2008年12月09日

青少年の健全育成に関わる団体向け! マツダ財団市民活動支援助成のごあんない♪

 管理人です。

 12月ももうすぐ三分の一を過ぎ、
 カウントダウンも近づいてきましたが、

 2008年も例年にもれず、
 混迷の続く1年ではなかったかと思います。

 経済、政治の分野は言うに及ばずですが、
 教育の分野も、今後どうなるかが見えていません。

 ま、教育に関しては、
 自民党であろうと民主党であろうと、
 大筋は同じ方向性で進められるわけですが、
 肝心の中身をどう詰めていくかは、
 今後の課題ではないかと思います。

(そのへんのお話については、
 こちらの記事を参照ください)


 こと青少年の健全育成というテーマは、
 家庭・学校・地域の連携が不可欠であるとは、
 以前より叫ばれているわけですが、
 現実はなかなか連携しているとはいいがたい。

 2009年以降の未来を担うのは青少年になってくるわけですが、
 この青少年たちが、いろんな意味で、
日本を担わないといけないわけです。

 たとえば、少子高齢化のツケを最も背負わないといけないのが、
 この青少年たちなわけです。

 たぶん、この世代の青少年たちは、
 青年1人で4人の高齢者の面倒を見るかたちになるでしょうから。

 そう考えると、この青少年たちが、
 少しでも健全に育成できるように支援するのは、
 私たち大人の、せめてもの義務だといえるでしょう。


 今回は、そうした青少年の健全育成に貢献する、
 市民活動団体のための、
 マツダ財団からの助成金のごあんないです♪



○どんな助成ですか?


 ま、詳細はこちらをごらんください。


 まず、対象となる活動ですが、

 青少年の健全な育成のための、
 民間の非営利活動を支援します。

 たとえば、

・自然とのふれあい
・ボランティア育成
・地域連帯
・エコ
・国際交流・協力
・科学体験・ものづくり


 特に、子どもたちの参画度の高い活動、創意工夫を育てる活動、
 地域での様々なささえあい活動、学校5日制を活用するプログラム、
 学校と地域が連携する活動等を期待しております。

 なお、青少年の範囲は概ね6歳〜24歳までですが、
 「青少年を支援する方々の活動」も含みます。


 また、支援期間は、
 2009年4月1日〜2010年3月31日の1年間です。

 つまり、この間に実施する活動のみが対象です。


 支援金額は、1件当たり10万円〜50万円です。

 応募方法は、先ほどのページを参考にしてください。
 注意点として、マツダ財団推薦依頼機関の推薦が
 必要ということです。


 応募締切日は、
 2009年1月15日(木) 必着です!


 とりあえず、郵送のみ受付です!

 財団法人 マツダ財団 事務局
 〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3番1号 マツダ株式会社内



○最後に


 企業の財政状況とかから考えて、
 今回、マツダ財団の助成はないかとも思いましたが、
 ちゃんとありましたね。

 マツダでは、今回どれだけのリストラがあるのかわかりませんが、
 現在の緊迫した雇用問題に、
 お上だけではなく、私たちができることは一体何なのか。

 そこを考えていかないといけないのだと、思います。

posted by ダイリーエンジョイ at 19:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆お役立ち情報(助成金情報など)◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110970999

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。