2009年03月13日

広島平和構築人材育成センター公開シンポ「平和を担う人をつくる」のごあんない♪

 管理人です。

 突然ですが、みなさんは、
 「コンフリクトレゾリューション(Conflict Resolution)」って
ご存知ですか?
 日本語に直せば「葛藤、紛争解決」といったニュアンスになります。

 実は、平和というものを考える上において、
 この「コンフリクトレゾリューション」は、
 外すことのできない考え方です。

 というのも、
 平和でない、ということは、
 一面ではコンフリクト(葛藤、紛争)を
 抱えているということであり、

 このコンフリクトを何らかの形で解決することで、
 平和をつくることができるからです。


 その意味では、平和構築ということは、
 いかにコンフリクトレゾリューションを行うかにあるといえます。

 
 国際社会には、さまざまな根の深い
 コンフリクトがうずまいています。
 もちろん、日本国内だって、
 さまざまなレベルのコンフリクトがあります。

 そうしたコンフリクトに対して、
 どのように取り組めば解決できるかを提案し、実行するのが、
 平和構築という作業です。


 今回は、世界で平和構築に携わるための人材を育成する
 広島平和構築人材育成センター主催のシンポジウム
 「平和を担う人をつくる」のごあんないです♪



○どんな内容のシンポなの?


 高校生以上のユースが、1泊2日かけて行った
 「平和構築人材育成ユース・ミーティング」の発表だとか、
 
 平和構築現場の変化、課題、展望について
 国内外の機関が提案したりだとか、
 かなり真面目なシンポジウムです。

 平和構築について興味があるとか、
 「紛争屋」伊勢崎さんみたいになりたいとか、
 そんな人におすすめのシンポです。
 (ちなみに、伊勢崎さんは来ませんので、あしからず)


○日時等は?


・日時:2009年3月20日(金) 14:00〜16:40

・場所:広島国際会議場 ヒマワリ

・参加費:無料



○最後に


 広島平和構築人材育成センターのHPを見ると、
 平和構築のプロを育成し、現地で訓練し、
 育成後の専門機関への就職も斡旋するという、
 けっこう至れり尽くせりな内容になってます。

 管理人がもう少し若いころに、
 このセンターがあったら、案外門をたたいてたかも。
 でも、当然高い英語力が必須なので、
 管理人には、やっぱりハードルは高いんですけどね。

 P-SONICも、問題解決のプロを育成&サポートできるように、
 まずは管理人自身が、もっとプロにならないとねぇ。
posted by ダイリーエンジョイ at 21:06| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントのぼしゅう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115577442

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。