2007年09月02日

すきより2007年8月「イベントマネジメント講座 〜本番編〜」の報告!


 お久しぶりです。管理人です。
 
 ここ最近、管理人宅の引っ越しとか、
 各地への出張やらで忙しい日々でしたが、
 本日、新管理人宅でようやくネットが使用可能になりました!

 これで、P-SONICの活動も本格的に再開!
 …と言いたいところですが、
 都合上、まだP-SONICのHPとE-mailは稼働しておりません……

 これらが稼働したら、またごあいさついたします。

 ただ、ネットは使用可能なので、
 遅くなりましたが、すきより8月回
 「イベントマネジメント講座 〜本番編〜」の
 ご報告
をいたします。


○仲間を感じろ! コイツは「すきより」だ!


 今回も、とりあえず少人数で行われた「すきより」。
 いつもこんなものです。

 ただ、今回は、初めての参加の方も多少おられて、
 良い意味での「寄り合い」になったのではないかと思います。

 もっと多くの人に来ていただきたい、という思いもありますが、
 一方では、この「すきより」を通して、

 参加者同士の「すきよりの絆」
 といったものができれくればと、
 願うものであったりします。


○イベント本番に必要なものとは?


 せっかくですので、大まかに講座内容を紹介します。

 イベント本番を円滑に進めるには、
 次の3つの「表」が必要です。

@役割分担表
A物品表
Bタイムスケジュール


 「役割分担表」は、当日のみ参加するスタッフを含め、
 すべてのスタッフが、
 自分の「役割」を明確に把握するための表です。

 特に、ある程度の規模のイベントになると、
 「当日のみ参加するスタッフ」が出てきます。

 そうしたスタッフが、
 「自分が何をしたらいいか分からない」と
 ならないようにする配慮も、必要になります。

 「物品表」は、当日必要になる物品のリストですが、
 ポイントとして、

 チェック欄を二つ作ることが必要です。
 で、それぞれ

 「その物品をそろえたとき」
 「その物品を会場に持っていく直前」

 にチェック欄にチェックを入れ、確認することが大切です。

 また、物品は、役割分担ごとに管理することが大切です。
 特に、パソコンとかの専門的な機材の場合は、
 詳しい人でないと、物品の用途が分からないですからね。

 「タイムスケジュール」は、
 各役割分担ごとに、当日どの時間に、
 何をするかを明確にしたものです。


○本番を迎える上での心構え


 本番を迎える上での心構え。
 それは……

 「本番は、何が起こるか分からない」
 「本番では『起こってほしくないこと』が起こる」


 この2つでしょうか。

 で、ポイントとなるのは、
 こうした不測の事態に際して、
 機転の利く行動が取れるかどうか。

 講座では、心理テストをやったりして、
 参加者の皆さんに確認してもらいました。

 まぁ、だいたい
 
 「予定を綿密に立てる代わりに、
  予定外のことが起こると何もできなくなる人」
 
 「予定を綿密に立てる方ではないけど、
  予定外のことが起こっても、柔軟に対応できる人」


 に分かれがちでしょうかね。

 もちろん、
 
 「予定を綿密に立てる方ではないし、
  予定外のことが起こると何もできなくなる人」

 もいるでしょう。
 これは、「経験」でかなり何とかなります。

 さらに、

 「予定を綿密に立て、
  予定外のことが起こっても、柔軟に対応できる人」

 もいるでしょうね。

 こうした人は、多くの経験をつんでいる人ですな。
 こうした人を「マスター」と呼ぶべきでしょうか。

 管理人も、「マスター」になりたいものです。


○本番でありがちな「ワナ」にどう対処するか?


 デ、デ、デ、デンジャラス!

 そう、イベント本番には、
 さまざまなワナが待ち受けているのです!

 そうさ、ぼくらにゃ知識が必要、備えあれば憂いなし。
 (特に「機転の利かない人」は)
 それでは行ってみよう、

 今回は“イベント本番にありがちなワナ”の巻!

・屋外でのイベントなのに、雨が降ってしまうワナ
・ゲストをお呼びしてのイベントで、ゲストが遅れるワナ
・ゲストをお呼びしてのイベントで、ゲストが来ないワナ
・イベント中にけが人、病人が発生するワナ
・音響(マイクなど)、照明(プロジェクターなど)が
 うまく作動しないワナ
・参加者限定のイベントで、予想以上に人が集まってしまうワナ
・屋台を出してると、紙皿などが足りなくなるワナ
・屋台などで、商品が売れ残りそうになるワナ
・外国の人とのイベントで、
 参加者にカメラを向けると、突然キレだすワナ
・外国の人とのイベントで、
 日本の「すごろく」をやって、
 マス目の指示に従わないワナ
・講演会で、参加者が暴れ出すワナ
・パネルディスカッションで、パネラーが暴れ出すワナ……


 どうか気をつけて欲しいものです。
 イベント本番にはワナがいっぱいなのです。


 上に挙げたワナの数々は、
 最後のワークショップで、参加者が実際に体験したワナ、
 もしくは起こりそうなワナを列挙したものです。

 ワークショップでは、こうした時にどうするか、
 またはこうしたワナを防ぐにはどうしたいいかを考えました。

 さて、皆さんなら、どうしますか?


○最後に

 今回は、参加者の皆さま方とのワークショップで、
 管理人も学ばされる点が非常に多かったです。

 今後も、相互に学び合い、高め合う
 そんな「すきより」になればと、願うものであります。
posted by ダイリーエンジョイ at 01:37| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきよりイベント告知/報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53593009

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。