2009年02月10日

「週末起業セミナー」の報告!

 管理人です。

 先週2月7日は、「週末起業セミナー」というセミナーに
 参加してました。


 今回は「週末起業とは何ぞや?」という点も含めて、
 そのセミナーの報告をしたいと思います。


 何で、そんなセミナーに参加しようと思ったかは、
 最後にお話しします。


○週末起業とは何ぞや?


 簡単に言えば……

 ・会社を辞めずに
 ・お金を(あまり)使わずに
 ・インターネットを使って


 起業すること、です。

 以前もとりあげましたが、
 起業のポイントのうち、

 「自己資金」「人脈」が、
 結構大きなポイントを占めます。


 じゃあ、自己資金がなかったら、
 起業してはいけないのか?
 
 従来の起業スタイルでは、
 もちろん「Yes」

 それを、今までのように仕事をして最低限の生活を守りながら、
 加えて、夢である起業を実行していこうというのが、
 週末起業のスタイルです。


 週末に、ほかの店でバイトしたりする副業とは、
 ちょっと違います。


○「週末起業」の4つのタイプ


 週末起業している人のタイプ分けをすると、
 次の4つに収まる、のだそうです。

 1.モノを売る
 2.ワザ、スキルを売る
 3.知識、考えを売る
 4.場、ネットワークを売る


 とはいえ、個人的には、
 通常の起業も、ほとんど同じ区分けになると思うのですが。

 1については、説明はそんなに必要ないでしょう。
 要は、ネットショップです。

 2については、ホームページ作成とか、翻訳とかが
 これに該当します

 3については、○○コンサルタントだとか、
 講師業とかが、これに該当します。

 4は、特定の話題についてのポータルサイトです。
 「このサイトを見れば、
広島市のバンド募集情報は全部網羅されてる」
 みたいな感じです。

 で、この区分けの人気順は、

 3→4→2→1 の順に
 なるんだそうです。
 
 特に1については、
 通常の店舗と同じ「在庫リスク」が生じやすいため、
 人気は低いそうです。


○週末起業に対する誤解


 ま、ここまで紹介して、
 いろいろ感じる人もいると思います。

 中には「そんなこと言ってもねぇ…」という表情を
 される方もおられるようです。

 そういった表情をされる方が持ちやすい、
 いくつかの誤解があるそうです。


1.「そんなことができるのは、一部の頭のいい人だけ」

 ま、たしかに、誰でもすぐにできるのかというと、
 それはかなり怪しいのですが、

 自分の好きなことがあるのであれば、
 そこから道が開ける可能性は、少なからずあるそうです。


2.「そんな時間はない」

 ま、たしかに「年に休みが数日しかないSE」とかであれば、
 それはムリなのでしょう。
 休みの日は、ただ寝るだけですよね。

 ですが、土日が休みであれば、
 あとは気持ちの持ちようです。
 
 たとえ休みが1日しかなくても、
 やはり気持ちの持ちようかもしれません。

 たとえば、休みのときにやっている趣味から、
 週末起業の道は、十分開けるわけです。

 休みはもっぱらゲームか映画という人であれば、
 ブログでレビューを書きつつ、
 アフィリエイドという道もあります。


3.「コンピューターはよくわからない」

 ま、目的を持って勉強すれば、
 習熟度が高まります。

 とはいえ、中には、
 
 「コンピューターを見てると、吐きそうになる」
 「コンピュータ用語を聞くだけで、じんましんが出てくる」

 そんな方も、中にはおられます。
 そういった方は、人に頼みましょう。

 週末起業家向けのホームページであれば、
 ホームページを作成している週末起業家に頼むのが、
 お互いの境遇がわかる分、よいかもしれませんね。


4.「儲け至上主義者の集まりではないか」

 実は、そういう人もたくさんいるのは、事実ですが、
 このセミナー主催側で運営する

 「週末起業フォーラム」のメンバーには、
 そういった人は少ないようです。

 個人的には、今回の講師や参加者の方からは、
 「カネがすべてや〜」ってオーラ出しまくりな人は、
 いなかったですね。

 個人的には、そういった人とは、
 あまりかかわりたくないですからねぇ。

 要は、自分のやりたいことを実現する為に、
 週末起業をやっている人が、多いようですね。



5.「儲からないんじゃないか」
