 体を使う一発芸が好きなようです。

 中でも、世界のナベアツとエド・はるみさんが、
 大のお気に入りのようです。

 う〜ん。さすがにナベアツさんも、
 伊達に「世界の」を称しているわけではないようです。

 案外、ホントにオモローは世界を救うのかもしれません。

 でも、カミさんは、エド・はるみの方が、
 好きなんですけどね。


 まぁ、前置きはさておいて、
 本題に入りましょう。

 本題は、6月のすきよりの参加者募集です!
 テーマは、ズバリ、コーチングー♪



○言葉はよく知られたコーチングですが……


 ……まぁ、最近コーチングなんて言うと、
 つい「コーチングー♪」って言いたくなるわけですよ。

 それはさておき、コーチングって言葉は、
 結構メジャーには、なってますよね。

 でも、その中身について、
 多少なりともご存じの方となると、
 ちょっと少なくなります。

 しかも、その内容を実践している人となると、
 ほとんど少数でしょう。


○コーチングって、何がそんなにグーなの?


 コーチングについては、
 本屋に行けば、くさるほどたくさん本がありますね。

 でも、だいたいのコーチング本でのポイントは、
 ほとんど「傾聴力」と「質問力」であると、
 管理人は考えています。

 で、個人的に苦言を呈させてもらうならば、
 市民活動団体で積極的に活動されておられる方の多くに、
 これらの力が、少し弱いのではないかと思うことが、
 たまにあります。


 わかりやすくいえば、
 自分だけしゃべっている人が、
 結構多い感じがあるのです。


 まぁ、気持ちはよくわかります。
 情熱的に活動すればするほど、
 自分の想いを、熱く話したくなります。

 でも、そうすると、
 自分と他のメンバーとの間に、
 結構温度差が出てきやすくなるんです。

 まぁ、ここまで話すと

 「そんなことはない! ウチのグループは、
  みんな仲良く活動している!」

 という反論も、多々伺います。

 たしかに、グループ設立時のメンバーは、
 おおむね同じくらいの情熱の度合いがあり、
 互いのことがよく分かっているので、
 それでもいいのでしょう。

 ですが、こうしたグループの場合、
 新しいメンバーが、非常に入りづらいのです。

 なんか、グループ独自の雰囲気が
 できちゃってるって、ところでしょうか。

 そんな雰囲気の中では、なかなか自分の意見も出せません。
 
 「なんでも、本音でいっていいよ」っていっても、
 こんな雰囲気ができちゃってると、ほとんど難しい。

 そんなときに、コーチングスキルととしての

 「相手の話を傾聴する」
 「適切な質問をする」


 といったことを心がけると、
 より多くの声を、取り入れやすくなります。

 
 「グループ内のコミュニケーションを、もっと深めたい」
 「メンバーの本音を引き出したい」


 そんな方には、うってつけの内容かと思われます。


○日時等は?


・日時と場所:

 6月25日(水)19時〜21時
 まちづくり市民交流プラザ

 6月28日(土)19時〜21時
 広島市東区牛田公民館


・参加費

 まちづくりの場合は300円 牛田公民館の場合は無料

※まちづくりの場合は、軽い飲み物と
 お菓子のサービスもあります


・定員

 まちづくり:15人
 牛田公民館:20人


・申し込み方法

 フォームからは、1年間の予約が可能です!
 先着順ですので、お早めに!


 なお、フォームはP-SONICの財政事情もあって、
 SSLに対応しておりません。
(要は、ちょっとだけセキュリティがもろいってことです
 でも、よほどの悪意と技術のある人でないと、
 情報は漏れませんけどね)

 その辺が気になる方は、
 従来どおりメールでお申し込みください。

p-sonic@y3.dion.ne.jp


・詳細ビラ

表面(6月の紹介ビラ)

すきより200806ビラ.pdf

裏面(一年分の概要紹介ビラ)

2008年度すきよりビラ(裏).pdf


○最後に


 おそらく、一度でもコーチング本を
 ご覧になったことのある方にとっては、

 聞いたことのあるよ、って内容かもしれません。

 しかし、これもほとんどのコーチング本に書かれてますが、
 そういったことを言う人に限って、
 ほとんどコーチングができていない人が多いのです。

 「あぁそれ知ってる」という思いに、
 いかにとらわれずに、真摯に相手の話を聞けるか。


 おそらくは、それがコーチングの第一歩だと思います。
タグ:コーチング
posted by ダイリーエンジョイ at 19:39| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。