2009年01月26日

ITにかかわる社会貢献活動向けの助成金情報! 「マイクロソフトNPO協働プログラム2009」のごあんない♪

 管理人です。
 先週の日曜日に、管理人のはたらく会社のビルでは、
 計画停電があるとかなんとかで、
 会社にある全サーバのシャットダウンをやってました。

 この場合、サーバをシャットダウンするってのは、
 ただ電源を切っとけばいい、ってもんじゃなくて、
 
・通常であれば突然の停電からサーバを守る
 UPS(無停電電源装置)の電源も切っておく

・UPSのコンセント等、ポイントになるコンセントも抜いておく

 なんて、なかなかめんどくさい作業が待ってたりします。
 で、停電後は、すぐにサーバの電源を入れないといけません。
 これも、さっきと逆の手順が必要で、
 やっぱりめんどくさい。

 あぁ、IT社会は何かとめんどくさい。

 ま、個人的にはめんどくさいことこの上ないIT社会ですが、
 多くの人にとっては、やっぱりメリットがあるもんです。
 当然、デメリットもあるんですけどね。

 デメリットの最たる例は、やっぱりネット。
 気がついたら、出会い系サイトにひっかかって、
 大人も子どもも掲示板で好き放題言いまくって、
 いつの間にか、個人情報が抜き取られたりします。

 しかし、もはやここまで進んでしまったIT社会。
 ゼロからなくすことは、もはや無理でしょう。

 もはや、ITから人々を守ることも、立派な社会貢献活動。
 もちろん、ITを使ったプロジェクトも、
 立派な社会貢献活動であることは、変わりないですが……



 今回は、そんなITにかかわる団体を助成する
 「マイクロソフトNPO協働プログラム2009」のごあんないです♪



○どんな活動に対して助成してくれるの?


1.インターネットの安心・安全な利用を推進する活動

 たとえば、違法、有害コンテンツから青少年を守る活動とか、
 利用者の個人情報を守る活動とか。


 まぁ、学校のネットにInterSafeとか、
それっぽいソフトを導入してもらって、
 草の根レベルで、やばい「学校裏掲示板」を
片っ端から規制対象にするべく、
 そういったネットのアドレスを検索するとか……
 (絶対、いたちごっこですけどね)

 利用者の個人情報でいえば、
 DNSキャッシュポイズニングとか、
それっぽい脆弱性があるサイトを調べまくって、
 それを、対策込みで報告してみたりとか……
 

 ま、これを対応する側も、しんどいんですけどね……
 いきなり「おたくのサイトは、脆弱性があります」って言われても…
 かなりしんどいかな?


2.ITを使った、社会貢献プロジェクト

 本年度は「環境」と「医療」の2分野を重点分野とし、
 助成対象プロジェクトとして優先的に検討するそうです。


 これについては、いろいろやれそうですね。
 各団体の創意工夫が生きそうです。

 環境にやさしい自動車を、どの店が一番安く取り扱っているかが、
 一目で分かるネット「環境自動車価格.com」なんてどうだろう?
 (ただのパクリです)


○応募期間、応募方法等については? 


・応募期間:2009年1月5日(月)〜 2月18日(水) 24:00 必着

・応募までの手順:

1) マイクロソフト NPO 協働プログラム公式サイト (http://www.microsoft.com/japan/npo) より、
  応募用紙、 応募用紙記入の手引きをダウンロード
2) 手引きを参考に応募用紙に所定の事項を記入
3) 記入済みの応募用紙を電子メールに添付し、 msnpo2009@jcie.or.jp まで送信

 ※詳細は、公式サイト をごらんください。


○最後に


 マイクロソフトも、最近大規模なリストラを行うそうですけど、
 現状、なんだかんだで
マイクロソフトがないとどうしようもないので、
 マイクロソフトがつぶれることは、しばらくないでしょう。

 今後も、せめてマイクロソフトの助成金に、期待するとしましょう。
posted by ダイリーエンジョイ at 19:16| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。