 個人的には、すぐに儲かるかといえば、
 やっぱり難しいと思うんですが、

 通常の起業と違って、
 儲かるまで、ゆっくりやっていけるところが、
 週末起業のよさだといえます。


○こんな週末起業は失敗する


 いくつか語られてましたが、
 個人的には、ポイントは2つだと思います。

1.我流&ずっと一人だと、うまくいかない

 週末起業のノウハウ、
 売れるアフィリエイドのノウハウ、
 SEO対策等、

 これまで確立されてきたものがあるので、
 それはきちんと学んでおく必要があります。

 あと、ずっと1人だと、
 モチベーションの維持も大変です。
 別に、従業員を増やすという事ではなく、
 アドバイザー、メンターといった人とか、
 頼めるところは、他の人(会社)に頼むとか、
 そういったところが、やっぱり重要です。


2.まずは1円の積み重ね

 いきなり大穴を狙おうとすると、
 うまくいきません。

 「小さく稼いで、積み上げろ」が基本です。


○週末起業成功のステップ


 まぁ、ここを詳しく書きすぎると、
 主催側からいい顔をされないかもしれませんので、
 ポイントだけ書きます。

・ステップ1:肩書きと名刺を作る

・ステップ2:情報発信

・ステップ3:仲間を作る

・ステップ4:商品を開発する

・ステップ5:周囲の意見を聞く

・ステップ6:まずはテストする

・ステップ7:儲けの一部を再投資


 「儲けの一部を再投資」といっても、
 株をやるわけではなく(やってもいいと思いますが)、

 広告を打つとか、自分の価値を高めるのに使います。


○セミナー後は…


 ぜひ、週末起業やってみたい、という方は、
 週末起業フォーラムに入ると、
 いろんな情報を交換しあえます。

 それにしても、終了後は、講師の方や参加者の方と
 名刺交換とかしたんですが、

 「なんか、あなたどこかで会ったことある」
 「前日、マクドナルドにいましたよね?」


 とか、そんな人が多くて、
 世の中って、ほんと狭いなぁ、と思わされます。


○最後に


 で、なんで、このセミナーに参加したのかというと、
 
 「週末社会起業」というモデルを、
 なんとか作れないかと思ったからなわけです。


 さっき、起業家という道は、
 相当リスキーな道だと紹介しましたが、

 おそらく、社会起業家という道は、
 通常の起業家とは比べ物にならないほど、
 リスキーな世界だといえます。


 日本では、社会起業家と呼ばれてる人なんて、
 ほんの一握りです。
 社会起業家の事例が紹介されるたびに

 「また、あなた方ですかい」

 と、正直思います。
 でも、個人的には、
 この方々を非常に尊敬しています。
 
 こうした先人の偉業があってこそ、
 少しづつ、若い人の間で、社会起業家という生き方は、
 注目を集めてますが、

 正直、あまりにもリスキーです。
 たとえるならば、
 6発中弾が5発入ったロシアンルーレットを、
 あたりを引くまでやり続けるようなもんです。


 相当の幸運(事業モデルとか資金集めとかもろもろ)で、
 成功を手にするか、
 何発も弾をくらって、死にかけながら、
 それでも続けていこうとするようなもの。

 たいていの人は、目的を達することなく、
 死んでしまう(挫折してしまう)んじゃなかろうか。

 将来の希望が「公務員」という若者が、
 なんだかんだで7、8割になるといわれているほど、
 安全志向が強い、若い人の風潮の中で、
 あえて危険度満々のロシアンルーレットをやろうと思う人は、
 まずいないでしょう。

 でも、リスクが低いならば、
 社会起業家的な活動をしたい人は、
 結構多くなっているのが、
 昨今の風潮かと思います。

 6発中弾が5発じゃなくて、
 弾が1発なら、やってもいいかなと。

 おそらく「週末社会起業」という道は、
 そうした意味で、今後求められてくるのではないかと、
 個人的には思っています。


 今は、本当に「週末社会起業」なんてことができるのか、
 それは、どのような形になるのか。
 そんなことを思索中です。

 
posted by ダイリーエンジョイ at 22:44| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他団体イベントの報告♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。