2008年05月14日

広島市商店街活性化プラン支援事業のごあんない♪

 管理人です。

 先日、HmHm(ふむふむ)の公開審査会に行ってました。

 P-SONICは、重点助成部門で申請を出していたのですが、
 書類審査の時点で落とされてました。
 それはそれで、別にいいんですけど。

 で、いろんな団体がそれぞれのプロジェクトについて、
 発表を繰り広げてました。

 P-SONICが申請していた重点助成部門では、
 「ピンクリボン広島」と「Heart to Heart」が
 助成金を獲得してました。

 まぁ、順当なところですね。

 個人的には、カープ応援グループ「エントランス」の
 体育会的な発表が、好きだったのですが。


 もし、P-SONICが書類審査通ってたら、
 発表の勢い度では、重点助成部門ならば
 エントランスに匹敵した可能性はあるんですけどね。
 (でも、助成金はもらえなかったでしょうけど)

 全体的には、やっぱりまちづくりに関する
 プロジェクトが多かった気がします。
商店街と協働して何かするプロジェクトとか。


 今回は、そんな商店街と協働して何かするグループを応援する、
 「平成20年度 広島市商店街活性化プラン支援事業」の
ごあんないです♪


 NPO、学生、市民団体等が商店街と協働し、
 空き店舗等を活用して行う文化、福祉、環境等を
 テーマとしたプランを募集し、
 事業の実施を支援するってことです。



○対象団体は?

 次のうち、提案したプランを自ら行うことができる
 団体等とします。

1. NPO等の団体、市民団体等

 営利、非営利を問わず、また、法人格の有無も問いません。
 ただし、宗教活動や政治活動を主目的にするものは除きます。

2. 大学、短期大学、専修学校または高等学校に在籍する
  学生等のグループ

 プランを行うことについて担当教官の指導が受けられること


○対象事業については?


 次のテーマの1つに該当し、商店街と協働して
 商店街を活性化することができるプランとします。

1. 広島市の施策に役立つ事業

 (例:来訪者(ビジターズ)を増やして都市の活性化を図る、
 ビジターズ・インダストリー(VI)戦略の推進等)

2. NPO等が行うコミュニティビジネス

3. 地域のまちづくりに役立つ事業

4. その他、商店街の活性化(賑わいづくり)に寄与する事業


※1

 空き店舗等を利用した作品の展示販売なども対象としますが、
 反復・継続性のあるもの(毎週末に実施など)に限ります。
 また、選定に当たっては、定休日等を除き
 常時実施する事業を優先します。

※2

 既に実施している事業および単なるイベント、
 祭り、フリーマーケットなどの一過性の事業は対象としません。

※3

 応募時点で商店街の事前了承等は必要としません。
 なお、必要に応じ、商店街とのマッチングを行います。


○選考方法や支援内容は?


・選考方法:

 審査委員会においてプランのプレゼンテーションを
 していただきます。

・支援内容:

 応募のあったプランについて、商店街の活性化への貢献度、
 事業採算性、継続性等を総合的に審査し、
 選定したプランに対し、次の支援を行います。

1. 補助金の交付

 (1) 予算額:100万円(50万円×2団体)

 (2) 補助対象経費:

  事業実施に要した経費のうち、交際費(飲食費を含む。)、
  原材料および商品の仕入に係る経費を除きます。

 (3) 補助率:2分の1以内

 (4) 補助限度額:1事業当たり50万円

2. アドバイザー派遣などの支援

 要望に応じて商店街へアドバイザーを派遣し、
 商店街を活性化する上での様々な問題の解決について
 助言、指導を行います。
 その他、広島市民へのPRなどを支援します。

 ※詳細(実施要領、様式、フロー図)については、
 下記お問い合わせ先にご遠慮なく請求してください。

 郵送・メール等により別途送付します。


○応募するには?


・応募方法:

 指定する様式(別途請求してください。)に必要事項を記入し、
 下記お問い合わケ先に郵送などにより提出してください。
 (E-mailによる提案書の受付はできません。)


広島市役所 経済局 地域産業支援課(担当:田原)                                       〒730-8586 広島市中区国泰寺町1-6-34
TEL:082-504-2236 /FAX:082-504-2259
E-MAIL:chiiki@city.hiroshima.jp

※提出された申請書等は返却しません。


・応募期限: 〜平成20年5月30日(金)【当日消印有効】

・その他:

 審査結果を報道発表しますので、
 あらかじめご了承ください。


○最後に


 郊外型大型スーパーが増えている中で、
 「商店街」の存在意義が問われています。

 商店街に来ることで、何が体験できるのか。

 そこで独自性を発揮していかないと、
 商店街の生き残りは厳しいのかもしれません。

posted by ダイリーエンジョイ at 19:20| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96719385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。