2009年04月14日

ワークショップ「平和ファシリテーターの最初のいっぽ」のごあんない♪

 管理人です。

 タイでの暴動は、ようやくおさまってきたようですね。
 うちのカミさんは、反タクシン派です。

 カミさんの実家は、貧しい農民層ですので、
 タクシン派でもおかしくないんですけどね。

 カミさんいわく、タクシンのやり方は、
 典型的な「ばらまき政治」であって、
 農村に単にお金を配っても、そのフォローは何もしてないので、
 農民たちは無駄にお金を使って、遊んで終わってるとのこと。
 
 ま、カミさんは反タクシン派とはいえ、
 昨年の空港封鎖に賛成しているわけでは、当然ないのですが。

 その点では、私もカミさんも、
 戦争や暴力のない、平和な社会を願っていることには、
 変わりはありません。


 でも、平和平和というけど、
 皆さんにとって、平和ってなんなのか?
 その答えは、それぞれ違うはずです。

 今回は「平和と対立」をテーマにしたワークショップ
 「平和ファシリテーターの最初のいっぽ」のごあんないです♪


 ポイントは、対立が暴力に発展しないように、
 いかに対立を解決していくか、対立に向き合うかに
 あるようです。
 なんとなく、平和学の「トランセンド法」っぽいですね。
 
 ちなみに、このワークショップは、
 「まちづくり市民交流フェスタ」の企画の一環です。

 P-SONICも、フェスタで講座をやりますが、
 その紹介記事は、後ほど掲載します。


○日時等は?


・日時:2009年5月16日(土) 13:00〜16:30

・場所:まちづくり市民交流プラザ 研修室B

・対象:高校生から社会人まで

・参加費:500円(資料代、お茶菓子代)

・定員:25名(先着順)


・申し込み方法

 まちづくり市民交流プラザに、
 氏名と連絡先、参加講座名を連絡してください。


 TEL:082-545-3911 FAX:082-545-3838


○最後に


 あと、ワークショップのタイトルが
 「はじめの一歩」ではなく、
 「最初のいっぽ」になっているのは、

 個人的には、「はじめの一歩」と書いてしまうと、
 多くの人が某ボクシング漫画を連想するからであり、
 平和と程遠いイメージになるからだと、
 個人的には、そう確信しています。

 まぁ、確かに平和ファシリテーターが、
 対立する当事者にデンプシーロールかましてたら、
 お話にならないでしょうし。
 案外、アメリカ的な平和の作り方かもしれませんけどね。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:49| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。